具合の悪い女性

みぞおちの激痛が起こったという経験は、一度くらいあるのではないでしょうか。

ここでは日常生活で起こり得る代表的な症状をはじめ、原因や疾患との関連などを見ていくほかに対処方法や検査方法・治療方法などについて詳しくお伝えします。






みぞおちの激痛4大原因!8種類の病気とは


1)みぞおちの激痛の8つの代表症状

(1)急性胃炎

みぞおちがキリキリと痛むのが特徴です。その他に吐き気や下痢、嘔吐、吐血、下血を起こすこともあります。ほとんどの場合は2~3日でおさまります。

(2)神経性胃炎

自律神経のバランスが崩れ、遺産がかように分泌されるとみぞおちが痛んだり、喉がつかえる感じがしたり、胸やけがするなどの症状を引き起こします。

(3)胃潰瘍

特徴的な症状として、みぞおち周辺のズキズキした重苦しい痛みになります。

胃潰瘍はイに入った食べ物が潰瘍を刺激して痛むので、食事中から食後の痛みが多くなります。その他の症状としては胸やけや胃もたれを伴います。

(4)十二指腸潰瘍

粘膜が傷つけられることにより、消化作用を持つ胃酸・消化酵素が従二市長の粘膜や壁を消化する事により起こります。

(5)食中毒

みぞおち周辺の痛みが起こり、吐き気、嘔吐、発熱、下痢などの症状が起こります。

(6)胆石

胆のう、胆のう管、総胆のう管に胆石ができると激しいみぞおちの痛みが起きます。

右肩に響くような痛みを伴うのが特徴で、発熱、吐き気、嘔吐も見られ、黄胆が起きて顔が黄色くなったり、尿の色が濃くあったりします。

(7)膵炎

民は背中に突き抜けるような痛みで、咳き込んだり、活発的な動作や深呼吸をすると更に痛みが圧化します。

(8)心筋梗塞

心臓の筋郁に血液を送り込む冠動脈が肩うなることにより、血液が固まり血栓ができ、血流が完全に止まってしまう状態です。

2)みぞおちの激痛の4大原因

(1)暴飲暴食

食べ過ぎや飲み過ぎ、ニンニクや香辛料の至芸物の食べ過ぎた場合に、激痛が起こる事あります。

また、過度のアルコールの飲みや炭酸、タバコなども胃や十二指腸の粘膜を傷つけ、みぞおちの原因になります。

(2)自律神経の乱れ

精神的ストレスは自律神経のバランスを崩します。

また、室内空調による夏の冷えや冬の汗ばみといった温度差も自律神経の乱れを引き起こし、みぞおちの激痛が起こることがあります。

(3)食あたり

腐ったものを食べてしまったり、海外では水により食あたりを起こし下痢とともに激しい一を起こす事があります。

海外の水は硬水(マグネシウムとカルシウムが多く含まれ)が多いのですが、日本では軟水が殆どなのでそれが原因になることもあります。

(4)疾患

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎など胃腸の疾患が挙げられます。その他にも急性膵炎などでは激しい痛みを伴います。

Doctor showing his notes to his patient

3)みぞおちの激痛で考えられる8つの病気

(1)急性胃炎

食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレス、ウイルス、ピロリ菌などの感染食中毒、アレルギーなどが原因で胃の粘膜がただれる事に起こります。

(2)神経性胃炎

過労やなどの身体的ストレスや精神的ストレスが原因で自律神経系がバランスを崩して起こる胃炎になります。ストレスをける事で神経性胃炎が起こります。

(3)胃潰瘍

ピロリ菌やストレス、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などが胃酸や消化酵素が胃粘膜や胃壁を消化する事により起こります。

(4)十二指腸潰瘍

ピロリ菌やストレス、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などが粘膜を傷つける事によりみぞおちに痛みが生じます。

(5)食中毒

原因となる細菌としては、生肉などにせいそくするカンピロパクター、鶏や卵などに生息するサルモネラ菌、魚介類などに生息するビブリオ菌、人の皮膚の傷口などに波蝕する黄色ブドウ球菌などです。

その他にフグやキノコ、ジャガイモの目にも毒素が含まれます。

(6)胆石

脂質の消化を助ける胆汁が固まり、胆のう、胆のう管、総胆管に胆石が出来ると激しいみぞおちの痛みが起きます。中高年以降の肥満の人に起こりやすい傾向があります。

(7)肝炎

急性肝炎の多くは胆石症やアルコールの乱用によるもので、胆石による膵炎は女性に多くみられます。

(8)心筋梗塞

突然、胸やみぞおちに芸痛が起こり、吐き気やヒア汗なども見られ胸の痛みは30分から数時間続きます。吐き気や冷や汗なども見られます。

4)みぞおちの激痛へ自宅で実践できる2つの対処方法

(1)市販薬

暴飲傍証クなドン原因がはっきりとしているといは、胃腸薬を服用しましょう。また、ストレスが原因で起こっている胃腸薬は神経性胃炎に効能のある胃腸薬が効果的です。

(2)生活リズム

ストレスや暴飲暴食等の思い当たる行動や、香辛料などの刺激物のとりすぎ、精神的・肉体的ストレスを感じて居る場合には、原因を取り除くような生活を送ることを心がけてみましょう。

5)みぞおちの激痛が続く場合にすべき4つの検査方法

(1)CT・MRI検査

食道・胃・大腸など日本人がかかりやすい疾患の検査を行います。CTスキャンやMRIなどにより体内の状態を確認します。

(2)バリウム

バリウムを飲むことで胃の中の状態を調べます。レントゲンなどで異常が疑われた場合などに検査をする事があります。

(3)内視鏡

胃や大腸の疾患を抱えている人が多いために、内視鏡による検査が行われる事があります。バリウムよりも体内の状況が把握できます。

口から挿入するよりも、検査が楽になりました。

(4)ピロリ菌検査

保険診療となりました。内視鏡で慢性胃炎を確認し、感染検査でピロリ菌と診断され馬田場合に保険診療にて除菌療法がおこなわれます。

Two women doctors talk about examination

6)みぞおちの激痛が続く場合にすべき治療方法

(1)除菌療法

ピロリ菌が発見されたバイには、伊佐を抑える薬と抗生剤を7日間程度内服し、7割程度は除菌できます。ピロリ菌が除去された後も、内視鏡検査で継続的に検査する事あが必要です。

(2)がん治療

早期発見では、内視鏡での治療が可能な他、レーザー照射・抗がん剤などでがん細胞を取り除くことが出来ます。

7)みぞおちの激痛へ日常からできる3つの予防ポイント

(1)食生活

規則正しい食生活と、嗜好品を控えるという事は大切です。1日食を規則正しい時間に摂取し、腹8分目にしておくことが良いでしょう。

アルコールも飲みすぎには注意が必要で、日本酒1合程度を目安に飲むのが、適正飲酒の基準になります。

(2)食べ物の種類

食品の鮮度には注意が必要です。6月~9月あたりは食あたりが増えます。鮮度が落ちないように冷蔵庫で保存をしたり、海外旅行では飲料水に気を付けるのがポイントです。

(3)ピロリ菌

ピロリ菌検査を受けると感染しているかどうかがわかります。ピロリ菌が発見された場合には、病院で処方された薬を服用するだけで痛みもなく除去する事ができます。

慢性円や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの予防や潰瘍の再発を抑える効果があります。






今回のまとめ

1)みぞおちの激痛の症状は8つに分類される。

2)みぞおちの原因は4つある。

3)みぞおちの痛みを感じないためのポイントは3つある。