食欲不振の女性

普段の食事の後、頻繁に気持ち悪いと感じることがあれば、もしかしたら体に異常がでているというサインかもしれません。食後の違和感が続く場合は幾つかの疾患の可能性もあります。

今回は食後に感じる気持ち悪い症状の原因・対処方法・治療方法などをご紹介します。






食後の気持ち悪い症状の3大原因とは!対処方法の解説


1) 食後に気持ち悪い場合の代表的な症状とは

(1) 吐き気

食後に食べたものを吐き出したくなるような気持ち悪さがでてくることがあります。数分~数時間続く場合があります。また、胸やけや背中のあたりも痛くなる場合もあります。

(2)胃に違和感

胃に違和感があり、ジンジンした痛みが襲います。吐き気も症状として出てくることも多いです。慢性的だと、胃が弱ってしまうので原因を知るために病院へ早く行きましょう。

2) 食後の気持ち悪い症状の3大原因とは

(1) ストレスによるもの

胃はストレスにとても敏感で、とても影響を受けやすいと言われています。ストレスがたまることによって、胃が正常の働きをしなくなり、食欲不振や胃もたれになります。それが悪化すると胃炎や胃潰瘍になります。そして、食後に吐き気や痛みもでてきます。

(2) 暴飲暴食

食事の摂取量が多いと、胃液の分泌が追いつかなくなりうまく消化できなくなります。そして胃腸に負担がかかり、腹痛や吐き気といった症状がでてきます。

(3) 食中毒

有害なものを口に入れたことで0‐157やノロウィルスなどの細菌が体の中に入り食中毒になります。食中毒は激しい下痢や吐き気などの症状を出します。

3) 食後の気持ち悪い症状への対処方法

(1) ストレスを軽くする

ストレスな人間関係、仕事などで溜まり、体全体の機能を低下させます。しっかり休養を取ることや自分の趣味などを楽しむことで、ストレスを和らげていくことが大切です。

(2) 適度な食事量を心がける

胃によくない脂っこいものや、香辛料のように刺激の強いものは適度にして、バランスの良い食事を適度に取ることを心がけましょう。食事量も適度にすることが大切です。

doctor giving pills to woman at hospital

4) 症状が続く場合に考えられる2つの病気とは

(1) 十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍はストレスが原因で、胃液が大量分泌してしまう病気です。胃液と胃の粘膜のバランスが悪くなり、負担が大きくかかってしまい、十二指腸が傷つきます。症状としては、食欲不振、胃もたれのような感覚、食後の吐き気などが挙げられます。

(2) 胃ガン

日本では肺ガンについで胃ガンが2番目に死亡率の高いガンだといわれています。初期症状で吐き気や胃もたれ、体重減少などが挙げられます。症状が進行すると吐血や嘔吐などの症状がでてきます。原因としては、暴飲暴食などで食生活が良くないことや、日々のストレスが積み重なったことなどが考えられています。

5) 症状が続く場合にすべき検査方法

(1) レントゲン検査

レントゲン検査で腹部を調べることによって、内臓に異常がないか調べることができます。料金は1枚1000円以下ですが、診察代などを含めると1500円~3000円はかかります。

(2) 胃カメラ

食後に吐き気がして、胃もたれのような症状が続くのであれば、内科で胃カメラを使用した検査をすることを勧めします。胃カメラで、胃がどのように炎症を起こしているのか調べることができます。

胃カメラは、麻酔を飲むことや筋肉注射を打つことなど、手順は面倒ですが、検査の時間は5分ほどで終わります。胃カメラの費用は、3割負担で4000円前後とされています。

Closeup on medical doctor woman explaining something

6) 症状が続く場合にすべき治療方法

(1) 薬物療法

十二指腸潰瘍や胃潰瘍などには抗菌薬や、胃酸の分泌を抑える薬を飲んで治療する場合が多いです。内科の医師や薬剤師とよく話し、自分の体にあった内服薬を飲むようにしましょう。潰瘍に出血がある場合は、注射で止血剤を入れることもあります。

(2) 手術

十二指腸潰瘍や胃潰瘍は、ほとんど手術しなくても治療できるようになってきましたが、潰瘍によっては、内視鏡では切除できない場所もあるので、その場合は腹部に穴を空けて腹腔鏡と器具を入れて潰瘍を切除します。

7)食後の気持ち悪い症状へ日常からできる予防ポイント

(1) ストレスを溜めない

胃潰瘍や十二指腸潰瘍はストレスが原因で発症することがほとんどです。仕事や人間関係でストレスを溜めないように、リフレッシュできる時間を作りましょう。また、疲れが溜まってきたらゆっくり休養を取ることや、早寝早起きをすることが大切です。

(2) バランスの取れた食事をする

栄養の偏った食事は胃腸を悪くして食事後に気持ち悪くなりやすくなります。脂っこいものや、塩辛いものはできるだけ控えて消化に良いものや、ビタミン豊富な食材を中心に、栄養バランスを考えて食事をすることが大切です。






今回のまとめ

1) 食後の気持ち悪い2つの代表的症状とは

2) 食後の気持ち悪い症状への3大原因とは

3) 食後の気持ち悪い症状への対処方法とは

4) 症状が続く場合に考えられる2つの病気とは

5) 症状が続く場合にすべき検査方法

6) 症状が続く場合にすべき治療方法

7) 食後の気持ち悪い症状への日常からできる予防ポイント