問診を受ける女性の患者

生理前になると決まって「お腹が痛くなる」そんな症状に悩まされている女性は案外多いもの。一体なぜ、そうなるのでしょうか。

今回は生理前のお腹痛い症状の考えられる原因や、解消法と予防法をお伝えします。






生理前のお腹痛い6つの対処法!予防方法とは


1)生理前のお腹痛い原因

生理前にお腹が痛くなる原因は人によって様々です。その一例として「ホルモンバランス」が崩れることだと言われています。

生理前になると必ずお腹が痛くなる女性は、このホルモンのバランスが崩れていることが原因かもしれません。このホルモンは「プロスタグランジン」や「黄体ホルモン」などです。

2)生理前のお腹痛い代表的症状

一口に生理前にお腹が痛いといっても、人によってその症状は様々です。代表的な症状として多いのは「下腹部が痛い」ことではないでしょうか。

(1)下腹部の痛み

下腹部がちくちくと痛い、ズキズキする、などの痛みですね。ただ、この痛みに共通しているのは「生理が終わると痛みも治まる」ことです。

(2)吐き気

(3)頭痛

(4)腰痛

また、お腹が痛い以外にも「吐き気を伴う」「頭痛もある」「腰が痛くなる」など他の症状を伴うこともあります。

お腹が痛い上に吐き気や頭痛もあるなんて、厄介ですよね。こんな不快な症状は、どのように対処すればいいのかをお伝えします。

3)生理前のお腹痛い症状への6つの対処法

生理前のお腹痛い症状が出た時は、以下6つの対処法を試してみましょう。

(1) 体を温める

体を冷やすとますます、生理前にお腹が痛くなります。普段から体を冷やさないように心掛けましょう。生理前にお腹が痛くなったら入浴などで体を温めます。

外にいる場合は、カイロなどを使ってお腹と腰を温めましょう。

(2)姿勢を良くする

姿勢が悪いと骨盤も歪みます。すると子宮内から出るホルモンが過剰分泌されてお腹が痛くなるケースも考えられます。

普段から姿勢をよくするクセを身につけて、骨盤を歪ませないようにしましょう。

(3)食べ物に気を付ける(下記参照)

(4)喫煙やアルコールを控える(下記参照)

(5)睡眠習慣を見直す(下記参照)

(6)ストレスをためない(下記参照)

Closeup on medical doctor woman explaining something

4)生理前のお腹痛い症状への食事での2つの注意ポイント

(1)カフェインの過剰摂取に注意

生理前のお腹痛くなる原因のひとつに「食べ物が原因」と「喫煙やアルコールの過剰摂取」があります。食べ物が原因の場合、生理前に腹痛が起きやすい人は、普段からカフェインを摂りすぎているのかもしれません。

カフェインを摂り過ぎるとホルモンバランスが崩れやすくなります。そのため腹痛が発生しやすくなるのです。

コーヒー紅茶や緑茶だけでなく、栄養ドリンクカフェインは多く含まれていますので注意しましょう。

(2)脂分・糖分の過剰摂取に注意

また食事では脂分の多いメニューや砂糖などを摂り過ぎると血液がドロドロになり、血流が悪くなります。

その結果、生理前にお腹が痛くなる要因を引き起こしてしまう可能性が高くなります。普段から野菜や食物繊維の多いメニューを取り入れて、血液をサラサラにしておきましょう。

また、喫煙や飲酒は血管収縮を引き起こし、腹痛をひどくさせる恐れがあります。過剰摂取は控えるようにしましょう。

5)生理前のお腹痛い症状への3つのNG行動

(1)ストレスの発散

生理前のお腹痛い症状が出る原因のひとつに「過剰なストレス」があります。生理前のお腹が痛い症状の時に、仕事などで過剰なストレスがかかると余計に悪化する恐れがあります。

普段からなるべくストレスをためない、またはストレスを発散できるような環境作りを心掛けましょう。

(2)体を冷やさないように

また、体を冷やさないようにしましょう。冷たい飲み物もなるべく控えるようにしましょう。

(3)ダイエットに注意

この時期にダイエットを始めるのもNGです。さらには寝不足も生理前のお腹痛い、を悪化させてしまう可能性があります。

6)生理前のお腹痛い症状がひどく気になる場合の検査

生理前のお腹痛い症状がひどく気になる場合は、一度病院で検査を受けてみましょう。この場合、婦人科を受診します。

婦人科では、問診、触診、内診を経て必要があれば検査をします。検査は尿検査、血液検査、子宮鏡検査、超音波検査などです。

Female doctor making notes

7)生理前のお腹痛い症状がひどく気になる場合の治療

検査を経て「治療が必要」となれば、医師の指示のもとで、治療を開始します。

生理前のお腹が痛い原因が子宮筋腫などの場合は、その病気の治療を行いますが、原因が病気ではない場合は鎮痛剤ホルモン薬などで痛みを抑えます。

場合によっては漢方薬を処方されるケースもあります。病気が原因でない場合のホルモン薬は、健康保険または社会保険の適用外になります。

8)生理前のお腹痛い症状へ日常からできる予防ポイント

生理前のお腹痛い症状を日頃から予防するポイントは下記の点です。

(1)体を冷やさないこと

(2)規則正しい食生活

(3)栄養バランスに気をつける

(4)暴飲暴食はしない

(5)カフェインやアルコールを摂り過ぎない

(6)なるべく禁煙をする

(7)姿勢を良くする

(8)適度な運動を続ける

(9)ストレスをためない

生理前にお腹が痛くなるのは女性ホルモンのひとつ「プロスタグランジン」や「黄体ホルモン」が分泌されるためです。

ただ、これらのホルモンは生理が始まったらピタッと止まるのも特徴です。どうしても我慢できない時は、医師から処方された痛み止めで様子をみて安静を保ちましょう。






今回のまとめ

1)生理前のお腹痛い原因

2)生理前のお腹痛い代表的症状

3)生理前のお腹痛い症状への6つの対処法

4)生理前のお腹痛い症状への食事での2つの注意ポイント

5)生理前のお腹痛い症状への3つのNG行動

6)生理前のお腹痛い症状がひどく気になる場合の検査

7)生理前のお腹痛い症状がひどく気になる場合の治療

8)生理前のお腹痛い症状へ日常からできる予防ポイント