聴診器を持って腕組みをするドクター

突然の腹痛はとても困ってしまうことでしょう。重度だと、とてもお腹が痛く、下痢も激しいものとなってしまいます。そんな突然の腹痛に対して、基本的な知識を持っておくのが良いでしょう。今回は突然の腹痛で考えられる原因・病気・症状・対処方法についてお伝えします。






突然の腹痛に・・!考えられる4大原因と対処方法とは


1)突然の腹痛で現れる3つの症状とは

ストレス・食事・刺激物・ウイルス・細菌などが引き金となって、腹痛が起こるメカニズムになっています。また、同時に下痢の症状が出ることが多く、そのため突然の腹痛には十分に注意しなければなりません。

(1)急性胃炎の場合

急性胃炎の場合は、上腹部が痛みます。胃の粘膜に炎症が起きて「胃が荒れる」状態になります。

(2)急性胃腸炎の場合

急に腹痛や下痢に襲われます。腸の粘膜に炎症が起こって、収縮と弛緩が繰り返されます。同時に胃の炎症も起こることがあります。

(3)過敏性腸症候群

下痢や下腹部の痛みがあります。排便すると腹痛は治まります。

2)突然の腹痛で考えられる4大原因

(1)ストレス

ストレスがかかると、それが原因となり腹痛が起こることがあります。ストレスがかかると、自律神経が乱れ、お腹の調子がおかしくなってしまいます。

(2)食生活

食生活が原因で腹痛が起こることがあります。例えば、暴飲暴食をしてしまうと、胃腸に負担がかかり、腹痛となることがあります。

(3)刺激物

アルコールやたばこ、香辛料などの刺激物を摂取すると腹痛になることがあります。刺激物ということもあり、腸を刺激しすぎてしまうからです。

(4)ウイルス・細菌

ノロウイルスや、O-157などのウイルス、細菌に感染すると腹痛が起こります。

Young woman in pain lying on couch at home. Casual style indoor shoot

3)突然の腹痛への5つの対処方法

(1)お腹をさする

お腹がいたい時にお腹をさすった経験のある人はとても多いでしょう。これはとても理にかなっていて、さすることで回復が期待できます。この時にはコツがあって、反時計回りに行うのが良いです。

(2)お腹を温める

お腹が痛くなった時は、お腹を温めることで解消されることがあります。特に冷えが原因で腹痛になった場合は有効です。特に、カイロなどを使って温めることで早く腹痛から解消されやすくなります。

(3)深呼吸をする

腹痛の際は、ついつい呼吸が浅くなってしまいがちです。そのため、深呼吸をすることをおすすめします。深呼吸をすることでリラックス効果を得ることができ、腹痛も和らいでいきます。

(4)胃腸薬を飲む

下痢止めなどの胃腸薬を飲むことをおすすめします。ただし、ウイルス性や細菌性の場合、飲むことで回復が遅れることがありますので、注意してください。

(5)トイレに行く

最も有効で大事なのは、トイレに行くことです。トイレに行って出すことで、自然と腹痛も回復していくことでしょう。この時のポイントは出しきることです。逆に我慢をしてしまうと、便秘になったり、悪化してしまう可能性があります。

4)突然の腹痛が続く場合に考えられる3つの病気

(1)急性胃炎

胃が荒れる症状です。胃の痛みがあり、吐き気、嘔吐、食欲不振が起こることがあります。ストレスや暴飲暴食が原因です。自然と回復していく病気です。

消化の良い食事に切り替える必要があります。薬局で薬剤師と相談し、自分に合った胃腸薬を服用すると良いでしょう。通常は、2,3日消化の良い食事にして薬を飲んでいれば問題ない回復する病気です。

(2)急性腸炎・急性胃腸炎

突然の腹痛が起こり、下痢も起こった場合は、急性腸炎の可能性が高いです。胃の炎症も同時に起こった場合は、急性胃腸炎の可能性があります。ひどい場合は、1日に10回以上の下痢が続きます。

多くの場合は、数日で回復します。原因は、体力低下や暴飲暴食、さらにはウイルスや最近の感染が原因の場合もあります。症状が現れたら、1日食事を摂ることを止め、水分を摂ることを心がけてください。

感染性胃腸炎の場合は、下痢止めを使うのは止めましょう。下痢や嘔吐をして、早く体外からウイルスや細菌を出したほうが良いからです。

(3)過敏性腸症候群

ストレスが原因となっている場合は、この過敏性腸症候群の可能性が高いです。腸はストレスの影響を受け易いため、下痢になってしまうのです。

市販の胃腸薬でよくなれば良いのですが、そうでない場合、内科や消化器科で専門の治療を受けることをおすすめします。また、腸だけでなく、ストレスの根本を解決することも重要になります。

group of happy doctors meeting at hospital office

5)症状が続く場合にすべき治療方法とは

(1)胃腸薬

ストレスや食べ過ぎなどが原因の突然の腹痛であれば、胃腸薬を処方してもらい、飲むことが大事になります。内科や消化器科を受診しましょう。

(2)抗生剤

細菌性の急性胃腸炎の場合、抗生剤を飲むことで、菌を殺し、治すことが可能です。また、ウイルス性の急性胃腸炎の場合は、薬を使うこと無く、下痢や嘔吐をして自然回復を待つようにします。

6)突然の腹痛へ日常からできる予防習慣

(1)ストレス

大きいストレスがあると、突然腹痛が起こることがあります。そのため、日頃からストレスを溜めないことが重要です。自分なりのストレス解消法を見つけ、定期的に行うことで、ストレスも解消されていきます。

最も大事なのは、大きなストレスを抱えないことです。避けても良いストレスは避けることによって胃腸への負担も減ってくるはずです。

(2)食事の量

食べ過ぎていないでしょうか。食べ過ぎていると、胃腸への負担が大きくなり、腹痛へとつながります。食事を摂る際は、腹8分目で、食べる際もよく噛むことです。食べ物は、肉や油物を少なめにして、野菜や果物を中心とした食事を摂るようにしましょう。

(3)刺激物(アルコール・カフェイン・たばこ・香辛料)

刺激物を取るとその分、お腹も痛くなりやすいので、できるだけ少なめにしましょう。刺激物とは、アルコール、カフェイン、たばこ、香辛料などです。

(4)

薬の中には、胃腸への負担の大きい物があります。そのため、胃薬を一緒に飲むなどして対処することをおすすめします。例えば、頭痛薬を飲む際など、胃に負担をかけてしまいます。






今回のまとめ

1)突然の腹痛での3つの症状とは

2)突然の腹痛で考えられる4大原因とは

3)突然の腹痛への5つの対処方法

4)突然の腹痛が続く場合に考えられる3つの病気

5)症状が続く場合にすべき治療方法とは

6)突然の腹痛へ日常からできる予防習慣