朝食を食べる女性

健康のためにはいろいろな手段があり、どれを行えば良いのかわからないかもしれません。数ある中で最近おすすめなのがr1ヨーグルトです。

スーパーなどでもよく見かけると思いますが、今回はr1ヨーグルトの効果・効能、効果的な食べ方のポイントなどをお伝えします。






r1ヨーグルトの4大効果!オススメの摂取方法


1)r1ヨーグルトの3つの特徴

(1)食べるタイプと飲むタイプがある

r1ヨーグルトは、食べるタイプと飲むタイプがあります。そのため、自分の摂取しやすい方を選ぶことができます。

(2)免疫力を高める

免疫力を高めて、風邪を引かない体にすることができます。

(3)インフルエンザの予防

インフルエンザの予防をすることができるのが、とても大きな特徴です。

2)r1ヨーグルトに含まれる6つの主成分

(1)エネルギー

カロリーとも呼びます。体を動かす活動源のことを言います。

r1ヨーグルトには、1個112g当たり89kcalあります。

(2)たんぱく質

生きていくうえで重要な栄養素です。酵素などの成分になります。r1ヨーグルトには、1個112g当たり3.9gあります。

(3)脂質

脂質には液体の油と、個体の脂があります。r1ヨーグルトには、1個112g当たり3.4gあります。

(4)炭水化物

炭水化物は、食物繊維と糖質の合計で表されます。r1ヨーグルトには、1個112g当たり10.8gあります。

(5)ナトリウム

r1ヨーグルトには、1個112g当たり52mgあります。

(6)カルシウム

歯や骨を作る栄養素のことを言います。r1ヨーグルトには、1個112g当たり138 mgあります。

3)r1ヨーグルトの4大効果

(1)免疫力アップ

誰でも風邪を引く可能性はあります。しかし、風邪をよく引く人もいれば、なかなか引かない人もいます。

この違いは、免疫力の違いです。免疫力を高めることができれば、冬も健康でいられるのです。

(2)インフルエンザの予防

冬になると怖いのがインフルエンザです。そのインフルエンザの予防に繋がることがわかっています。

(3)花粉症の軽減

春になると厄介なのが花粉症です。なんとr1ヨーグルトで花粉症の軽減が出来るのです。薬を飲むことを思えば、とても良いのではないでしょうか。

(4)便秘改善

便秘に困っているのであれば、r1ヨーグルトを食べましょう。それだけで、毎日すっきりとすることでしょう。

4)r1ヨーグルトの食べるヨーグルト・飲むヨーグルトの違い

R1ヨーグルトの食べるヨーグルト、飲むヨーグルトの違いは固形かドリンクか」の違いだけで、特に違いはありません。

最初に選ぶ際に、どちらにしようか迷ってしまうことでしょう。しかし、特に気にせずに摂取しやすい方法を選べばいいと思います。

時間をかけずにすぐに摂取したい場合は、飲むヨーグルトをおすすめします。

attractive asian woman exercising

5)r1ヨーグルトと通常のヨーグルトの違い

免疫力を高め、インフルエンザの予防に繋がるr1乳酸菌が含まれているのが大きな特徴です。通常のヨーグルトには含まれておらず、この点が大きな違いと言ってもいいでしょう。

6)r1ヨーグルトの摂取を控えるべき2つの状態

どのような人や、どのような状態の人は摂取を控えるべきでしょうか。

(1)ダイエット中

乳製品は脂肪をつけやすくするため、おすすめすることができません。

ダイエットをしたいのであれば、r1ヨーグルトだけでなく、乳製品全体を控えたほうが、いい結果が出ます。

(2)妊婦

過剰摂取は良くないので控えるようにしましょう。食べるのであれば、加糖のものではなくプレーンのヨーグルトをおすすめします。

適量であれば特に問題はありません。

7)r1ヨーグルトの正しい摂取の2つのポイント

(1)毎日摂取する

やはり、毎日の生活習慣を改善したいものですから、毎日摂取することが重要になります。そのため、毎日摂取して健康な体を作っていくのが一番良いと言えます。

(2)夜に摂取する

夜に摂取すると効果が高いとの声がありました。特に便秘の効果が高いと言われており、そのためぜひとも夜に摂取すると良いのではないでしょうか。

8)ヨーグルトにオススメの3つのトッピング

合わせて摂取すると効果を増大させる食べ物とは。

(1)バナナ

食物繊維が多く、さらには糖質、ビタミン、ミネラルも多く含んでいます。ヨーグルトの甘酸っぱさと、バナナの甘さの組み合わせは、とてもおいしく食べることができます。

(2)オリーブオイル

便秘予防に効果があるのは、オリーブオイルです。腸内物を柔らかくすることができるオレイン酸が含まれているからです。

(3)きな粉

貧血に効果があるのは、きな粉です。きな粉には、鉄分が多く含まれているからです。

9)ヨーグルトを美味しく摂取する2つの料理

(1)ホットヨーグルト

耐熱容器にヨーグルトを入れ、電子レンジで1分温めます。りんごやはちみつを混ぜてみるとよりおいしく食べることができます。

レンジの機種や容器によって変わってきますので注意して温めましょう。温めすぎると分離してしまいますので、注意してください。

(2)マシュマロヨーグルト

容器にヨーグルトとマシュマロを入れてかき混ぜます。冷蔵庫に1日寝かせれば完成です。






今回のまとめ

1)r1ヨーグルトの特徴は、「食べるタイプと飲むタイプがある」「免疫力を高める」「インフルエンザの予防」。

2)r1ヨーグルトに含まれる主成分は、エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム、カルシウム。

3)r1ヨーグルトの効果は、免疫力アップ、インフルエンザの予防、花粉症の軽減、便秘改善。

4)r1ヨーグルトの食べるヨーグルト・飲むヨーグルトの違いは、固形かドリンクか。

5)r1ヨーグルトと通常のヨーグルトの1つの違いは、r1乳酸菌が含まれているかどうか。

6)r1ヨーグルトの摂取を控えるべき状態は、ダイエット中、妊婦。

7)r1ヨーグルトの正しい摂取のポイントは、毎日摂取する、夜に摂取する。

8)ヨーグルトにオススメのトッピングは、バナナ、オリーブオイル、きな粉。

9)ヨーグルトを美味しく摂取する料理は、ホットヨーグルト、マシュマロヨーグルト。