シニア女性の患者に説明をするナース

お腹痛い!でも何も出ないし、とりあえずお腹が痛いだけだから市販薬を飲んで様子を見ている・・・なんて方は注意が必要です。お腹が痛いのに何も出ないということは、異常である可能性があります。

今回はお腹が痛いのに何も出ない症状の原因・病気の可能性・治療方法などをお伝えします。






お腹痛いのに何も出ない・・?4つの原因と対処方法とは


1)お腹痛いのに何も出ない場合の症状とは

(1)便がしたい感じはあるけど、お腹痛いのに何も出ない

(2)便が肛門付近に残っている感じがしてお腹(下腹部)は痛い、でも何も出ない

(3)お腹痛くて何も出ないけど、お腹が張っている

(4)お腹痛いのに何もでず、吐き気、嘔吐をともなっている。

(5)お腹痛いのに何もでず、痛みだけは増して耐えられなくなる

2)お腹痛いのに何も出ない4大原因

(1)便秘

いわゆる便が出ない状態が続くことです。放置しておくと病気になる可能性もあるので、排便できるように対処する必要があります。

(2)腸にガスがたまっている

腸内にガスがたまって、おならとして排出されないとたまったガスが内側から腸を拡げるような力を腸に加え、お腹の痛みの原因となっている場合があります。

(3)過度のストレスや緊張のしすぎ

ストレスや緊張が度を超すと、何も出ないけどお腹の痛みの原因となる場合があります。

(4)病気

何らかの病気を発症している可能性があります。消化器系の病気の可能性が高いです。放置しておくと重症化する病気もあり注意が必要です。

3)お腹が痛いのに何も出ない症状への対処方法とは

(1)ストレスや緊張から離れ、リラックスする

お腹痛いのに何も出ない原因が、明らかにストレスや緊張によるものであれば、一時的にでも原因から離れて、深呼吸したりお茶を飲んだりしてリラックスことで対処方法となる場合があります。

(2)お腹や下半身を温める

お腹を温める、またはお腹含めた下半身を温めてあげることでお腹の痛みが軽減し、一時的な対処方法となる場合があります。

(3)病院受診

原因をハッキリさせて対処するためには、病院受診が何よりの対処方法となります。なお、自己判断で市販薬を用いて対処する方法はお勧めできません。お腹痛くて何も出ない場合は、考えられる病気なども様々あります。お腹の痛みに対する市販薬も効能が様々あるので、使い方を間違えると逆効果になり、病気を発症している場合はその病気を悪化させる恐れもあります。

Young woman sitting on the bed with hard stomach pain

4)症状が続く場合に考えられる4種類の病気とは

(1)過敏性腸症候群

検査では異常がないのに、お腹が痛くなります。下痢をともなう場合もあれば、便が出ない場合もあります。ストレスや緊張が症状を悪化させると言われています。

(2)クローン病

口から大腸までの消化管のどこにでも発症する可能性があり、消化管が炎症をおこす病気です。腸に発症するとお腹が痛くなります。下痢をともなう場合が多いですが、下痢が止まっていても病状は進行していく場合があり注意が必要です。原因がハッキリわかっておらず国の難病にも指定されています。

(3)腸閉塞

大腸がねじれたり、便秘などにより、便が出ずに腸内の消化液などが排出されずに逆流してしまう病気です。お腹が痛いのに加え嘔吐症状をともなうこともあります。

(4)大腸ガン

大腸にできる悪性腫瘍です。大腸も細かく部位が分かれており、その部位の名称でのガンと呼ぶ場合があります。(例:S字結腸ガンなど)

近年では大腸ガンは早期発見で適切な治療ができれば、治る病気とも言われています。反対に言えば、放置して発見が遅れると生命の危険にさらされる可能性があり、注意が必要です。

5)便が出ない症状が続く場合にすべき検査方法とは

診療科目は胃腸科や消化器科(消化器内科や消化器外科としている病院もあります)などを選ぶと良いでしょう。

(1)大腸の内視鏡検査

肛門から内視鏡(専用の小型カメラ)を挿入して大腸内の状態を医師が画面でで直接確認します。検査の前日夕方から当日にかけて、基本は飲食禁止になったり、当日は下剤を服用して腸を空にしたりする必要があります。詳しい説明を検査機関に聞いて、検査を受けるようにしましょう。

(2)大腸のレントゲン(X線)検査 ここから

大腸(直腸・結腸)に造影剤(バリウム)を注入して、大腸にX線)撮影をします。検査を受けるためには、前日に下剤を服用して腸の中を空にしておくことが必要になります。詳しい説明を検査機関に聞いて、検査を受けるようにしましょう。

Closeup on medical doctor woman explaining something

6)便が出ない症状が続く場合にすべき治療方法とは

(1)薬物療法

薬を用いて、病状の治療をしたり、症状の軽減を図る治療方法です。病気によっては、点滴などが用いられる場合もあります。

(2)手術

原因となっている病気によっては手術で治療する場合があります。特に大腸ガンなどでは早期発見し手術をすることで、治る可能性が高まります。近代では腹腔鏡手術(お腹に小さな穴を開けて、そこから専用の道具を入れて手術する方法)など腹部を大きく切り開かなくても手術できる方法もあり、身体面での負担が少なくて済むようになりました。

7)便が出ない症状へ日常からできる5つの予防習慣

(1)野菜を多く摂取する

肉類を少なくして、野菜を多く摂取することは、食物繊維を多めに摂取できることになります。食物繊維が多く摂取できると、便が出やすくなり、お腹痛いのに何も出ない症状への予防習慣となります。

(2)乳酸菌を摂取する

ヨーグルトに多く含まれる乳酸菌を意識して摂取することは、腸内に善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。結果、お腹痛いのに何も出ない症状への予防習慣となります。

(3)ウォーキングやジョギングを習慣的に行う

ウォーキングやジョギングは、腸の働きを活性化する効果があります。また軽い運動がストレスの緩和にもつながります。結果としてお腹痛いのに何も出ない症状への予防習慣となります。

(4)身体を冷やさないようにする

お腹の痛みの多くは、身体を温める方が良いです。お腹はもちろん、身体を冷やさないようにすることでお腹痛いのに何も出ない症状への予防習慣となります。

(5)夜更かしせず休養する

腸は寝ている間に活動性が上がると言われています。深夜まで起きることなく、適度に休養、睡眠を取ることは腸の働きを安定させます。またストレスや緊張の緩和にもつながります。結果としてお腹痛いのに何も出ない症状への予防習慣となります。






今回のまとめ

1)お腹痛いのに何も出ない5つの症状とは

2)お腹痛いのに何も出ない4大原因

3)お腹痛いのに何も出ない症状への対処方法とは

4)症状が続く場合に考えられる4種類の病気

5)症状が続く場合にすべき検査方法とは

6)症状が続く場合にすべき治療方法とは

7)便が出ない症状へ日常からできる5つの予防習慣