パソコンを使う医者

お腹にガスがたまっていると、不快でとても辛いです。長い期間、お腹にガスをためていると大きな病気の原因にもなります。

もしくは、なんらかの病気の前兆かもしれません。今回は、お腹にガスがたまる原因とその解消法をご紹介します。






お腹にガスがたまる10大原因!4つの解消法とは


1)お腹にガスがたまる代表的な5つの症状

お腹のガスは2種類からなります。ひとつは食事と一緒に入ってくる空気、もうひとつは腸内で食物が分解するときに発生するガスです。

通常は、健康な人でコップ一杯程度のガスがあるといわれています。しかし、なんらかの原因で必要以上にガスが腸内にたまってしまいます。

(1)お腹が張る

(2)ぽっこりおなか

(3)おならが出やすい

(4)圧迫感

(5)腹痛

2)お腹にガスがたまる10大原因

(1)座っている時間が長い

腸を圧迫し、機能の低下を引き起こします。

(2)身体を締め付けているストッキングやガードルを履いている

お腹を締め付ける服装は腸の血行を妨げます。腸のぜん動を鈍くなってしまいガスが溜まりやすくなります。

(3)おならを我慢することが多い

健康な人のおならの1日の平均回数は15回前後のようです。我慢しすぎると、腸に負担をかけて機能が低下します。

(4)便秘になっている

腸内に老廃物が蓄積している状態です。いつまでも留まっていると腸の機能の低下に繋がります。

(5)炭酸飲料やビールを飲むことが多い

炭酸水に含まれているガスは二酸化炭素です。通常はゲップなどで抜けますが、飲みすぎると全て出し切れないまま

お腹にたまってしまいます。また、冷たい飲み物は腸を冷やし機能を低下させます。

(6)食事のときに、多くの空気を飲み込んでいる

早食いの人は、飲み込む空気の量が多くなります。必要以上の空気を腸に運ぶためたまりやすくなります。

(7)腸内に悪玉菌が増えている

悪玉菌のエサになる食品は肉類や甘いものなど高たんぱくで高カロリーなものです。偏った食事を続けていくと、大きな病気にもつながります。

(8)ストレスをためている

ストレスは腸の動きを鈍くして便秘の原因などにもなります。自律神経が乱れ、腸に悪玉菌も増えやすくなり、呼吸も乱れたくさん空気を吸ってしまいます。

(9)運動不足

腸のぜん動が弱くなると、ガスや便が排出されにくくなります。特に女性や高齢になると弱くなってきます。

(10)睡眠不足

睡眠が不足すると、自律神経が乱れその影響で腸の動きも低下します。

3)お腹のガスだまりを判断!6つのチェック項目

(1)グルグル、ゴロゴロとお腹がなる

(2)下腹がぽっこりと出ている

(3)便秘や下痢を繰り返している

(4)腹痛がよく起きる

(5)お腹の圧迫感、張りを感じることが多い

(6)お腹が重い

Doctor analyzing problem of her patient

4)お腹のガスだまりの初期・中期・末期症状

(1)初期

・おなかがぽっこり出てくる

・お腹の張り

・膨満感

(2)中期

・おならの回数が増える

・腹痛

・お腹の圧迫感がある

・お腹が重い

(3)末期

・排便が少なくなる

・みぞおちが痛む

・吐血、下血などがある

・発熱

・腰痛

・嘔吐

・食欲不振

ガスだまりの末期症状は以下の病気の可能性があります。呑気症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腸閉塞、過敏性腸症候群、大腸憩室炎、腸粘膜の炎症、大腸がんなど。

症状が続くようなら、早めに病院へ受診しましょう。

5)お腹にたまったガスを抜く3つの運動方法

(1)マッサージ

時計まわりにお腹をゆっくり押しマッサージします。

順番は、

・右の骨盤上部

・右肋骨の下

・左肋骨の下

・左の骨盤上部

・丹田です。

押すときは、ゆっくりと息を吐き、腹式呼吸を行いながら押していきます。

(2)ガス抜きのポーズ

仰向けになって、息を吸いながら両腕で両膝を抱えます。息をゆっくり吐きながら、その両膝をさらに胸に引き寄せます。

身体を小さく丸めます。これを何回か繰り返します。

(3)足をバタバタさせる

うつ伏せになり、額を手や枕などに乗せ、かかとでお尻をたたくようにバタバタさせます。数分バタつかせます。腸が刺激され、ガスが抜けていきます。

6)お腹にたまったガスを抜く3つの食事方法

具体的な食材名、1日の摂取目安量、効果的な食べ方、期待できる効果とは。

ガスが発生しやすい食べ物は、豆類、キャベツ、ブロッコリー、カブ、大根、小松菜などのアブラナ科の野菜、

果物、乳製品、炭水化物、肉類です。

しかし生きていくうえでは、大切な要素が含まれているので、これらをまったくとらないわけにもいきません。

(1)善玉菌を増やす発酵食品を摂取する

発酵食品はヨーグルト、チーズ、ザワークラウト、ピクルス、キムチ、漬物、納豆、ぬか漬け、米酢など。

(2)水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく食べる

水溶性食物繊維は、海藻類、ごぼう、納豆、こんにゃく、オクラ、いちご、いちじくなど。不溶性食物繊維は、レタス、キャベツ、たまねぎ、きのこ類、豆類、切干大根、アーモンド、バナナなど。

摂取するバランスは水溶性:不溶性=1:2が良いとされています。

(3)肉類、ファストフード、甘いもの、化学調味料、食品添加物は控えめにする

7)お腹にたまったガスを抜くその他の3つの方法

(1)お風呂で身体を温める

(2)カイロでお腹を温める

(3)薬やサプリメントを服用する

Closeup on thoughtful medical doctor woman in office

8)お腹にガスがたまる症状が気になる場合の10つの検査方法

(1)問診

(2)触診

(3)採血検査

(4)尿検査

(5)便検査

(6)腹部のレントゲン検査

(7)腹部の超音波の検査

(8)胃内視鏡検査(胃カメラ)

(9)大腸内視鏡検査

(10)大腸CT検査

病状が軽い場合は、検査も費用も少なくてすみます。大腸内視鏡検査を行う場合は、大腸をきれいに洗浄する前処置が必要です。

大きくは自宅でご自身で洗浄する場合、病院で洗浄する場合の2種類です。

自宅洗浄の場合は、検査の前日に下剤を飲み、当日の朝、水2リットルを飲んで排便します。(病院によって多少の違いがあります)

その後、病院で検査を受けます。病院で洗浄する場合は、検査当日に洗浄水を飲み数時間で排便します。排便に要する時間は人によって

多少の時間の違いがあります。その後、検査になります。

検査の所要時間は15分前後です。治療を行う場合は30分以上かかる場合があります。腸の診察を受ける場合の検査費用は保険適用で5、000円~30、000円程です。

大腸CT検査は、大腸内視鏡検査と違い大量の下剤を飲んで排便する必要はありません。前日に検査食を食べて下剤を飲みます。

検査の所要時間はおおよそ15分前後で終わります。ただし、腫瘍などが見つかっても治療はできないので、後日大腸内視鏡検査を行わなければなりません。

腸の診察を受ける場合の検査費用は保険適用で5、000~8、000円前後です。

9)お腹にガスがたまる症状が気になる場合の2つの治療方法

まず内科や消化器内科を受診します。ストレスからなる場合は、心療内科へ受診します。

(1)薬

整腸剤、腹痛を抑える、下痢止、便秘、腸内のぜんどう動運動を改善する薬などが症状に合わせて処方されます。

(2)手術

診察の結果、ポリープ、腸閉塞、大腸憩室炎、腸粘膜の炎症、大腸がんが見つかった場合は手術になることがあります。

10)お腹にガスがたまる症状を未然に予防する8つの習慣

(1)食事はゆっくりとよく噛んで食べる

(2)炭酸飲料やビールなど飲みすぎない

(3)バランス良く食品を摂取する

(4)腸内環境を整える

(5)身体を冷やさない

(6)お腹まわりを締め付ける服を着ない

(7)適度な運動を心がける

(8)自分に合ったストレス解消法を見つける






今回のまとめ

1)早食いをしない

2)善玉菌を増やし腸内環境を整える

3)過度な炭酸飲料やビールを控える

4)おならやトイレを我慢しない

5)適度に休憩を入れて、長時間同じ姿勢でいない

6)腹筋などで、お腹のぜん動運動を刺激する

7)大きな病気の前兆の可能性もあるので放っておかず、早めに受診する