サーモンのカルパッチョ

サーモンには、多くの栄養素が含まれているため美容効果に期待が出来ます。

その効果は美を仕事にするあらゆるシーンでも注目され、ミスユニバース養成合宿の食事メニューにも積極的に取り入れられている情報もありますそんなパワー食材であるサーモンを紹介します。



【効果大】美白・美肌に血流促進?サーモンの4大効果とは


1)そもそも「サーモン」って?

脂がのっていて、鮮やかなオレンジ色の見た目にも食欲をそそります。お寿司屋さんでは、通年を通して老若男女に人気のメニューとなっています。そんなサーモンには、栄養価が非常に高く、アンチエイジングとしての美容効果、健康への効果があるとされています。

ちなみに、サーモンと鮭の違いについてはよく議論されますが、この違いは育成される場所によって異なります。鮭とは、川で採れたもの(産卵の為に川に戻ったもの)であり、サーモンとは、海で養殖されたものを指すします。それほど大きな違いはありませんが、本記事では、サーモンと表記されているものをサーモンとして紹介をしています。

2)ここに注目!サーモンに含まれる代表的な栄養素4選

(1)アスタキサンチン

サーモンの特徴でもある鮮やかなオレンジ色ですが、この色に最も注目すべき栄養素が含まれているのです。その栄養素とは「アスタキサンチン」です。人間の体内には、呼吸器官より取り込まれた酸素が、体内の色々な栄養素と結びつき、活性酸素へと変化するという仕組みがあります。いわゆる体が酸化するというのはこの状態です。この体の酸化には、悪い影響を生み出すものがあり、それを抑制するのがビタミンE(抗酸化作用)です。

サーモンに含まれるアスタキサンチンとは、このビタミンEの1000倍の効果があるといわれており、とても強い抗酸化作用があると言えます。抗酸化作用の主な働きは、紫外線に肌がさらされたときに生じるメラニンという“シミの元”の蓄積を抑止する働きや、育毛効果や活性酸素を除去する働きがあります。高価な化粧品にも薬用成分として使われており、その効果は絶大とされています。

また、ダイエット効果もあり、脂肪燃焼作用、脂肪肝の予防、抗肥満作用もあるのでダイエット中にも積極的に摂取をすべきです。また、サーモンは生でも食べられるので、効果を損なうことなく摂取できます。

(2)EPA

EPAとは、魚の脂に多く含まれている必須脂肪酸の一つです。このEPAの働きは。血管の健康維持を助けるとともに、肌の健康維持にも効果を発揮しますが、人間の体内では生成することが出来ない物質です。そのため、日々の食事から摂取する必要があるのです。

血管を健康に保つことで、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞等の予防効果があります。また、血管が正常に作用することで、肌も健康に保つ良い効果を保ちます。また、肌のターンオーバーという肌の生まれ変わりを適切に促進して、健康で若々しい肌を得ることが出来るのです。

(3)DHA

EPAが血管への影響栄養素としたときに、DHAは脳の神経細胞や情報伝達スピードの向上を促すとされている必須脂肪酸です。DHAを食べると頭が良くなるというのはこの効果を指しています。これにより、記憶機能の向上、学習能力の向上、認知症の予防等の効果が期待されており、積極的に摂取する必要があります。

(4)アンセリン

サーモンをはじめとする、持久力や瞬発力を使って泳ぐ魚に多く含まれる栄養素ですが、人体に蓄積し疲労を感じさせる乳酸をエネルギーに変える働きがあります。また、痛風の原因にもなる尿酸値を下げる効果もあるため、ビールやお酒を飲む方にも積極的に摂取したほうが良いと言えます。

3)サーモンに期待できる4大効果とは

サーモンには、アスタキサンチンの他にもビタミンやミネラル、必須脂肪酸が多く含まれています。それら一つ一つの栄養素が作用をすることで多くの効果を生み出してくれるのです。では、その効果を以下に整理をしています。

(1)ビタミンEの1000倍の抗酸化作用

美容効果への最大の貢献は、アスタキサンチンの持つ抗酸化作用です。すでに記載をしておりますが、避けようのない活性酸素の蓄積による体の酸化への対策として非常に有用な効果を発揮してくれます。

人の体の中で、常に起こる活性酸素(体の酸化)により、体内の細胞が傷つけられてしまうので、老化の促進、細胞のがん細胞化させてしまう可能性もあります。そのため、体を常に若々しくするためにこの抗酸化作用は注目すべき要素となります。体の内側を健康で若々しく保ことは、美容においては重要なテーマとなります。

(2)美白・美肌効果

アスタキサンチンの効果により、メラニン色素の沈着を防ぐことで、シミの発生を抑え、美白・美肌効果が期待できます。また、EPAの働きで血管が健康的な働きをすることで、血流も良くなり体の隅々にまで栄養が届くようになります。

それは、肌の生まれ変わりとなる「肌のターンオーバー」でも健康的な肌細胞が上がってくるため、美肌美白効果を促進するとされています。

(3)精神面の安定を促す

日々のストレスや生活による疲労は、気持ちを落ち込ませてしまったり、やる気や意欲を低下させたり、些細なことでイライラしたりと常に精神を摩耗してしまいます。

この時に、休息をとるというのも有用な対処方法ですが、サーモンに含まれるDMAEという成分が、体内の幸せホルモンとされるセロトニンの効果を活発化させます。

セロトニンは、心身の安定や安らぎに関与するホルモンとされておりこのホルモンが低下することで、うつ病や不眠症といった精神疾患になりやすいとも言われています。DMAEはセロトニンの効果を促進し、ストレスに強く、精神的な美しさに働きかけてくれるのです。

(4)血流促進

必須脂肪酸であるEPA・DHAが、生命にとって重要な血管と脳に働きかけます。血管を正常な状態に保つ働きのあるEPAは、血液をサラサラ状態にし、血栓の発生を防ぎます。また、血管自体を健康に保つことで、高血圧を抑止します。

これらの効果により、脳血栓や脳梗塞、その他心疾患等のあらゆる疾患を予防することに繋がります。またDHAは脳の情報伝達速度をスムーズにする働きもあるため、何かを思い出す時や重要な決断や判断を求められた時に効果を発揮するでしょう。その他、亜鉛、マグネシウム、鉄、リン等のミネラル成分は、味覚や血糖値、血圧コントロール等の体内の恒常性を保つ働きを補助してくれます。

スキンケアをしている女性

4)オススメの食べ合わせって?一緒に摂取することで、効果を発揮する食材

ここまで、サーモンを摂取することで得られる多くの効能についてまとめてみました。ここでは、さらに一緒に摂取することでその効果をさらに向上させる食べ合わせについて紹介します。

(1) 油で吸収率アップ

サーモンの栄養素は、油を一緒に摂取することで、吸収率が良くなります。人間の体は、食べたものをそのまま吸収するようにはできていません。そのため、オリーブオイルや亜麻仁油等の健康的な脂と一緒に摂取することで、吸収効果を高めます。

(2) 野菜類

アスタキサンチンはビタミンCと相性が良いため、一緒に摂取することでその効果も向上します。そのため、レモンや多くの緑黄色野菜と相性が良いです。ホイル焼きが一番シンプルで良いとされていますが、一緒に野菜を摂るようにしましょう。

5)どんな摂取が効果的?効果的な食べ方・飲み方とは?

(1)生食

基本的には、生食が一番です。多くの栄養素は熱に弱いものが多く、あまり熱を加えすぎると栄養素を壊してしまう恐れもあります。どこかで釣ってきたものや貰ったものは別として、生食用として売られているものであれば、そのまま刺身やカルパッチョにすると良いです。特にカルパッチョには、オリーブオイルが使われるの吸収効率も良いです。

(2)加熱調理

焼き過ぎ(熱の加えすぎ)に気を付けて、いればムニエルやホイル焼きにブロッコリーやレモン、玉ねぎ、トマト等の栄養効果の高い野菜を組み合わせやすくなります。生食が苦手な方にはお勧めです。なお、食べるときには皮ごと食べるようにしましょう。皮にも有用な成分を多く含んでいますので、捨ててしまうにはあまりに勿体ないです。

6)知っておこう!サーモンの摂取での注意点とは?

生で食べるときは、生食用のものを選びましょう。火を通す時は、中まで温かくなる程度に火を通すという基本的なことを注意していれば食中毒等は防げます。食べる量も週2回程度でも効果があるとされているので、毎日食べようとしなくても大丈夫です。

サーモンの他にも体に良いとされるものはたくさんありますので、バランスをとって摂取することが重要です。また、胃の調子や体の調子にも合わせるようにしましょう。生食や油類は、消化が良くないので避けることも必要です。



まとめ

1)美容において、アンチエイジング効果として、健康で若々しい体を手に入れるためには積極的に摂取すべき食材である

2)サーモンを美味しく食べることで、美白、美肌効果を体の内部から生み出せる

3)心の安定にもつながり、精神的な美しさを得ることが出来る

4)毎日の健康管理にも欠かすことが出来ない食材である

5)手軽に手に入れられて、調理も簡単なので日常生活に取り入れやすい

6)サーモンを食べるときには、油、レモンや玉ねぎ、緑黄色野菜を一緒に摂取することでより効果的である

7)生がベストであるが、生で食べられなくても十分に栄養を摂取することが出来る