お腹をおさえて横になっている女性

胃が痛いって辛いですよね。食べたいのに食べれない、食べることができないのは大変辛いことです。その中でも横になると胃が痛いことはありませんか?眠りたいのに眠れない、そんな時間が続くのは大変苦痛です。

そんな横になると胃が痛い症状や原因についてご紹介します。



【解説!】横になると胃が痛い?考えられる3種類の原因とは

1)胃の痛みにも種類がある?

胃が痛くなるのにも種類があります。胃が痛い場合は、みぞおち辺りに痛みを感じることが多いです。ですが、痛む場所にも様々あります。右上が痛んでみたり、左上が痛んでみたり、みぞおちよりも少し下が痛くなったりもします。

痛む場所により病気や原因、理由が違ったりします。そして、痛み方にも違いがあります。シクシク痛んだり、ギューっと差し込むような痛みがあったり様々です。

2)横になると胃が痛い?症状の3大原因とは

(1)胃酸の過剰分泌

胃の内側の構造は、粘液による膜があります。普通は強力な酸性である胃酸が分泌されても溶けることはないのですが、胃酸が過剰に分泌されることにより、胃の粘膜が傷ついてしまい、炎症が起きます。空腹時に痛みが起こることが多いです。

(2)胃けいれん

筋層がぜん動運動を起こすときに緊張して痛むことで、胃がけいれんを起こしているように感じる痛みです。差し込むような痛みに吐き気や食欲不振を伴うことがあります。痛みの時間は短くて数分から長いものになると1,2時間続く痛みになることがあります。強くストレスを感じたりすると起こります。

(3)胃腸機能の低下によるもの

体に疾患がないのに胃の働きが低下したり、膨満感や胸やけ、吐き気、食欲不振、胃の痛み、消化不良が現れたりします。ストレスによって自律神経のバランスが崩れることによって、胃が痛くなったり、もたれたりしてしまいます。食後に痛みを感じるのが特徴です。

3)試せる処置はある?症状への対処方法とは

枕を高くして横になると、上半身が少し起きます。すると、胃から腸に向かい消化が少しでも早く向かうので痛みが治まることもあります。横になるときに、右側を下にして横になると消化がしやすくなって胃酸の逆流などを防ぐことができます。これは、食べ物が胃の右下を通って腸へと向かうので、右側を下にすることで多少痛みが和らぎます。

食後に横になると胃が痛い場合に関しては、食前に軽い運動をすることをおすすめします。軽く運動をすることで汗をかくので、胃の酸性液が減ります。そのため胃の痛みが減ると思われます。ですが、横になった時に胃が痛くなることに心当たりがない場合は、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

4)病気の可能性とは?病気の判断基準って?

とにかく横になると胃が痛い、吐き気がする、胸やけ、酸っぱいものが込み上げてくる、胸痛などがあると病気の可能性が高いです。数日で治まる場合は、ストレスなどの可能性もありますが、長い間このような症状が続くのであれば、早めに医療機関を受診し、検査をしてもらいましょう。

Two doctors are seriously talking in the examination room

5)痛みが続く場合に考えられる3種類の病気とは

(1)逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、胃食道逆流症ともいわれます。強い酸性の胃液が食道に逆流してしまい、食道の粘膜に炎症が起きてしまう病気です。横になったり、前かがみになるなどして腹圧がかかるので、噴門部が緩んで胃酸過多になってしまうことで胃酸が食道に逆流してしまい、逆流性食道炎を引き起こしてしまいます。

食べてすぐに横になってしまうのは胃酸が逆流しやすくなってしまうので胃が痛くなってしまいます。症状としては、胸の痛みや酸っぱいものが込み上げてきてしまったり、胸やけや嚥下障害が起きます。

(2)過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは、検査を行っても異常や原因が見つからなかったり、便秘や下痢を長期間繰り返す病気です。腹痛や膨満感、お腹に不快感を伴うものです。原因はストレスによるものが多いと言われています。

ストレスが重なった状態が続いてしまうと、自律神経が乱れてしまい、腸だけではなく胃も胃酸が過剰分泌されてしまうので、炎症や潰瘍を起こしたりします。症状としては、便秘、下痢、腹痛、膨満感があります。

(3)急性膵炎

膵炎(すいえん)とは、膵臓の中にある酵素が何かしらの理由で膵臓自体を消化してしまうことで炎症を起こしてしまう病気です。知らぬ間に、急激な症状が起こるものを急性膵炎といいます。急性膵炎は、みぞおちから腹部左上の痛みが代表的なものです。

膵臓のある位置は、胃の裏側です。そのため、膵臓の痛みを胃の痛みと勘違いして胃が痛いと思われることがあります。症状としては、激しい痛み、吐き気、嘔吐、食欲不振、発熱、膨満感があります。

6)治まらない場合は病院へ!症状への検査・治療方法

(1)検査方法

内科や消化器内科を受診します。検査としては、胃カメラで直接胃の中を検査します。場合によっては、血液検査も行われます。

(2)治療方法

その症状に応じた薬が処方されます。飲み薬で解決する場合がほとんどですが、普段の生活を見直すことも大切です。

7)生活から見直そう!横になると胃が痛い症状への予防習慣とは?

(1)消化しやすいものを食べる

胃に負担がかからないように、消化のよいものを食べると胃への負担が軽減されるのでいいでしょう。食物繊維や脂肪分の多いものは消化に時間がかかります。胃が弱ってる場合は、食材を細かくしたり、生ものを避けて火を通したりして食べると消化がよくなります。

(2)よく噛んで食べる

食べ物を噛まずに食べるという事は、大変胃に負担のかかる行為になります。ゆっくりとよく噛んで食べることによって、唾液の分泌が促進されて、消化のしやすい状態で胃の中に食べ物が運ばれます。

そして、よく噛んで食べることによって満腹感を感じるので、食べ過ぎの抑制や肥満の防止にもつながります。食べる量が減ることで、胃の働きを制御できます。

(3)規則正しい食生活

忙しいなどで食事の時間がバラバラになったり、時間がなく食事が摂れないなどで食事を抜いてしまうことで、胃が荒れる原因になります。1日3食、栄養バランスのとれた食事を摂ることを心がけることが大切です。

残業などで夕食が遅くなるなども大変胃に負担をかけます。深夜に食事を摂るのは胃への負担が大きくなります。そして、寝る前に食べてしまうことで寝ている間に活動を休めることができなくなってしまい、胃が動きっぱなしになってしまいます。もしも深夜に夕食を食べる場合には、消化の良いものを食べるようにしましょう。

(4)刺激物を避ける

アルコールやコーヒー、紅茶、緑茶などを摂りすぎると胃酸が多く分泌されてしまいます。胃酸が多く分泌されるということは、胃を荒らしてしまう原因です。糖分の多いものもそうですが、にんにくやトウガラシなどの香辛料も胃を刺激してしまうので、食べ過ぎには気をつけましょう。

(5)禁煙を行う

タバコを吸うと、血管が収縮します。という事は、胃の粘膜の血管も収縮します。血液循環が悪くなるために、胃粘膜の抵抗力が落ちてしまい、胃の中が荒れやすくなってしまいます。それと同時に胃酸の分泌が促進されるので、胃酸による胃粘膜への刺激が胃痛をひどくしてしまいます。胃が痛い時は禁煙することが大切です。



まとめ

1)胃の痛みの種類によって病気や原因の違いがある

2)横になると胃が痛い時の原因は3つ考えられる

3)横になると胃が痛い時、原因に心当たりがない場合は医療機関を受診する

4)横になると胃が痛い時の病気として3つの病気が考えられる

5)横になると胃が痛い時の日常からの改善方法として、刺激物を控えるほか消化の良いものを食べるように心がける