ストレッチをしている女性

グーグー、ゴロゴロなどの音がお腹から聞こえることがあります。これを腹鳴と言います。なぜお腹が鳴るのでしょうか。

今回はお腹がならない方法をご紹介するとともに、お腹がなる原因・症状・予防方法についてもお伝えをします。






お腹がならない方法3選!食事法・予防方法とは


1)お腹がなる2つのメカニズム

(1)ガスが溜まる

食べ物と一緒に空気を取り入れてしまっています。一部はゲップとして出ます。しかしそれが腸内にたまるときにお腹が鳴ります。

(2)空腹感

また空腹を感じるとお腹が鳴ります。これは、胃が収縮運動を行い食物と一緒に空気を胃の出口に送り込む時に狭いところを通過するときになります。

2)お腹がなる2つの原因

(1)血糖値が下がる

空腹時にお腹が鳴るのは、血糖値の低下が関係していると言われています。お腹がすいた状態は血糖値が下がり、胃に食物が入る準備を行います。

それは、食物を飲み込む準備として胃に残った食物を十二指腸に送り出します。その時の胃の収縮運動によって胃の出口の狭い部分を空気が通る時に音が出ます。

(2)早食い・ストレス

その上飲み込む空気の量が多いとよりお腹がなりやすくなります。どのような人が空気を多く飲み込むのでしょうか。

早食いでも空気を飲み込む量は増えます。またストレスを感じやすい人は、無意識に空気を飲み込む量が増える傾向があります。多くの空気を飲み込む症状を呑気症といいます。

3)3つのお腹がならない方法

お腹が鳴る要因であるガスがたまらないようにします。次のようなことをするとよりお腹にガスがたまり難くなります。

(1)早食い・がぶ飲みしない

組み込む空気の量が増えます。

(2)食後すぐに横にならない

食後すぐに横になると胃の中の食物による胃の入口がふさがれゲップが出にくくなりガスがたまりやすくなります。

(3)ゲップ・おならを我慢しない

我慢したゲップやおならはガスをとなってたまります。

医者の診断を助ける女性患者

4)お腹がならない方法!2つの食事のポイント

お腹の中にガスをためないような食事方法にします。

(1)自分にあった食物繊維を取ります

特定の商品の食物繊維をとるとガスがたまりやすくなるときがあります。自分の体に相性がいい食物繊維を取るようにします。

(2)ビフィズス菌などの善玉菌を取ります

悪玉菌が増えるとガスも多く出てきます。善玉菌を増やして腸内環境を改善すればお腹にたまるガスが減ります。

5)お腹がなった場合の対処法

できれば食事を取ります。血糖値を上げる必要があります。甘い飴をなめたり、牛乳やジュースを飲み血糖値が上昇すればある程度お腹の鳴りは抑えることができます。

ただし、そのまま何も取らずにいると必要以上に胃酸が分泌されて胃壁を傷つけてしまうこともあります。

6)お腹がならない為にできる3つの予防ポイント

お腹のなる要因となるお腹のガス対策が必要です。

(1)ガスを入れない

暴飲暴食、早食いをすることによって口から多く空気を飲み込みんでしまいます。不安が強くストレスを感じる人は、空気をたくさん飲み込むことがあります。

休息をとりストレスをためないことが必要です。また冷え性で胃腸が弱い人はお腹の冷えることによって腸の動きが鈍くなりガスがたまりやすくなります。

(2)ガスを貯めない

大腸内にたまった便はガスの発生減となります。便秘の期間が長いほど便に滞留する時間も長くなりより多くのガスが発生します。

自分にあった食物繊維を取ると共に善玉菌も取り、腸内環境を改善します。

(3)ガスを出す

我慢することによってお腹がはり、腸の動きが鈍くなります。するとますますガスがたまります。うまく出せないときは、ヨガをやることによって改善するときもあります。






今回のまとめ

1)お腹がなる2つのメカニズム

2)お腹がなる原因

3)お腹がならない方法

4)お腹がならない方法!2つの食事のポイント

5)お腹がなった場合の対処法

6)お腹がならない為にできる3つの予防ポイント