ナースに問診を受ける男性の患者

お腹の調子が悪く下痢をしてしまったという経験をされた事がある方は多いと思います。

ここでは、食べ過ぎによる下痢の症状やその他のウイルス性の下痢の症状などのポイントを見ていくとともに、検査法や治療法などについてみていきましょう。






食べ過ぎの下痢への3つの解消法!予防方法とは


1)下痢の見分け方の2つのチェックポイント

(1)軽い下痢

下痢が以外の他に症状があるかないかという事になります。特に熱もなく、食欲も変わりなく、嘔吐や体重減少がない物は軽い下痢になります。

また鼻水や咳などの軽い症状があって、軽い下痢を伴うものは感冒様消化不良などと呼ばれますが、ウイルス性の物が多くたいていは必要ありません。

(2)重い下痢

下痢の症状以外にも症状があるもので、どんどん下痢の症状が酷くなったり、便に血が混じったり、体重減少を伴うものや、呼吸が早くなったり、尿の回数が著しく減った時などは注意が必要です。

2)食べ過ぎの下痢の3大原因

(1)水分摂取

腸内では水分が吸収されますが、食べ過ぎや飲み過ぎの原因で便の水分が増ええてしまうというのが特徴です。

辛い物やアルコールなども腸の動きを活発にしてしまい下痢を起こす原因になります。

(2)冷たい物

冷たい物を大量にとってしまい、意向が冷えてしまった時や疲れがたまった時などは胃腸の消化機能が弱っている状態です。

そんな状態で、食べ過ぎてしまうと下痢を起こしてしまいます。

(3)キシリトール

キシリトールは、腸の外から水分を取り込もうとする働きがあるために、水分コントロールが出来ず下痢を生じてしまう可能性があります。

マグネシウムを含むサプリメントを摂取している場合も同様です。水分コントロールが上手くいかない状態での食べ過ぎは下痢を引き起こす原因となります。

3)食べ過ぎの下痢の3つの症状

(1)消化不良

それほど食べ過ぎているわけではないのに、下痢が起こっているという事は、体調が悪かったり、風邪気味であるという可能性もあります。

体力が低下しているだけで、下痢を起こしてしまう可能性があるので、自分の体調に合わせた食事量が必要です。

(2)食事の質

脂っこいものを食べ過ぎていると、胃腸への負担が置きくなるほか、身体を冷やす飲み物を飲み過ぎてしまうと下痢になる可能性が高くなります。

必要なカロリーというのも年齢により事あります。加齢により、必要エネルギー量は減っているのに若い頃と同じように摂取する事で、胃腸機関へ負担をかけてしまいます。

(3)ストレス

ストレスにより自律神経が乱れ、食べ過ぎたつもりはなくても消化不良を起こしてしまうという事があります。

ストレスをゼロにする事は難しいとおもいますが、ストレス発散の場を作るようにすることで、下痢の改善が出来るかもしれません。

Doctors have a discussion

4)食べ過ぎの下痢を解消する3つの方法

(1)安静

酷い下痢や、吐き気がある場合には胃腸を安静にすることが大切です。半日~1日は食事を控えるようにしましょう。

暴飲暴食など、原因が明らかになっている場合には詩派の下痢止めや瀬調剤を服用して腸を休ませるというのも効果的です。

(2)脱水症状

下痢や吐き気の症状を伴う場合に気を付けなければならない事は、脱水症状です。普段よりも水分を多く排せつしてしまっているため、水分補給をしっかりと行うという事が大切です。

白湯や番茶、常温の水やスポーツドリンクで少しずつ水分補給を行います。冷えたものやカフェインの多いコーヒーは刺激になるので避けた方が良いでしょう。

(3)食事

食事を始める際に、消化が良く胃腸に負担が少ないおかゆ、うどん、野菜スープ、ヨーグルト、白身魚、豆腐等消化の良い食べ物から徐々に普通の食事に戻すようにしましょう。

5)下痢に効果的な5つのツボ押し

(1)関元(かんげん)

おへそから3寸、(約9㎝)下がったところになります。お勧めの方法としては湯船につかりながらお腹のツボを時計回りに優しく押していきます。

(2)天枢(てんすう)

おへその外側に2寸(約6㎝)の所です。こちらも、優しく押してあげます。

(3)梁丘(りょうきゅう)

脚を伸ばして、脚に力を入れるとできる膝の上の外側の溝の辺りで、膝蓋骨の外粟野上の角から上に向かって2㎝位のところです。外側の上の角から上に向かって押していきます。

(4)裏内庭(うらないてい)

足の裏であしのの人差し指と中指の間の付け根のぷくっとしているところで、少し人差し指よりの所です。こちらも押してあげる事により、下痢の症状が改善される可能性があります。

(5)手痢点(げりてん)

手の功側で、中指と薬指の骨のつけ江の手前押すと痛みを感じるところです。痛気持ち良い程度に押すと、下痢に効果があります。

6)下痢が続くことで考えられる2つの病気

(1)炎症性腸疾患

潰瘍性大腸炎・クローン病などで原因不明の難病にあります。下痢や粘液性の血便、下血、腹痛などが見られます。重症になるほど排便回数が多くなり

(2)大腸がん

初期の段階では、便秘と下痢を繰り返し起こす、さらに血が混じる等の症状が出る事があります。何か異常を感じたら、検査を受けるなどして早期発見をする事が重要です。

wichtige notizen von oberärztin

7)下痢の症状が気になる場合の3つの検査方法

(1)問診

胃腸か、消化器内科、消化器が胃かがある病院に行き医師の問診を受けます。これは、他の疾患と同じでどのような状況で、どのような事がおこったのか、痛みや症状について確認します。

(2)胸部X線や血液検査

問診後に、必要だと思われた場合については血液検査や胸部X線検査などが行われます。

(3)検便や大腸内視鏡検査、虫卵検査

便の検査を行います。便の中にウイルスがないのか、または血便があるのかなど便の状況を調べます。また、常用によっては大腸内視鏡検査や虫卵検査などを行い、状況に合わせた治療法を行っていきます。

8)下痢の症状が気になる場合の2つの治療方法

(1)薬物療法

下痢の症状を解消するために、便の硬さを出す収れん剤や乳酸菌製剤といった薬剤を使用しての対処療法や、細菌感染を起こしている場合には抗製剤が投与されます。

腹痛が激しい場合には、鎮痙薬により腸の運動を抑えます。

(2)食事療法

症状が重い場合には、点滴治療を行う事により水分栄養の摂取を行います。軽い場合には消化が良く脂肪の少ないお粥やうどんのような物を取ります。

脱水症状を起こさないように、スポーツドリンクや塩分の補給も行いましょう。また、食物繊維が多く含まれているものや香辛料、カフェイン、飲酒、喫煙は控えた方が良いでしょう。

9)下痢を未然に予防していくための4つのポイント

(1)暴飲暴食

暴飲暴食は下痢を引き起こす原因になります。水分の摂り過ぎやお酒の飲み過ぎに注意をするほか、食べ過ぎや早食いは消化不良を起こし、下痢を起こす原因になるので注意をしましょう。

(2)調理法

食中毒やウイルス細菌の感染を防ぐために、食器などの衛生管理が必要です。夏場などの魚介類は特に過熱をするなど調理法に注意をします。

(3)糖類

下痢を起こしやすい食品である、果物・豆類に含まれる“糖類”や“甘味材”は腸内に水分をためる作用があるため、下痢を引き起こすことがあります。

辛い食べ物、コーヒー、冷たい食べ物や飲み物は消化管へ刺激を与え、下痢の原因になりますので控えるようにしましょう。

(4)冷え

整理の時期やヒエによる下痢を予防する事は大切です。身体を冷やさないように心がけましょう。






今回のまとめ

1)食べ過ぎによる下痢には3つの解消方法がある。

2)下痢が原因でかんがえられる病気は2つある。

3)下痢を未然に防ぐためには4つのポイントがある。