ナースの持つタブレットを指差す患者

生理前になると体が重く感じたり、お腹が張りガスも溜まって苦しいなど困ることも多いと思います。けして食べ過ぎたり排便をしていないわけでもないのに。

今回は生理前のお腹の張りについて原因対処方法をご紹介します。






生理前のお腹の張りの5大原因!便秘症状との違い


1)生理前のお腹の張りの代表的な5つの原因

生理前には黄体ホルモンという女性ホルモンが身体や心の変化に関係してきます。黄体ホルモンは排卵後に分泌量が増え、子宮内膜を厚くしたり妊娠に向けた準備をしてくれるホルモンです。

(1)腸内のガスによるもの

黄体ホルモンが腸の動きを低下させてしまい便秘になりやすくなるので、腸内に悪玉菌が増えて便からガスが発生します。黄体ホルモンはガスを排出する働きも弱めてしまうので、お腹が張りやすくなります。

(2)子宮の膨張

生理前には卵巣や子宮の働きが活発になり、養分を蓄えて厚く大きくなると、腸が圧迫されて動きが低下してしまいます。

(3)ストレス

黄体ホルモンの影響により気分が不安定になりイライラしやすくなります。そのためちょっとしたことでも落ち込んだり、ストレスが溜まりやすくなります。ストレスにより腸の動きが弱まることもあります。

(4)むくみ

生理前になると顔や全身がむくみやすくなり、同じく腸もむくみやすくなります。それにより腸の動きが鈍り、便秘になりやすくなります。

(5)暴飲暴食

過度の飲食により、胃の消化機能が追い付かず、消化不全を起こしやすくなります。特に脂肪分の多い肉や加工食品などばかりを食べている場合に起こりやすいです。

2)生理前のお腹の張りの3つの症状

(1)お腹に空気が溜まっているような不快な苦しさ

(2)下腹部に鈍い痛みを感じる

(3)酷くなると強い激痛を感じる

排卵後から生理が始まる1~2週間がお腹が張りやすくなると言われています。

3)お腹の張りと便秘症状の2つの見分け方

(1)温めると痛みが和らぐ

生理前のお腹の張りの場合ホッカイロなどで下腹部を温めると痛みが和らぐ場合があります。

(2)3日以上の排便がない

便秘の症状の場合、3日以上排便がないとガスが溜まりぽっこりお腹になるなど見た目にも変化が現れてきます。

Mature Lady doctor shows a patient test results

4)生理前のお腹の張りへの5つの対処法

(1)お腹を温める

体に吸収されやすく、体も温めてくれる白湯がおすすめです。体が1回に吸収できる水分はコップ1杯分といわれているので、少量ずつこまめに摂るようにしましょう。

(2)マッサージ

右半身を下にして横になり、おへそ周りを中心に「の」の字を書くようにやさしく10分程マッサージを行います。

(3)ストレッチ

腹筋を鍛えることでお腹の張りを抑えることができます。仰向けに寝そべり、片足もしくは両足を抱えます。

息を吐きながら足を胸の方向へ持ち上げ、そのまま腹式呼吸を繰り返します。

(3)腸内環境を整える

ヨーグルトなど善玉菌を増やす食品を摂りましょう。乳酸菌は便秘の解消に効果的で腸内環境を整えてくれます。また食物繊維を積極的に摂りましょう。

根菜類・サツマイモ・海藻類など。腸の運動を促進し、善玉菌を増やしてくれます。ただし過剰摂取は悪玉菌の増える要因になるので要注意です。

(4)腹式呼吸をする

腹式呼吸をすることでお腹の張りが改善できる場合があります。リラックスや血圧の上昇の抑制などの効果があるといわれています。

(5)ツボを押してみる

腸の機能を活性化してくれるツボ押すのも効果的です。

・天枢(てんすう)

・大巨(たいこ)

・中かん

ツボは強く押しすぎず、ほどよい強さで刺激してみましょう。

5)生理前のお腹の張りのへの3つのNG行動

(1)締め付けない

腸を圧迫するとガスの排出が悪くなるので、長時間座ったままやきつめのガードルやストッキングなどは注意しましょう。

(2)水分を摂り過ぎない

水分や塩分を摂りすぎると、むくみの原因になるので気をつけましょう。

(3)アルコールを控える

アルコールも生理前のお腹の張りに関係しているので控えましょう。

6)生理前のお腹の張りがひどく気になる場合の2つの検査

総合病院の婦人科やレディースクリニック、産婦人科などで検査が受けられます。

子宮が原因だと考えられる場合

(1)内診

内診台という特別な診察台に乗り、両足を広げて診察してもらいます。膣の中に器具を入れたり、直接指で子宮付近の状態を調べたりします。

(2)超音波検査

エコーとも呼ばれます。腹部にゼリー状のものを塗り、専用器具で患部を写したり、膣内に入れて中から写すものの2種類があります。

empty nurses station

7)生理前のお腹の張りのひどく気になる場合の2つの治療

(1)薬による治療

PMS(月経前症候群)の治療として低容量ピルを服用する方法があります。生理前のホルモンバランスによるPMSの症状を改善する効果があります。

また、むくみが原因なら利尿剤を、便秘が原因なら整腸剤を、子宮や卵巣が原因ならホルモン剤や鎮痛剤を処方される場合もあります。

(2)漢方薬による治療

体質改善を目的とした漢方薬治療を勧められる場合もあります。生理前にちょっと飲んで症状が改善するわけではありませんが、継続することで毎回の生理前のお腹の張りが和らぐ効果が期待できます。

8)生理前のお腹の張りへ日常から予防できる4つのポイント

(1)糖質や脂肪の多い食事を控える

悪玉菌が増える原因となりガスが発生しやすくなります。

(2)軽い運動をする

ヨガやウォーキングなど無理のない程度に気持ちよく体を動かしましょう。血行を良くし、全身の代謝を上げて老廃物の排出を促してくれます。

(3)下半身を温める

半身浴をしてリラックスしたり、日頃から下腹部にホッカイロを貼るなど、下半身の血行を良くすることで全身の代謝がアップし、お腹の張り改善と予防に繋がります。

(4)早い時間に寝る

お腹が張って辛い時は、無理をせずいつもより早く就寝しましょう。早寝早起きの習慣がつけば、体の不調も改善しやすくなります。






今回のまとめ

1)生理前のお腹の張りの5つの代表的な原因とは

2)生理前のお腹の張りの3つの症状とは

3)お腹の張りと便秘症状の2つの見分け方

4)生理前のお腹の張りのへの5つの対処法

5)生理前のお腹の張りのへの3つのNG行動

6)生理前のお腹の張りがひどく気になる場合の2つの検査

7)生理前のお腹の張りのひどく気になる場合の2つの治療

8)生理前のお腹の張りへ日常から予防できる4つのポイント

毎月生理のたびにお腹の張りで苦しい思いをしないために、日頃の生活を見直して予防するようにしましょう。