女性に問診を行うナース

胃が痛いという経験をされた方は多くいると思います。胃が痛いと言っても状況は様々です。

ここでは、お腹がすくと胃が痛い原因と、どのような時にどのような症状が起こるのか、考えられる病気や対処方法・予防法についてみていきます。






お腹がすくと胃が痛い3つの原因!対処法とは


1)お腹がすくと胃が痛い3つの原因

(1)胃酸過多

ストレスや、カフェインやアルコールの過剰摂取、ガストリンの過剰分泌、病気の症状など、日常生活でのイライラや過剰にコーヒーを摂取している人は注意が必要です。

ガストリンは胃酸を活発にするホルモンですが、ピロリ菌などにより過剰分泌されてしまう事があります。

(2)十二指腸潰瘍

原因としては疲労の蓄積、過度のストレス、禁煙、アルコールの過剰摂取、細菌感染といった症状が発生します。

また、細菌感染により十二指腸潰瘍になってしまう人も多く、夏の時期は食べ物からの感染という事もありますので、衛生面に注意が必要です。

(3)急性胃炎

急性胃炎になった場合にも、空腹時に痛みを感じる場合があります。症状としては同時に急な腹痛なども起こります。

2)お腹がすくと胃が痛い3つの症状

(1)胃酸過多症

症状としては空腹のときに胃酸が分泌してしまうと、胃痛打もたれ、胸やけ、違和感、吐気といた症状が現れます。その他にゲップが頻繁に発生する事もあります。

胃酸の臭いが逆流してしまい、口臭が悪化するという事も挙げられます。当然、胃にも大きな負担をかける事になりますので、他の居のトラブルが発生しやすい状態になってしまいます。

(2)十二指腸潰瘍

食事を行うと痛みが治まり、空腹時にだけ痛みを感じるという場合に考えられます。みぞおちの部分に痛みを感じるのが特徴です。

特に夜の間に痛みを感じやすいというのが特徴です。むねやけ、吐気、胃の不快感などがあります。悪化すると吐血や下血が現れます。

(3)急性胃炎

症状としては、いきなりの腹痛、吐気、嘔吐、吐血、食欲不振などが挙げられますが、個人差があり出血を伴う場合はかなり症状が進行している状態です。基本的には違和感や吐き気などが初期症状として現れます。

3)お腹がすくとひどく胃が痛い場合に考えられる3つの病気

(1)胃酸過多症

通常は食事をして、胃に物が入ることで胃酸が発生しますが胃酸過多症の人には胃に食物がなくても胃酸が分泌されてしまうという場合があります。

(2)十二指腸潰瘍

十二指腸にある粘膜がただれてしまうという病気になります。空腹時や夜間に痛みを感じるという事が特徴になりますが、痛みを感じないまま進行してしまう場合もあるので注意が必要です。

(3)急性胃炎

原因は様々ですが、空腹時に痛みが強くなるのは患部に直接胃液が刺激を与えてしまうという事が考えられます。

Closeup on thoughtful medical doctor woman in office

4)お腹がすくと胃が痛い症状へ自宅でできる3つの対処方法

(1)空腹時を作らない

空腹になると痛みが現れるという症状がありますので、成るべく空腹の時間を作らないようにします。そうすることで胃酸が直接、患部を刺激するという事を防ぎます。

食事の時間を定期的にしておき、空腹の時間を短くすることで症状が寛和します。

(2)間食

どうしても食事の時間が不規則になってしまうという人に関しては、牛乳などを間食として飲むと良いでしょう。牛乳には胃を保護してくれる役割があります。

注意点としては冷たい牛乳を一気に飲むと刺激が強くなってしまう為、ゆっくりと飲むか少し温めた状態でゆっくりと飲むのが良いでしょう。

(3)食事の量

満腹の状態まで食事を行うと、胃酸の分泌が過剰になります。一度に食べる量を腹八分目程度にしておきます。

それでもお腹がすいてしまうという場合には間食を行って足りない部分を補い、空腹時間を短くするように工夫しましょう。

(4)食事の種類

野菜中心の食事に変えて、負担を負った胃壁の修復に努めるという事も大切です。

その際に必要な栄養素はパセリや青じそ、人参、パプリカに多く含まれる“ビタミンA”やピーマン、キャベツ、ジャガイモ、ホウレンソウに多く含まれる“ビタミンC”になります。

気その他にも、大根、カブ、カリフラワーなどもお勧めですが、揚げ物など胃に負担のかかる食事は控えましょう。

5)お腹がすくと胃が痛い症状への6つの検査方法

(1)問診・触診・血液検査

通常の病気と同じで、どのような状況で症状が起こるのかという事や血液検査で異常がないかなどを調べます。血液検査で貧血の症状があれば、どこかで出血をしている可能性も考えられます。

(2)超音波検査

超音波検査は比較的簡単に行える検査ですが、膵臓の病気であったり、胆石、虫垂炎など他の病気と区別をする事ができます。

(3)バリウム検査

バリウムを飲んでレントゲン写真を撮る検査になります。潰瘍の部分にバリウムが入り込み、胃や十二指腸の内壁から突き出たように映るためにどこに潰瘍があるのかという事を確認することが出来ます。

(4)内視鏡検査

細い小型カメラが付いた内視鏡を口や鼻から入れて、モニターで胃や十二指腸の症状を確認する検査になります。

潰瘍の進行度や深さの診断、他の病気と区別が出来ます。同時に検査のために組織を採取、出血を止めるための処置を行う事もあります。

(5)ピロリ菌検査

胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療法を決める為に欠かせない検査となりますが、方法は、内視鏡検査の時に胃粘膜組織を採取して調べる方法。もう一つは血液、尿、便、域からピロリ菌に関係した物質があるかを調べます。

(6)生検

内視鏡検査の時に潰瘍部の組織を採取して調べる検査です。

採取する組織の大きさは1mm角ほどで痛みはありません。この検査によって病変が胃潰瘍か胃がんかを区別することができます。

Male medicine doctor hand holding stethoscope head

6)お腹がすくと胃が痛い症状への3つの治療方法

(1)胃酸過多

薬の服用といのが一般的で、病院へ行って診察を受けて薬を処方してもらいます。しかし、生活習慣や食生活の改善を行わなければ、再発してしまう恐れがある為、胃酸が過剰に分泌される刺激物は控えます。

(2)十二指腸潰瘍

症状により治療法は異なりますが、出血がある場合には止血材を使用したりレーザー治療で血管を焼いたりするといった治療法になります。

それよりも状況が酷い場合には手術を行う場合もあります。出血がない場合には、薬を使用して治療を行います。

(3)急性胃炎

基本的に薬での治療になります。出血を伴う場合には、止血を行いますが痛みが激しくなる為出血の前に診察を受ける人が殆どです。

7)お腹がすくと胃が痛い症状を未然に予防する3つのポイント

(1)食生活

胃酸過多の場合、刺激物は摂取を控えます。カルシウムやマグネシウムなどの栄養素をなるべく摂取する事で、胃酸の分泌をコントロールできるようになります。

(2)ストレス

胃酸過多のではストレスというのも多く影響をしてきます。上手く発散する方法を考えなければいけないため、自律神経が乱れないようにストレス発散をしましょう。

(3)生活習慣

急性胃炎の場合には生活習慣が多く関与しています。煙草や飲酒、暴飲暴食は控えて胃に負担ンがかからないようにして再発をするのを防ぎます。






今回のまとめ

1)空腹時に胃が痛む原因については3つの病気の可能性がある。

2)お腹がすくときに自宅でできる改善方法は3つのポイントがある。

3)未然に予防するポイントは3つある。