腹痛でお腹を押さえている女性

食べると腹痛になるという経験を一度はしたことがあるでしょうか。しかし、慢性的に食後の腹痛を起こす人も中にはいます。その場合、体に異常があるのではないかと心配になるでしょう。

今回は食後の腹痛の原因・病気の可能性・対処方法などをお伝えします。






食べると腹痛に!食後の腹痛の3大病気と治療方法とは


1)食べると腹痛になってしまうメカニズムとは

胃や大腸などのお腹の器官は敏感なので、ちょっとしたストレスや暴飲暴食に反応して腹痛や下痢をおこしてしまいます。

ですので、慢性的に腹痛が起きる人は常に内臓を悪くしているということなので、放置せずに病院に行きましょう。

2)食べると腹痛に!その代表的な症状とは

(1)胃が痛む

食事前や食事中は平気ですが、食後にキリキリとした胃の痛みが出てくるということがあります。

(2)大腸が痛み下痢になる

食事の後に大腸の辺りが痛み下痢や便秘になるという症状があります。男性は下痢、女性は便秘になりやすいと言われています。

3)食べると腹痛になってしまう2大原因とは

(1)食べ過ぎ・飲み過ぎによるもの

脂肪分や香辛料をふんだんに使用した料理の食べ過ぎや、アルコールを炭酸系の飲み物を飲み過ぎると、胃の分泌が乱れるだけでなく消化酵素を分泌する膵臓も弱まり消化不良を起こし腹痛になります。

(2)病気によるもの

食後の腹痛の原因には病気も考えられます。暴飲暴食をした分けではないのにも関わらず、慢性的に腹痛が起きると言うのは、胃や腸に異常が起きていると言うサインです。

Stethoscope in hands

4)食後の腹痛が続く場合に考えられる3つの病気

(1)過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とはストレスを感じると急にお腹が痛くなる病気です。腹痛以外にも、便秘や下痢などの症状もでます。食事に刺激が強い香辛料などを食べると腹痛や下痢が悪化してしまいます。

なぜストレスでここまでの症状がでるのか原因はよく分かっていませんが、消化管運動異常や心理的異常が関係しているのではないかと考えられています。

(2)潰瘍性大腸炎

大腸が炎症することで腹痛や下痢を慢性的に引き起こします。悪化すると貧血や発熱がでます。この病気の原因は現在よく分かっていませんが、食生活の影響やストレス、腸内細菌の免疫異常ではないかと言われています。

なかなか完治が難しく、再発する可能性が高い病気です。

(3)胃潰瘍

胃酸の過剰分泌により、消化器自体の組織が消化されてしまうことで、食後に胃がいたくなるのが胃潰瘍です。症状が悪化すると黒い便や吐血を引き起こすので、早めの受診が大切になります。

主な原因は日々のストレス、暴飲暴食が考えられます。

5)食後の腹痛への3つの対処方法

(1)食生活を改善する

油っこいものや香辛料などの刺激が強いものは腹痛や腸の炎症に繋がるので、多量に摂取することを控えることを心掛けましょう。またアルコールの多量摂取も内臓に良くないので、適度に楽しむことが大切です。

(2)服薬する

胃腸薬を飲むと緩和されます。なるべく副作用の少ない漢方薬を選ぶことをお勧めします。試しても効果が無い場合は、病気の可能性もあるので病院で診てもらいましょう。

(3)横になる

横になって安静にしていると、腹痛が収まることがあります。寒いと感じたらお腹にもう毛布かタオルケットを被せましょう。

6)症状が続く場合にすべき検査方法とは

(1)血液・尿検査

腹痛の場合、だいたいが内科で受診することになります。血液と尿の成分を調べると、体の状態がよく分かります。

尿に血液や蛋白が混じっていないか、血液の白血球に異常がないかなどを見ます。初診で結果は分からないですが、次の受信日にはどのような症状の疑いがあるのか分かると思います。

(2)腹部超音波検査

腹部に超音波を発信して、返って来るエコーを受診しコンピューターで画像化して診断します。この検査で胃や腸の消化管の状態が良く分かると言われています。この検の料金は3割負担で1600円前後です。

(3)胃カメラ

食後に胃が痛むという症状が慢性的に続く場合は、胃カメラで胃の状態を確かめることもあります。胃カメラの費用は使用する時間により変わります。3割負担で10分~20分の場合、12000円前後です。

Medical doctor woman looking in clipboard

7)症状が続く場合にすべき治療方法とは

(1)薬物療法

内科の検査により服薬による治療で治せると判断されたら、内服薬をもらうことになります。自分の身体に合った鎮痛剤や炎症を抑える薬がもらえます。

(2)手術療法

潰瘍性大腸炎の症状があまりにも重い場合は、外科による手術が必要になる場合があります。炎症がある箇所を切ってもまた再発するので、大腸をすべて切除する必要があります。

術後、1ヶ月ほど入院して、3ヵ月自宅休養したのち、大腸の代わりに小腸を肛門につなげる手術が行われます。その後の入院1~2ヶ月、自宅休養を合わせて約半年~1年ほどの期間がかかります。

胃潰瘍と診断された場合は、問診から始まり胃カメラやレントゲン検査などをしてから治療が始まります。早期では薬物療法で治しますが、悪化している場合は手術が必要になってきます。

8)食後の腹痛症状へ日常からできる3つの予防習慣

(1)生活習慣の改善

大腸に良くない油っこい食事や唐辛子、スパイスなどの刺激が強い物、アルコールなど多量に摂らない生活を心掛けるようにすることが大事です。

バランスの良い食事を摂り、腸内環境を整えるヨーグルトを食べることをお勧めします。

(2)ストレスを溜めない

腸はストレスに敏感なので、食後に腹痛を起こしやすくなります。慢性化すると様々な病気が出てくるので、リフレッシュする時間や睡眠時間をしっかり確保しましょう。

(3)適度に運動する

腸の働きを活性化するのにジョギングなどの有酸素運動が適していると言われています。大腸内に溜まった内容物を外にだしやすくしてくれるので、腸内環境を良くして免疫力を上げてくれます。






今回のまとめ

1)食べると腹痛になってしまうメカニズムとは

2)食べると腹痛に!その代表的な症状とは

3)食べると腹痛になってしまう2大原因とは

4)食後の腹痛が続く場合に考えられる3つの病気

5)食後の腹痛への3つの対処方法

6)症状が続く場合にすべき検査方法とは

7)症状が続く場合にすべき治療方法とは

8)食後の腹痛症状へ日常からできる3つの予防習慣