資料に記入を行う医者

普段みぞおちに違和感を感じたり触ってみたらしこりのようなものができていることってありませんか。特に気にしないという方も、実は放っておくと病気の可能性なども考えられます。

今回は、みぞおちのしこりの原因・病気の可能性・症状や対処方法についてご紹介します。






みぞおちのしこりの5大原因!病気の可能性とは


1) みぞおちのしこりの6つの代表的症状

(1) 痛み

触るといたく響いたり、空腹時に痛みを感じたりすることがあります。

(2) 骨「軟骨」

剣状突起という骨ではなく軟骨があります。触って気にすることがありますが、人間にはある部位です。痩せた体型の方は目立つこともあります。

(3) 吐き気

食べたり食べてなくても吐き気がでることがあります。

(4) 嘔吐

吐き気がひどくなり突然嘔吐してしまったり、嘔吐を頻繁に繰り返すことがあります。

(5) 全身倦怠感

身体が重い、怠いなど体に重みを感じることがあります。

(6) 黄疸

身体が黄色く見えたり、わかりやすいのは白目の部分は黄色くなることがあります。

2) みぞおちのしこりの5大原因

(1) 触りすぎ

気にして触りすぎることによって痛みなど出てくることがあります。柔らかい部位でもありますのでダメージを受けやすいです。

(2) 多量飲酒

多量飲酒は胃や肝臓に負担をかけます。それによってしこりに痛みを感じることがあります。

(3) ストレス

ストレスがたまり過ぎて、食欲不振や吐き気や嘔吐などにつながることがあります。

(4) 良性腫瘍

剣状突起の部位に良性腫瘍ができた場合に普段より違うなど違和感を感じることがあります。しかし良性か悪性かは検査をしないとわからないので検査を受けましょう。

(5) 病気

臓器系の病気によって、痛みや違和感を覚えることがあります。「心臓疾患、胃腸疾患、肝臓」などの病気が原因であることが報告されたりしています。

Doctor and surgeon reading notes

3) みぞおちのしこりで考えられる5つの病気

(1) 逆流性食道炎

胃酸なども含まれますが、他の臓器から消化液として分泌される胃液が食道に逆流してしまい食道を傷つけ炎症を起こします。

食道と胃の入り口には弁があり、普段は逆流しないよう調節されていますが、胃の機能低下などにより、弁が働かなくなり胃液などが逆流してしまい発症します。

(2) 胃酸過多

食事をすると、胃酸が分泌され消化され消化物が腸へと運ばれる仕組みになっていますが、その胃酸が過剰に分泌されることによって引き起こされます。

気持ち悪くなり、胃酸が喉まで上がってきたり嘔吐したりすることがあります。また、胃の粘膜を傷つけ他の病気に発展することもある病気です。

(3)胃潰瘍

胃の粘膜が深く傷つき、穴が開いてしまう病気です。胃酸過多が原因であったり、生活習慣「タバコ 飲酒 食べ過ぎ」その他ストレスでも起こると言われ増えている病気です。

痛みや吐き気や嘔吐などありますが、進行すると吐血をしたりする危険な病気でもあります。そこから重大な病気へと進展することもあります。

(3) 胃がん

胃に悪性腫瘍「癌」が胃の粘膜にできてしまう病気です。初期の段階では気づかないことが多く、症状で吐き気や痛みなど起きても、市販薬で抑えてしまったり、病院に受診しなかったりなどして、会社の健康診断などで発見されることなどがあります。

重度になると、吐血などあり救急搬送されることがあります。

(4) 肝臓がん

肝臓にできる悪性腫瘍「癌」です。転移してできた癌や肝臓にできた癌などがあります。肝硬変から肝臓がんになるケースもあります。

みぞおちのしこりは肝臓がんが原因のことがあります。気づいたら、早期検査が大事です。

(5) 骨肉腫

骨にできる悪性腫瘍「癌」です。関節から腫瘍がでることがありますが、稀ですが全身にできることがあります。その中にも、みぞおちのしこりは含まれます。10代~20代と若く発病するケースが多いです。

4)みぞおちのしこりが続く場合への5つの対処方法

(1) 市販薬

上記の嘔吐や胃部不快感などや痛みがある場合に一時的な対処法として市販薬で胃腸薬や吐き気止め、痛み止めなどを服用しましょう。

受診前や時間がない方は服用して様子をみましょう。しかし一時的な対処法ですので、必ず受診をして検査をしましょう。

(2) 安静

身体が重いなどの他上記の症状などがあり辛い場合は、学校や仕事を状態説明し休みましょう。症状が少し落ち着くまで安静にして、落ち着いてきたら受診するようにしましょう。

家族が家にいるなら連れて行ってもらうことをお勧めします。

(3) ビニール袋

ビニール袋を用意して、いつでも嘔吐できるようにしましょう。

(4) 側臥位

吐き気や嘔吐をした時、吐物が気道に詰まることがありますので、横に向き足を少し曲げて安静にしましょう。介護施設や病院でも取られる対処法の技術です。

(5) 受診

時間がない方や異変や症状が出たらすぐに受診をしましょう。検査をして適切な診断と治療をしましょう。

Medical doctor woman looking in clipboard

5)みぞおちのしこりが続く場合にすべき6つの検査方法

(1) 触診

医師が直接、触り形状や大きさなど確認する為に行われる検査です。それによって適切な検査へ繋げます。総合病院へ受診をお勧めします。

(2)エコー検査

腹部に超音波の検査機械を当ててモニターにて臓器の状態を見る検査です。胃の形状や腫瘍、肝炎、肝硬変、肝臓がんなども映ります。定期的な検診でもあります。総合病院へ受診をお勧めします。

(2) レントゲン

X線にて、骨の局部や胸部レントゲンを撮影します。みぞおちのしこりの大きさや異変を確認する為に行われます。総合病院へ受診することをお勧めします。

(3) CT検査

骨の病気や胃の病気を疑われた場合や肝臓機能やエコーにて異常が見られた場合などに行われます。X線にて腹部や骨の局部を撮影し、撮影した画像を輪切りにして、処理された画像を見て病変箇所などを特定していきます。

造影剤など注入することで、肝臓をより詳しく見ることができます。円状の検査機の中に入る為、閉所恐怖症の方は事前に説明し対応してもらうことをお勧めします。総合病院を受診することをお勧めします。

(4) MRI検査

腹部を見ます。CT検査よりも、鮮明な画像処理により、いろんな角度から検査箇所を見ることができる検査です。病変や病気がはっきりと映し出される為、医師も診断しやすい検査です。

X線検査とは違い、微量の被ばくもなく安心ですが、固定され狭い円状の空間に入る為閉所恐怖症の方は説明しましょう。強力な磁石などが使用されている為、事前説明にてネックレスや装飾品など外してくださいなどがあります。

浴衣のような検査着に着替える為、検査中寒く感じることがあります。総合病院へ受診をお勧めします。胃がん、肝臓がん、骨肉腫などの初期状態が見つかることもあります。

(5) 肝生検

肝臓に太い針を刺して、肝臓の細胞を採取し調べる検査方法です。精密な検査で、肝硬変や肝炎など見ることができます。太い針を刺すので激痛走ります。総合病院へ受診することをお勧めします。

(6) 胃カメラ

胃の内部を直接見る検査です。小型カメラのついた長細い管を口から入れて、胃の内部や十二指腸などまで見て、粘膜、潰瘍 癌など見ることができます。

鼻から入れる小型の検査機器も使われており体の負担も少なくなってきました。検査前に、胃の中を浄化する水薬を飲み、おしゃぶりに穴の開いたような形の物をくわえ、管を入れていきます。

優しく声かけてくれたり、画像を自分でも見ることができる為、説明を受けながら検査を行えますが、嗚咽がひどい場合があり辛く感じる方もいるようです。消化器内科や総合病院などの受診をお勧めします。

6)みぞおちのしこりが続く場合にすべき3つの治療方法

(1) 薬物療法

薬を処方し様子を見るという治療法です。痛みには鎮痛剤が処方されます。胃薬にも、胃の粘膜を保護する薬や、胃酸の分泌を抑える薬など種類があります。

肝臓に関しては、肝機能の低下を抑える薬などが処方され様子見など定期的に通院や入院が必要になります。癌などには抗がん剤が処方されます。

薬は副作用が出ることがありますので、副作用が出た場合はすぐに受診し医師と相談しましょう。

(2) 食事療法

胃にやさしい食べ物や消化に良い食べ物など、規則正しくバランスの取れた食事を取る療法ですが、肝臓疾患の方は塩分制限され薄い食事を取るようになりますが、食事にて進行を抑えていく療法です。

医師や管理栄養士と組み食事メニューなどを作ることもあります。

(3) 手術

胃潰瘍など、薬物療法でも治療することができるようになってきましたが、出血がひどい場合など手術が行われます、内視鏡を使いながら潰瘍の部位など確認しながら止血をするという手段と胃を切除するという術式があります。

胃がんなどの場合は早期の場合や少し進んだ病態で手術が行われることがあります。内視鏡を使いながら、モニターで癌の部分を確認しながら、胃を切除するという術式です。術後、胃を切除した場合、胃が小さくなる為食事量が減ります。

肝臓がんの場合、腫瘍の大きさによって肝臓を切除する術式を取られることがあります。肝臓は切除されても再生機能があります。

また胆管細胞がんなどで、胆管も切除するという術式もあります。医師や家族と慎重に相談し決断しましょう。

Male medicine doctor hand holding stethoscope head

7) みぞおちのしこりへ日常からできる4つの予防ポイント

(1) 服薬

処方された薬をきちんと服用しましょう。飲み忘れがないよう記録するなど工夫しましょう。副作用など状態が改善されない場合などはすぐに受診し医師と相談するようにしましょう。

(2) 食事

胃に負担のかからない食事を心掛けましょう。「魚、肉、野菜」と1日3食バランスよく食べるようにしましょう。胃腸の病気の予防になりますし塩分など控えめにすることによっても肝臓病の予防につながります。

(3) 飲酒やタバコ控える

多量飲酒をやめましょう。1日2缶など決めて、休肝日を作るようにしましょう。タバコは胃にも身体にも負担をかけます。タバコを控えたり禁煙外来で保険適用で治療して禁煙するなど、身体の病気の予防にもなります。

(4) ストレス発散

ストレスがかかりすぎると、身体症状として胃腸の症状が出たりします。自分の趣味に没頭できる時間や散歩したりなど、落ち着く環境を作るようにしていくことが精神疾患や身体の病気の予防にもつながります。






今回のまとめ

1) みぞおちのしこりの6つの代表的症状とは

2) みぞおちのしこりの5大原因

3) みぞおちのしこりで考えられる5つの病気

4) みぞおちのしこりが続く場合への5つの対処方法

5) みぞおちのしこりが続く場合にすべき6つの検査方法

6) みぞおちのしこりが続く場合にすべき3つの治療方法

7) みぞおちのしこりへ日常からできる4つの予防ポイント