カルテと薬を手に持つドクター

腹部全体ではなく、下腹部、それも右の下腹部が痛む。特に運動したわけでもないのに痛い。実は、右下腹部の痛みは、実は重大な病気が隠れている可能性があります。

今回は右下腹部の痛みの原因や考えられる病気の可能性、対処方法や予防のポイントまでお伝えします。






右下腹部の痛みの3大原因!病気の可能性とは


1)右下腹部の痛みの3つの代表的症状

(1)チクチク痛む

 便秘の時やお腹がはるときに少し気になるなぁ程度の痛み

(2)ズキズキ痛む

 尿をするときなど激しく右下腹部が痛みます。初めは慣れずに叫ぶほどの痛さ

(3)つっぱるように痛む

 突然、みぞおちが痛むと思ったら1、2時間後に右下腹部の決まった場所のみつっぱるように痛む

2)右下腹部の痛みの3大原因

(1)便秘

お腹を圧迫してしまう為

(2)食物繊維不足

便秘にも通じますが、近年の食事の変化が内臓に変化をもたらしていると言われています。

(3)ストレス

現代の病気の数多くの原因の一つ。ここでも大きな要因の一つとなっています。

3)右下腹部の痛みで考えられる4つの病気

(1)虫垂炎

何の前触れもなく突然、みぞおちからへその部分が痛み、1~2時間たつと右下腹部の決まった場所が痛む症状。急性虫垂炎は盲腸といわれます。

(2)大腸憩室炎

大腸の壁にある憩室(大腸から一部飛び出している部分)に便がたまり、炎症が起きる症状。チクチクとした痛みを感じる。痛みの他に発熱や血便になるのが特徴。

(3)尿路結石

尿を排泄するときための尿管に欠席がつまってしまう事で発病、尿管は左右あるのですが、特に右下腹部の痛みに激しい痛みを感じます。

(4)潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜が燃焼を起こしてしまう病気。主な原因はストレスと言われていてます。ストレスを大きく受けることで、消化器官に負担がかかってしまい発症してしまいます。

Doctor showing his notes to his patient

4)右下腹部の痛みへ自宅で実践できる3つの対処方法

(1)消化にいい流動食を食べる

アルコールやコーヒなど刺激物、肉類など消化しにくいものは避け、できる限り消化器系の負担を和らげる。

(2)お腹を温めて横になる

身体を楽にするという事で横になるのが一番。そして、身体が冷えると、エネルギーを消耗するので温かくし、特にお腹は冷さないようにする。

(3)トイレの確保

痛いので我慢してしまいますが、やはり我慢の限界はあります。そのとき余裕をもってトイレにいれば心持も楽になります。

5)右下腹部の痛みへ注意すべき3つの食事のポイント

(1)食物繊維の多くとる

食事が欧米化になるにつれ、大腸憩室炎や腹痛の原因となる便秘が増えてきています。

3食のうち1回は和食にする、またはサラダを取り入れるなどして食物繊維をとるように心がけるようにすると、予防にもなります

(2)カルシウムを摂りすぎない

結石の大きな原因として、飲料水のカルシウムの摂りすぎといわれています。

カルシウム自体は栄養にいいものですが、摂りすぎると結石の他に心筋梗塞など「詰まり」で発生する病気のリスクもあがります。程々にしてください。

(2)お腹いっぱい食べない

自分が好きなものだからと腹いっぱい食べていると、消化器官等にストレスをためることなります。また、大腸を圧迫するので大腸憩室炎の発症にもつながります。

6)右下腹部の痛みが続く場合にすべき3つの検査方法

(1)レントゲン

消化器科でまず行う検査としてはレントゲンで状態を確認する事が多いです・ここで異常があれば、内視鏡を用いた検査などより精密に行っていくこととなります。費用は5000円程度。

(2)直腸指診

主に肛門科などで行います。消化器官に異常がない場合、便秘気味な場合、血便が出る場合などは、この検査を用いることが多いです。

(3)泌尿器科

尿をすると痛い場合は、こちらの科へ。内科でも可能なのですが、血尿が出た場合や結石などは、より専門的に診察してもらうのならこちらになります。

膀胱炎だと抗生物質、結石だと手術となります。費用は薬なら1000円で手術なら数万になります。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

7)右下腹部の痛みへ日常からできる3つの予防ポイント

(1)ストレスをためない事

何度も言いますが、ストレスは最大の敵。ストレスを少しでも貯めないように、日ごろから発散することが重要です。

(2)無理はしない

少しくらいの痛みなので我慢できると思っていたら、結石になってしまった。と言ったことがないように、痛みが続く場合は無理をせずに病院へ行くことが回復の近道でもあります。

(3)規則正しい生活を行う

暴飲暴食、運動不足、睡眠不足では身体は全く免疫も上がらず、体調も崩しやすくなってしまいます。そうならない為にも生活習慣の乱れを気にする必要もあります。






今回のまとめ

1)痛み別に症状が変わります。

2)便秘などわかり易い原因から、ストレスなど原因がわかりにくいものまであります

3)代表的な急性虫垂炎(盲腸)から、尿路結石まで症状は様々あるが、痛みの種類、症状である程度ど判断できる

4)家でゆっくりし、無理をしないようにしましょう

5)骨にいいからとカルシウムを摂りすぎに注意する

6)症状により検査方法が変わりますが、早期発見の場合、費用は安く抑えることが来ます

7)日頃から無理をしない生活を心がけましょう