腹痛の女性

誰もが腹痛に悩まされたことはあるかと思います。電車の中や仕事中になると辛いですよね。そんな腹痛ですが、部位によって原因や考えられる病気が異なります。

今日は右上腹部が痛んだときについて、その原因と想定される病気についてご紹介します。






右上腹部の痛みの3大原因!対処・治療方法とは


1)右上腹部の痛みの3つの代表的症状

右上腹部はみぞおちに右手の平を当て、肋骨にそって右下におろしていった辺りを言います。

(1)肝臓の痛み

肝臓には痛みを感じる神経が通っていない為に異常があってもわかりにくいのが特徴です。そのため、肝臓に異常がある場合は腹膜外側の神経や臓器が何らかの影響を受けて痛みを感じます。

左手を後ろに回し、右の肩甲骨の下部を触ると腫れや痛みを感じます。

(2)胆嚢の痛み

胆嚢に痛みがある場合は背中にも違和感、痛みを感じます。また、発熱、吐き気や嘔吐がみられるのも特徴です。

(3)腎臓の痛み

腎臓の痛みもまた、背中、腰あたりに広がります。鋭い痛みがあり、立っていられなくなることもあります。女性の場合は上下に移動することによって痛みを伴う場合があります。

2)右上腹部の痛みの3大原因

以下に挙げられる腹痛の原因はあくまで一例であり、腰痛や筋肉痛、便秘が悪化した際に生じる痛みなどもありますので、自分で決めつけず、まずは医師に相談するようにしましょう。

(1)肝臓の痛み

肝臓は食べ物の栄養分を貯蓄し、供給する働きがあります。そのため、アルコールなどの刺激物を過剰摂取すると肝臓に大きな負担を与え、炎症がおき、回りの臓器に影響を及ぼし、痛みの原因となります。

(2)胆嚢の痛み

胆嚢が痛む主な原因は炎症です。腸から細菌が十二指腸を通って侵入することで炎症を起こし、痛みを生じます。また、コレステロールが高い人は胆嚢が出す胆汁中の濃度が高くなり、結晶化し、胆石となり、炎症の原因となります。

(3)腎臓の痛み

腎臓も上記の胆嚢と一緒で細菌感染による炎症を起こします。また、尿路結石ができた場合も激しい痛みとなります。尿路結成は体の構造上、男性が女性の2倍、なりやすいといわれています。

3)右上腹部の痛みへの対処方法

内臓からくる痛み、腰痛からくる痛みそれぞれで原因が異なります。少しでも痛みを感じる、違和感があればまずは医師に相談の上、原因を特定しましょう。

その上で徹夜や重労働など体に負担をかかることはやめ、消化のいいお粥を食べるや仕事は休み、家で横になり安静する時間を取るようにしましょう。

お腹の診察を行う意思

4)右上腹部の痛みで考えられる3種類の病気

(1)肝炎

ウィルスやアルコール、または薬剤の摂取による負担が原因で炎症になり、腫れることを言います。また、放置すると肝硬変、そして肝がんへの症状が進む場合もある。

(2)胆嚢炎

胆嚢に胆石ができ、胆嚢管をふさぐことで炎症につながる場合が多いです。

(3)尿路結石

尿の通り道である、尿路に腎杯や腎盂でつくられた結石が下降し、激しい痛みを伴います。尿路に障害がある場合や、菌による感染等で結石ができるといわれています。30代~60代の男性に多くみられる病気です。

5)症状が続く場合にすべき検査方法

腹痛により、病院で検査を受ける場合は、保険の対象となります。

(1)採決検査

内臓の炎症の度合いを調べるため、血液中の白血球の数を測ります。また、特定の成分の向上を発見できればどの内臓の炎症かを知ることができます。

症状によって検査内容が異なりますが、3000円程度で検査を受けることができますが、結果がでるのは3~4日はかかるのが一般的です。

(2)尿検査

潜血陽性が出た場合は尿管結石の疑いがあります。

(3)エコー検査

腹部に超音波を発信し、返ってくる反射波をコンピュータで画像化します。腫瘍、炎症、結石などが肝臓、胆嚢、腎臓等でできていないかを調べることができます。

X線検査のように放射線の心配もなく、原因があればすぐにわかります。費用も検査自体は2000円~3000円ほどです。

(4)レントゲン検査

X線を使用して主に呼吸器系に異常がないか調べる検査です。腸の異常を疑う場合もレントゲンで調べ、ガスや便の量を調べることができます。検査費用は2000円ほどです。

Stethoscope in hands

6)症状が続く場合にすべき治療方法

原因によって泌尿器科の場合もありますが、基本手は内科にて治療を行う場合がほとんどです、

(1)薬物治療

内臓がウィルスや細菌で炎症を受けている場合は、原因となるウィルスや細菌を調べそれに合った薬物を投与します。

抗生物質は症状がなくなっても決められた期間は絶対に飲み切るようにしましょう。費用は投与期間や薬の種類によって異なります。

(2)手術

胆石や尿管結石の場合は石の大きさや痛み具合によっては手術で摘出をします。手術は大掛かりになることが多く、費用は10万円、入院含めて1週間以上はかかる場合があります。

(3)自然治癒

急性の炎症の場合は刺激のある食物(アルコールやコーヒー等)はさけ、消化のいい食べ物を摂取しつつ安静にすることで治る場合があります。この場合は医師の判断を仰ぎましょう。

7)右上腹部の痛みへの3つの予防習慣

(1)規則正しい生活

睡眠時間が6時間以内、食事をとる時間が毎日違うなど、内臓への負担が多い生活をしていると免疫機能が低下し、細菌感染により内臓に炎症が生じる結果となります。

十分な睡眠と朝食を含め偏らない食事の摂取を心がけましょう。

(2)刺激物の摂取を避け、水分を取る

アルコールやコーヒーを毎日3~5杯以上飲む人は1週間に1~2日は飲まない日を設定する、また、水を2リットル以上毎日飲むことを心がけましょう。結石の予防となります。

(3)ワクチンによる予防接種

A型~B型肝炎は予防接種を受けている人も多いと思います。特に衛生環境の悪いといわれる途上国に仕事等で行く人は予防接種を受けるようにしましょう。

また、血液を介して感染するC型肝炎に対するワクチンはまだできていないため、他の人の血液などにむやみに触らないようにしましょう。






今回のまとめ

1)右上腹部の痛み、3つの代表的症状

2)右上腹部の痛みの3大原因

3)右上腹部の痛みへの対処方法

4)右上腹部の痛みで考えられる3種類の病気

5)症状が続く場合にすべき検査方法

6)症状が続く場合にすべき治療方法

7)右上腹部の痛みへの3つの予防習慣