ドクターに問診を受けるシニア女性

食べるとお腹が痛い経験をしたことがありますか。どのような原因があるのでしょうか。ひとえにお腹が痛いと言いましても様々な可能性が想像できます。

今回は食べるとお腹が痛い原因や考えられる病気、対処方法などについてお伝えします。






食べるとお腹が痛い3大原因!病気の可能性とは


1)お腹が痛い3つの種類

腹痛は身近な症状です。軽度なことから重度に渡るまで幅も広いですが、中身を見てみましょう。

(1)内臓性腹痛

内臓自体が原因になり、引き起こされる腹痛です。鈍い痛みが継続して起こる鈍痛な為、痛む範囲が広く感じられ部位の特定が伝えづらいです。

関連して下痢や嘔吐の症状も多くみられます。

(2)体性腹痛

鋭く差し込むような痛みで、部位を自覚できるところにあります。

受診する際、医師に症状を伝えやすくはありますが、急性な場合が多く救急車を要請する事態になることも多いです。

(3)心因性腹痛

 ストレスからくる痛みで、胃腸にあらわれる場合が多いようです。

もともと器質的には異常が無かったとしてもストレス要因で臓器に異常があらわれてくることもあります。

2)食べるとお腹が痛い2つの症状

(1)下痢

人によっては食後直ぐに下痢になる症状もあります。慢性腹痛と言葉もあるように悩ませる人も多くいます。

胃腸が過剰に労働することによって起こります。

(2)消化不良

食べても消化されずに外に排出されてしまうパターンです。胃が下垂して蠕動運動が低下すため起きてしまいます。

みぞおち周辺が痛み、むかつきも起こります。

3)食べるとお腹が痛い3大原因

(1)暴飲暴食

胃腸の炎症や下痢などの症状に繋がります。消化機能が追い付かなくなり、その結果体内での異常が起き、腹痛が起こります。

(2)咀嚼の低下

噛まずに食べることです。固形物のまま体内運ばれることは消化の負担が大きくかかります。その結果暴飲暴食と同様に腹痛が起こり得ます。

(3)クローン病

持続性の腹痛で、食事をした後下腹部などが痛みます泥状や水溶性の下痢が特徴で排便回数も増えます。若い男性に多く見られます。

Medical doctor woman looking in clipboard

4)食べるとお腹が痛い症状へ自宅でできる3つの対処方法

(1)反時計回りお腹をさすること

お腹の中央に小腸があり、外側に大腸があります。反時計回りにさすることで活発化している腸の動きを抑制できます。

大きく大腸をマッサージすることと逆回りに行わない事です。

 (2)お腹を温めること

冷えが原因で起きた際には血行を良くする必要があります。タオルや衣類の上からカイロを貼ったり、夏の場合は着込んで体温調整を行う必要があります。

 (3)深呼吸を行うこと

急激な腹痛が起こると呼吸が浅くなり、酸素の量も摂取が減ります。お腹に手を当てて口から細く長く息を吐きだして鼻からゆっくりと息を吸う深呼吸が効果的です。

5)食べるとお腹が痛い症状が続く場合に考えられる2つの病気

(1)胃潰傷

胃の粘膜が傷ついて出来た欠損が粘膜下の筋層にまで達してしまうことで胃の痛み以外に胸焼けやゲップが出ます。

胃もたれ、嘔吐、不良便など引き起こします。

(2)肝硬変

肝炎のウイルス歓感染が主な原因で肝炎が長引くことで幹細胞が崩壊され繊維化することで肝臓が固くなる病気です。消化不良や腹水が引き起こします。

6)食べるとお腹が痛い症状が続く場合にすべき3つの検査方法

(1)尿検査

蛋白、糖などについての検査が分かります。また、腹痛以外にも腎臓の検査が行えます。

(2)血液検査

白血球の増加から症状が判断できます。リパーゼやアミラーゼの上昇も調べられ、臓器から出血がある場合は貧血の傾向も調べられます。

(3)糞便検査

胃や腸からの出血の場合は便から確認可能です。検便からは細菌や虫卵も発見でき、腸の病気も確認可能です。

その他に心電図や内視鏡検査もあります。

Male medicine doctor hand holding stethoscope head

7)食べるとお腹が痛い症状が続く場合にすべき2つの治療方法

(1)鎮痛剤などの投薬治療

下痢止めなどとは違い、腹痛が長引いた際には医師によるしっかりとした診察を受け処方薬を貰います。その上で、治療を進めていきます。

(2)点滴治療

脱水症状などの危険性がある場合は点滴治療を行います。勿論、医師の診察の下でスッテプを踏んでいきます。

腹痛の度合いは症状の程度が激しく、原因も多く見受けられます。

8)食べるとお腹が痛い症状へ日常から予防する3つのポイント

(1)チビチビこまめな水分補給

水分は摂る事が大切ですが、取らな過ぎても又は一気に摂りすぎても問題です。適度に摂取して体が乾燥しないようにする必要があります。

(2)適度な運動

他の症状にも効果的ですが、運動はストレスの解消や排便効果の愛艇にも繋がります。苦しくない範囲で行いましょう。

(3)考えすぎない事(精神的な部分)

腹痛の際にはあれこれ原因を考えて余計に不安に感じてしまうものです。無頓着過ぎることもよくありませんが、それもストレスになり得ます。注意が必要です。






今回のまとめ

1)一概食後にお腹が痛くなっても決めつけられない程、原因が挙げられる

2)個人で出来る対処法は多くあるので、実践するべきことは多い

3)腹痛だと感じていても、肩こりのように外部で感じず内臓的な部分なので数日継続するのであれば、診断が勧められる。

4)男性に多く見られるが、女性もホルモンバランスの関係で起こりうる可能性がある