お腹の不調で悩む女性

みなさん、人は排泄をしなければならないことはご存知と思います。しかし、排泄物の状態によって健康状態がわかり検査にも使われております。尿を観察することは健康状態のチェックに欠かせないと言ってもよいでしょう。今回は尿が泡立つ原因・症状・病気の可能性・治療方法をお伝えします。






尿が泡立つ5大原因!病気の可能性と対処方法とは


1) 尿が泡立つ5つの種類と症状の違い

尿が泡立つことは、身体の内部のサインでもあります。尿が泡立つことの種類や症状の違いをご紹介します。

(1) 蛋白尿

尿の中に蛋白が漏れ混ざることにより粘り気が出ることで泡立つことがあります。持続的に続くようでしたら受診し検査することをお勧めします。

(2) 糖尿

尿の中に糖が混じることによって泡立つことがあります。糖尿予備軍でも泡立つことがありますので、泡立ちが続いたり気になるようでしたら受診し検査をすることをお勧めします。

(3)排泄時の勢い

水分の取りすぎや膀胱に尿が溜まっていて排泄した際、勢いがあると泡立つことがあります。泡立ちますが問題視されることはないので、数分で泡が消えるようでしたら正常です。

(4)朝の排泄時

起床時にトイレに行った際に泡立つことがあると思いますが、睡眠中に体内の水分が抜けることにより黄色く濃くなり泡立ちが見られることがあります。正常でありますが、水分補給しても泡立ちが日中でも見られるようなら注意が必要です。

(5)薬の作用

持病などで、複数の薬を飲んでいたりしている方は排尿時に泡立つことがあります。薬の作用と薬の成分が排出され起きるものですので、気になるようでしたら医師と相談することをお勧めします。

2) 尿が泡立つ5大原因とは

尿が泡立つことで悩んでる方もいらっしゃると思います。注意が必要なものや問題ではないものもあります。ですが、尿が泡立つことには原因がありますので、考えられる原因をご紹介します。

(1)飲酒

多量に飲酒することによってアルコールの分解処理が追い付かずに

(2)水分不足

体内の水分が不足することによって尿が泡立つことがあります。激しい運動をした後や暑い日の外出で汗をかいた時などに見られます。

(3)肝機能低下

肝機能が低下することによって、タンパク質を分解処理が追い付かなくなることで尿が泡立つことがあります。肝臓の機能が原因としてあげられますので、定期健診で注意されている方や悩んでいる方は受診し医師と相談しましょう。

(3)腎臓機能低下

腎臓は老廃物を尿にしたり血液を浄化する臓器ですが、腎臓の機能が低下すると尿蛋白が混じりますので早期受診や検査をお勧めします。

(4)ストレス

過度なストレスによって、内臓の機能が低下し尿が泡立つということが見られます。肝機能や腎機能の原因にもつながります。

(5)病的原因

内臓や血液の病気などが原因で、尿が泡立つことがあります。泡立つということは、病気のサインであるので早期受診をお勧めします。

Women are receiving medical attention

3) 尿が泡立つ症状への対処方法とは

病的原因や問題のないものをご紹介したと思いますが、尿が泡立つと気分もよくないですし不安になりますよね。そこで、受診前などにできる対処法をご紹介したいと思います。それでも、尿が泡立つようでしたら受診をお勧めします。

(1) 水分補給

起床時は濃い色や泡立ちはしかたがないですが、体内の水分が不足しているので水分補給をして様子をみましょう。次の排尿時に無色から薄い黄色で泡立ちも数分で消えるようでしたら安心してください。また、日中こまめに水分をとることも対処法の1つです。

(2) 乾燥を防ぐ

乾燥しやすい季節や乾燥肌の方は体内の水分が抜けやすく尿の泡立ちも見られます。まずできることは、部屋の湿度を保つことや肌の保湿でクリームを塗るなどしてみましょう。

(3) 尿意を我慢しない

尿意を我慢し膀胱に尿が溜まり排尿した時に、尿流によって泡立つことがありますので尿意を感じたらトイレに行くようにしましょう。また我慢することで膀胱の病気の原因にもなりますので気を付けましょう。

(4) 休息

日々の学業や仕事で疲れることが多々あると思いますが、ストレスが原因でもある為、精神も身体も休ませるようにしましょう。

(5) 生活の見直し

規則正しく、生活リズムを整えましょう。睡眠不足も尿が泡立つ原因にもなりますので、夜更かしをしたりしないよう気を付けましょう。

(6) 専門家へ受診

上記でもご紹介しましたが、病気が原因であることがあります。数日経っても尿の泡立ちが続いたり気になるようでしたら、受診し検査を受けましょう。

4) 尿が泡立つ症状が続く場合に考えられる5つの病気

上記で尿が泡立つ種類や対処法などご紹介しましたが、尿の泡立ちは病気の前兆や症状でもあります。悩んでいる方や不安に思っている方へ、尿が泡立つことで可能性のある病気をご紹介します。

(1) 糖尿病

病的に血糖値が上昇し、神経障害や意識障害など数々の合併症を引き起こしていく現代病です。初期症状などにトイレの回数が増えたり、尿量が多くなると共に尿の泡立ちといった症状などがあります。

(2) 急性腎炎

腎臓が細菌感染したことにより炎症してしまう病気です。尿蛋白による尿の泡立ちや血尿や浮腫みといった症状が出ます。細菌性のものや遺伝的なものもある為、症状や異変に気付いたら早期受診することをお勧めします。

(3) 肝炎

「ウィルス、アルコール、薬物」と原因は様々ですが、肝臓が炎症を起こし細胞が壊れていく病気です。多量飲酒が続くと肝臓の修復が追い付かず細胞が徐々に壊れていきます。ウィルスに感染し肝臓が炎症を起こします。B型とC型肝炎があります。薬物による肝炎は多量飲酒と同じように、薬を服薬すると肝臓に負担がかかります。多く飲んでいる方や多量服薬で肝炎になります。倦怠感や黄疸、尿の泡立ちも症状として見られます。

(4) ネフローゼ症候群

腎炎を併発していることもありますが、尿蛋白がでることにより血中の蛋白濃度が下がり、尿の泡立ちや浮腫みが出る疾患です。子供に多く見られますが成人の方にも見られることがあります。そして、まだ原因が特定されていないこともある疾患です。

(5) 悪性腫瘍

尿の泡立ちやその他の症状から検査をした時に癌が見つかることがあります。癌の部位によって致死率は違いますが、命に関わることもあります。そして抗がん剤などの薬剤でも尿が泡立つことがあります。

5) 症状が続く場合にすべき6つの検査方法

尿が泡立つ症状の病気の1部をご紹介しましたが、受診した際にどのような検査が行われるのか不安になりますよね。そこで、病気に沿った行われる検査をご紹介します。

(1) 心理検査

心療内科や精神科などで行われる検査です。IQテストやロールシャッハというインクを垂らした画像を見せ、染みの部分が何に見えるなど指摘していく検査です。その時時間を計り、表情なども見られ、性格診断や病気の傾向などを診断することがあります。専門の臨床心理士が行い、結果を医師に説明します。心療内科や精神科に受診することをお勧めします。

(2) 尿検査

健康診断などでも行う検査です。検尿することにより、尿蛋白や尿糖や血尿など数々の病気の兆候があるかないかを調べることができる検査です。状態によっては起床時の尿を検査する方法が行われることもあります。泌尿器科でも行われますが総合病院をお勧めします。

(3) 血液検査

腎臓や肝臓の機能を調べたりその他全体内の状態、血糖値などが数値としてわかる検査です。空腹時の血液を採取し検査をします。泌尿器科でも行われますが、総合病院をお勧めします。

(4) エコー検査

腹部に超音波の検査機械を当ててモニターにて臓器の状態を見る検査です。腎臓の状態、肝臓では「肝炎、肝硬変、肝臓がん」なども映ります。定期的な検診でもあります。泌尿器科でも行われますが総合病院へ受診することをお勧めします。

(5) 腎生検

腎臓の細胞を採取し検査する方法です。腎臓病などがわかります。太い針を刺すので強い痛みの出る検査です。総合病院へ受診をお勧めします。

(6) 肝生検

肝臓に太い針を刺して、肝臓の細胞を採取し調べる検査方法です。精密な検査で、肝硬変や肝炎など見ることができます。太い針を刺すので激痛走ります。総合病院へ受診することをお勧めします。

Doctors have a discussion

6) 症状が続く場合にすべき5つの治療方法

(1) 薬物療法

薬が処方され、決められた量を服薬し様子みる療法です。その症状や病気に合わせた薬が処方されるので、しっかりと服薬して副作用が出た場合はすぐに受診し医師と相談しましょう。

(2) 食事療法

規則正しくバランスの取れた食事を取る療法ですが、肝臓疾患や腎臓病の方はタンパク質や塩分制限され薄い食事を取るようになりますが、食事にて進行を抑えていく療法です。医師や管理栄養士と組み食事メニューなどを作ることもあります。

(3) 認知行動療法

精神的な分野で広く使われている療法です。考え方に重点を置き、もののとらえ方から生まれる考えそして行動。その中の考え方を変えていく療法です。

(4) 透析療法

腎臓疾患が進行した際に行われる療法ですが、定期的に行うようになる為辛い思いをします。腎臓に変わり透析機により血液をろ過をして浄化された血液を体に戻すという療法です。長時間ベット上にて行う為精神的苦痛が生じます。

(5) 手術

悪性腫瘍が見つかり、早期や切除できると医師が判断した場合に行われます。癌の部位によって様々な術式がありますが、医師や家族と相談し決めましょう。

7) 尿が泡立つ症状へ日常からできる予防習慣とは

日常生活の改善から病気を事前に防ぐことができ予防はできます。上記に沿った予防法をご紹介します。

(1) 水分摂取

こまめに水分を補給するようにしましょう。水分制限がある方は、一日に決められた量の中で補給するようにして、水分不足にならないよう心がけましょう。

(2) 飲酒

多量飲酒も尿が泡立つ原因ですので、多量飲酒は控えましょう。一日2缶と本数を決めたり休肝日を作るなどして美味しいお酒を楽しみましょう。

(3) 食事

規則正しく、バランスの取れた食事を心がけましょう。また塩分やたんぱく質を少なめにすることも予防になります。

(4) ストレス発散

なかなか時間を作ることはできない現代ですが、休日に自分の趣味に時間を作るなどしてリフレッシュしましょう。

(5)加湿

家の中や部屋などに加湿器を置くなどして乾燥を防ぎ湿度を保つようにしましょう。乾燥を防ぐことも予防の1つです。

(5) 定期健診

定期的に健康診断や人間ドックに通うなどして、身体の状態を把握し医師のアドバイスを元に生活していくことも予防法の一つであります。






今回のまとめ

1)尿が泡立つ5つの種類と症状の違い

2)尿が泡立つ5大原因とは

3)尿が泡立つ症状への対処方法とは

4)尿が泡立つ症状が続く場合に考えられる5つの病気

5)症状が続く場合にすべき6つの検査方法

6)症状が続く場合にすべき5つの治療方法

7)尿が泡立つ症状へ日常からできる予防習慣とは