お腹の診察を行う女性の患者

おならは身体の余分なガス黙りを防ぐ大切な健康機能です。しかし、いつも以上に何度も出る場合は生活習慣の黄信号といえるでしょう。

おならが止まらない原因・考えられる病気の可能性・対処方法などをご紹介します。






おならが止まらない6大原因!5つの対処法とは


1)おならが止まらない6大原因  

(1)呑気 

食事をしたり飲み物を飲んだりする時に、あわせて空気を飲み込む量が多い場合に、おならが出やすくなります。 

(2)食物繊維の摂りすぎ 

食物繊維は体にとって大事なものですが、不溶性の食物繊維を取りすぎてしまうと、腹もちがよい=消化に悪いので、おならが出やすくなってしまいます。 

(3)便秘 

おならとはメタンガスのことをいい、便が腐敗することによって発生します。だから臭い訳ですが、便秘症の人はおならが出やすくなる傾向があります。 

(4)不眠 

飲食物の消化・吸収は寝ている間に行われますが、不眠や睡眠不足などが続くと、胃腸の機能が低下して便秘がちになり、おならが出やすくなってしまいます。 

(5)ストレス 

ストレス過多の生活をしていると、自律神経のバランスが乱れてきます。その時にまずやられるのが粘膜です。鼻やのどもそうですが、胃や腸も粘膜です。 

ストレスによって胃や腸の粘膜がやられることによって、胃腸の機能が低下し、便秘や下痢を起こしておならが出やすくなってしまいます。 

(6)薬 

特殊な例としては、薬の副作用などがあります。抗生物質などを飲んだ時に胃腸の機能が低下して、おならが出やすくなることがあるそうです。 

2)おならが止まらない場合への5つの対処方法 

(1)ゆっくり食べる 

あわてて食事をすると空気も一緒に飲み込みがちです。会話を楽しみながらリラックスして食事をするようにすると良いでしょう。 

(2)食事バランスを考える 

食物繊維を含む食材は体にとって大事ですが、そればかりというのはやはりよくありません。栄養バランスを考えた食事を摂りましょう。 

(3)寝る 

身体にとって、寝ることに勝る休養はありません。疲れている時は寝る、睡眠不足を感じた時は寝る。これが基本です。 

(4)休む 

ストレス状態が続いている時には、心身ともにリラックスして休める時間を作りましょう。おならが出る程度ならよいですが、ストレスは万病のもとです。 

(5)医師に相談する 

おならが止まらない場合はもちろんのこと、薬の服用によっておならの回数が急に増えた場合などは恥ずかしがらずに医師に相談しましょう。 

group of happy doctors meeting at hospital office

3)おならが止まらない場合への3つの食事ポイント 

(1)飲み物 

アルコールや炭酸を多く含む飲み物は控えましょう。 

(2)食物繊維 

摂りすぎるとおならの原因となりますので、芋などの不溶性ではなく、ゴボウやオクラ、海藻などの水溶性の食物繊維を摂るとよいでしょう。 

(3)ゆっくり食べる 

早食いの人は、空気も一緒に飲み込んでしまいがちなので、ゆっくりと食事をするようにしましょう。ダイエットにもつながりますよ。 

4)おならが止まらない場合に考えられる3つの病気 

(1)慢性便秘 

女性に多く見られるのが慢性の便秘です。腸内で便が腐敗することによって悪臭を放つだけでなく、腹痛をともなうこともあります。 

(2)過敏性腸症候群 

原因不明の腸に起こる疾患です。ストレスや過労がその要因ではないかといわれています。 

(3)自律神経失調症 

ストレス状態が長く続くなどして、自律神経のバランスが乱れてくることによって発症します。消化や吸収も自律神経の作用によるものなので、おならの原因ともなりえます。 

Male medicine doctor hand holding stethoscope head

5)気になる場合にすべき5つの検査方法 

排便障害がみられる場合には消化器内科を、自律神経失調症の疑いがある場合には心療内科を受診しましょう。料金は病院によってさまざまなので、心配な方は事前に問い合わせると良いでしょう。 

(1)触診・問診 

おなかの張り方や圧痛があるかどうかなどを調べます。また、押したときに痛いのか、手を離したときに痛いのかなどを確認します。 

(2)便検査 

ガンの可能性がないかなどを、便の状態を検査することによって調べます。便秘の場合に最も一般的な検査です。 

(3)レントゲン検査 

X線を用いて腸の内部の画像診断をします。 

(4)内視鏡検査 

ファイバースコープなどを用いて、腸の内部の状態を直接確認します。 

(5)血液検査 

便潜血反応が見られた場合に行います。また、うつ病の診断で血液検査が行われることもあります。 

6)気になるおならの臭いへ!3つの予防習慣とは 

(1)食習慣の改善 

不溶性の食物繊維の摂り過ぎに気をつけ、ゆっくりと食事をするようにしましょう。食べ過ぎを防ぐことで、ダイエットにも効果がありますよ。 

(2)適度な運動 

適度に体を動かすことで、血液の循環を良くし、生活習慣の予防をしましょう。ハードな運動をする必要はなく、ウォーキング程度で十分ですよ。 

(3)睡眠習慣の改善 

規則正しく睡眠と起床をすることで、体内リズムが整ってきます。特に朝の太陽の日差しを浴びることで体内時計がリセットされるので、早め早起きを心がけましょう。 






今回のまとめ 

1)おならが止まらない6大原因 

2)おならが止まらない場合への5つの対処方法 

3)おならが止まらない場合への3つの食事ポイント 

4)おならが止まらない場合に考えられる3つの病気 

5)気になる場合にすべき5つの検査方法 

6)気になるおならの臭いへ!3つの予防習慣とは