おへそを抑える女性

おへその周りが痛いなんて経験をしたことはありませんか。実際、痛いことでどのような心配が必要になるのかは中々見当が付きにくいかもしれません。重大な病気が起きてしまうのかと不安が過ります。

今回はおへその周りが痛い場合の原因や対処法をお伝えします。






おへその周りが痛い3大原因!病気の可能性と治療法


1)おへその周りが痛い場合の症状とは

(1) 上部が痛い

胃腸や内臓系の異常が心配されます。内側から押されるような激痛を感じた場合は一層注意が必要になります。

(2) 下部が痛い

腸の異常を表している危険性があります。特に大腸に注意が必要です。

2)おへその周りが痛い3大原因とは

(1) 過敏性症候群

いわゆるストレスです。緊張などで脳の動きが活発になると腸に影響が及びます。その結果としておへそ周辺にも不調や痛みを感じることになります。

(2) 食生活

食事と胃や腸は密接に関係しています。例えば、コーヒーや牛乳などで腹部に異常がもたらされ結果としておへそに不調を伴ってしまうことがあります。同様に高カロリー摂取や早食いも同じように該当します。

(3) ウイルス感染

とりわけ危険な原因として位置づけられます。急に違和感を得たり、思い当たる節が無かったりする場合にはウイルス感染の可能性があります。おへそ周りが痛いだけでは無く、嘔吐やめまいなどの別の症状も見られます。

3)おへその周りが痛い場合に考えられる3つの病気

(1) 腸炎

腸に炎症が起きた状態で、おへそや下腹部に差し込まれたような鈍痛が生じます。お腹の痛み、緩い便が出る症状も同時に起こる可能性があります。

サルモネラ菌などの食中毒の菌類が原因とされています。

(2) 腸閉塞

キリキリとした激痛と共に嘔吐が伴った際に腸閉塞の可能性があります。腸の管がふさがってしまった状態で、その途端に突然激痛が起き、収まっても直ぐに繰り返します。

おへそとその周りも張り続けます。食べ物や消火液が詰まることや便秘が原因とされています。

(3) 胆石症

消化液の一種である胆汁が固まった石のようなもので、これができることで胆石症が起きます。肋骨の下や背中に差し込むような痛みを感じます。

それ以外にもおへその周囲、みぞおち、肩甲骨、腰などあらゆる部位に痛みを感じます。さらに痛みも鈍いものもあれば、鋭いものもあり、腹痛と共に高熱がでる可能性もあります。

Closeup on medical doctor woman explaining something

4) おへその周りが痛い場合への3つの対処方法

(1) 下腹部を温める

消化不良時には有効とされ、カイロや温かいペットボトルがあればあてて、冷えないようにします。または、反時計回りでゆっくりとさすり、腸の動きを抑えることも有効です。それにより温める効果もあります。

(2) 水分補給

腹痛、水様便、下痢の際には脱水症状を防止させるために、大量の水分を取りましょう。その際には水かスポーツドリンクが勧められます。

同時に下痢止めを飲むことは避けましょう。細菌やウイルスを体外に出す役割を阻害させないため、辛いですが嘔吐や下痢を止めない方が回復は早くなるのです。

(3) 身体をリラックスした状態にさせる

症状が起きた場面や状況にもよりますが、一先ず身体を落ち着かせることが必要です。可能であれば、ベルトを緩めたり、ズボンを脱いだりしたゆとりを持たせます。

椅子に座るか横になるかになり、腹部を落ち着かせる必要があります。

5)症状が続く場合すべき検査方法とは

(1) 画像検査

主に腹部や胃などに症状が見られる可能性が高く、胃カメラやスキャンが挙げられます。医師の問診を受けた後、程度によっては非常に有効です。

(2) 血液検査

腹部や胃のみならず、あらゆる原因を考えそのもとで探ることが出来ます。詳しく探ることで解決策も見つけられる可能性が高いです。

Doctors and nurses discussing together

6)症状が続く場合にすべき治療方法とは

(1) 抗生物質を含む点滴治療

下痢などを伴う場合は有効です。点滴は水分や栄養も摂取することが出来るため、あまりにひどい場合には病院で身体を休めましょう。

(2) 投薬治療

入院をせずにでも良い場合は投薬治療が挙げられます。その他に処方している薬があればその旨を伝えて、副作用が出ないようにします。胃や内臓系を安定させることが出来ます。

(3) 手術

摘出手術というほど大げさではありませんが、腸が原因とされた場合は鼻からチューブを入れ溜まった物質を抜き取る手法があります。しかし腫瘍が見られる場合は、手術を行い、原因物質を取り除きます。

7)おへその周りが痛い症状へ日常からできる3つの予防習慣

(1) ストレスの除去

日々の生活の中で、ストレスを溜めない事、除去することはとても難しいです。しかし、胃や腸に影響を与えないことが一番の近道です。心の拠り所ともなりうる環境を自分で整えることが大切です。

(2) 食生活の見直し

医師の判断が無くても、食生活が問われる部分が多く見られます。暴飲暴食、塩分の過剰摂取は身体に大きな悪影響があります。出来る限り抑える気持ちを持ちましょう。

(3) 早期診察

その場で起きた場合の対処とは違いますが、1日・2日と体内で異変を感じたらすぐに診察を受けましょう。早すぎることはありませんし、おへその周りはあらゆる臓器や体内が症状の可能性として挙げられるからです。






今回のまとめ

1)おへその周りが痛い場合の症状とは

2)おへその周りが痛い3大原因とは

3)おへその周りが痛い場合に考えられる4つの病気

4) おへその周りが痛い場合への3つの対処方法

5)症状が続く場合すべき検査方法とは

6)症状が続く場合にすべき治療方法とは

7)おへその周りが痛い症状へ日常からできる3つの予防習慣