聴診器を胸にあてる医者

みぞおちと背中が痛い症状は急に襲ってくることが多いです。空腹時・夜間・食後などに発症しやすく、その周辺にある臓器が強い炎症を起こしてる可能性があります。早期に治療しないといけないケースもありますので、早めに医療機関を受診して検査を受けましょう。 






みぞおちと背中が痛いのはなぜ?病気の危険と5大原因


1)みぞおちと背中の痛みの関係性とは? 

みぞおちと背中に同時に痛みがあらわれるのは、その部位にある内臓が炎症を起こすからです。胃・十二指腸・膵臓・胆嚢などに炎症が起こると、みぞおちと背中に痛みが発生するようになります。キリキリする・ズキズキする・立っていられない・横になっても痛いなど、症状は様々です。 

2)何が原因?みぞおちと背中が痛い場合の5大原因 

ストレスや暴飲暴食・感染・体質などが引き金になり、主にこれらの臓器が炎症を起こします。 

(1)胃の炎症 

胃が炎症を起こすと、「背中が痛くなる」「みぞおちが痛くなる」という症状が発生します。胃酸の分泌が過剰になる・胃の粘膜が荒れる・腫瘍ができる・出血する・潰瘍ができるなどが原因で痛みを発生します。 

(2)十二指腸の炎症 

胃の出口に位置する十二指腸に潰瘍ができると、みぞおちと背中に痛みが発生しやすくなります。粘膜の表面部分が溶けてえぐられるような状態になることを「潰瘍」といい、酷くなると下層部位も溶けて臓器に穴があきます。 

(3)膵臓の炎症 

膵臓は胃のやや左側の裏にあり、みぞおちと背中あたりに位置します。消化する働きをする「消化酵素」という分泌が過剰になり、膵臓自体を溶かす「自己消化」が起こったり、腫瘍ができるとみぞおちや背中に痛みが発生します。 

(4)胆嚢の炎症 

胃の右横には肝臓があり、その裏側のみぞおち寄りに胆嚢があります。胆嚢付近に石ができたり炎症が起きると、みぞおちと背中に痛みが発生します。 

(5)心臓の炎症 

心臓はみぞおちよりやや上部に位置していますが、炎症が起きるとみぞおちや背中に痛みを感じる場合があります。 

3)試せる処置はある?症状への対処方法とは 

どの臓器が炎症を起こしているかによって、対処法が異なります。胃の場合は温かいミルクを飲んだり右側を下にして横になる、膵臓の場合は背中を丸めて安静にする・絶食するなどになります。しかし、どの部位でどのような炎症なのかわからない間は、自己判断で対処するのは危険です。医療機関を受診して検査を受けましょう。

Mature Lady doctor shows a patient test results

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは 

みぞおちや背中が痛むのは臓器に何らかの炎症が起こっている証拠なので、早めに原因を突き止め治療することが大切です。痛みが治まったから、今日は痛くないから、などの理由で放置すると、進行してしまう可能性が高くなります。特に、食欲不振・吐き気・嘔吐・下血・倦怠感などを伴う場合は、早めに検査を受けましょう。 

5)痛みが続く場合は注意!考えられる病気とは 

(1)胃の病気 

・胃炎

胃に炎症が起きてみぞおちや背中の左側付近に痛みがあらわれます。暴飲暴食・喫煙・アルコール摂取・薬物の副作用が原因の急性胃炎、ピロリ菌などが原因の慢性胃炎、ストレスや精神的なものからくる神経性胃炎があります。 

・胃潰瘍

胃の粘膜に潰瘍ができ、空腹時や食後2~3時間後にみぞおちや背中の左側に痛みを発生します。 

・胃癌

胃に癌が発生します。主にみぞおちの鈍痛から始まり、胸焼け・ゲップ・膨満感などがあらわれます。 

(2)十二指腸の炎症 

・十二指腸潰瘍

十二指腸の粘膜に潰瘍ができ、主に空腹時や就寝中にみぞおちや背中に痛みがあらわれます。ピロリ菌保持者・ストレス・刺激物の飲食などが原因で発生し、空腹時に痛みがあらわれやすくなります。 

(3)膵臓の病気 

・膵炎

膵臓が自己消化し、みぞおちから背中の左側・左肩に痛みを発生します。急性の場合は痛みが激しく、慢性の場合は背中の鈍痛や腹部の張り程度の症状があります。アルコールの過剰摂取が主な原因で、急性の場合は嘔吐や発熱が伴うことが多く見られます。 

・膵臓癌

膵臓に癌が発生します。高齢者の発症率が高く、背中の左側に痛み・みぞおちの鈍痛・食欲不振・黄疸などがあらわれます。

(4)胆嚢の病気 

・胆嚢炎

「胆嚢」とは、肝臓で作られた「胆汁」が「胆管」を通って蓄えられる場所です。胆嚢が細菌に感染して炎症を起こすと、みぞおちから右側上腹部・右背中・右肩などに痛みがあらわれ、黄疸や吐き気・嘔吐などが伴います。 

・胆石症

「胆管」と「胆嚢」の部位を「胆道」と呼びます。この部位に胆汁成分が固まって「胆石」という石ができる病気です。胆嚢炎と同じような痛みがあらわれ、食生活や細菌感染などが原因で発症します。 

(5)心臓の病気 

・狭心症

心臓の筋肉に栄養をあたえる動脈が固くなる「動脈硬化」などが原因で心臓に届く血液が不足し、心臓の筋肉がうまく働かなくなる病気です。みぞおち・左側胸・背中・肩などに痛みが発生し、数分でおさまるのが特徴です。 30分以上痛みが続く場合は、心筋梗塞の可能性があります。 

Closeup on medical doctor woman explaining something

6)みぞおちを押すと痛い場合にすべきの検査・治療方法 

みぞおちが痛い場合は、まず、内科・胃腸科・消化器科を受診します。 

(1)検査

問診・聴診・触診・血液検査などが行われます。血液検査では、炎症反応で部位や炎症程度を判断することができます。更に詳しい検査は、超音波検査・レントゲン撮影・内視鏡検査・バリウム検査などが行われます。 

(2)治療

診断結果により治療が異なり、大きな総合病院・大学病院・専門病院などを紹介されます。特に膵臓疾患の場合は、専門医のいる病院を紹介してもらいましょう。 

7)生活から改善を!みぞおちと背中の痛みへの予防方法とは 

内臓疾患の多くは、食生活・ストレス・アルコールが原因になりやすいと言われています。 

(1)バランスの取れた食生活 

栄養のバランスが偏らない食事を摂取するように心がけましょう。また、暴飲暴食・過度の喫煙・アルコール摂取などは、内臓に負担がかかるのでなるべく控えましょう。 

(2)ストレスを溜めない 

ストレスを感じてない人の方が少ないのが現状ですが、趣味や運動などで上手にストレスを発散するようにしましょう。決して暴飲暴食に走らないようにしましょう。 

(3)健康診断を受ける 

1~2年に1回は、健康診断を受けるようにして、自分の体の状態を把握しておくようにしましょう。






今回のまとめ 

1)みぞおちと背中の痛みの関係性とは? 

2)何が原因?みぞおちと背中が痛い場合の5大原因 

3)試せる処置はある?症状への対処方法とは 

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは 

5)痛みが続く場合は注意!考えられる病気とは 

6)みぞおちを押すと痛い場合にすべきの査・治療方法 

7)生活から改善を!みぞおちと背中の痛みへの予防方法とは