お腹を押さえて横になっている女性

肝機能障害には、様々な要因によって引き起こされ何もせず放置しておくと、やがては命の危険をも危ぶまれることがあります。ですが、初期対応からしっかりしておけば怖いことはありません。今回は肝機能障害の症状・原因・対処方法を紹介します。






肝機能障害の5大症状を解説!気になる原因と対処方法とは


1)そもそも肝機能障害とは何?

(1)生活習慣またはウイルス性によるもの

肝機能障害は、肝臓の機能が正しく働かなくなっている状態をいい、アルコールや脂肪の摂り過ぎによるもの、肝炎ウイルスによるウイルス性肝炎のせいで起こります。

2)5つのチェック!肝機能障害の場合の症状と特徴

(1)食欲不振による体重減少

肝臓の機能が落ちてくると食物をエネルギーとして消化する機能も落ちてきます。したがって、食欲の方へも影響が出てきてしまい体重減少へと繋がっていきます。

(2)倦怠感

肝臓には、体内の毒物を分解する機能があり、肝機能が落ちることによって分解する能力も落ちます。毒物が身体に溜まる状態が続くことになるので身体に倦怠感が出てきます。

(3)むくみ

肝臓に疾患がある場合に手足がむくみやすくなります。身体に老廃物がたまり、かつ代謝も落ちることにより体内の不要物が溜まるため身体に余分な水分が溜まっていきます。

(4)腹水

腹水は、肝機能障害でも重症の方に起き、肝硬変、肝臓ガンを患っている方にみられます。重度の症状だと、肝機能の方もかなり落ちてしまっているので腹水といった形で症状としてあらわれます。

(5)黄疸

肝機能障害を見分けるために、最も特徴的な症状が黄疸です。黄疸は、赤血球に存在するビルビリンという成分が血液中に漏れ出すことによって、皮膚や眼球結膜が黄色く見えてきます。このような症状が出ている時は、かなり肝機能が悪く病院受診で診察することが大事になります。

3)症状の変化とは?肝機能障害の初期・中期・後期のチェック項目

(1)初期症状

肝機能障害の初期症状は、自覚症状が大半は起きにくいことが多いです。初期症状が出た場合は、食欲不振、全身の倦怠感、疲れやすいといった症状なので肝機能障害だとは気づきにくいです。

(2)中期症状

肝機能障害の中期症状になってくると、初期症状にあった症状が自覚症状としてはっきりと出てきます。初期症状の悪化から体重減少や酷い身体の倦怠感などが出てきて生活の質が落ちてきます。

(3)後期症状

肝機能障害の後期症状は、肝機能がかなり悪くなってくるので黄疸や腹水が出てきます。特に腹水は、かなり溜まってくることがあるので、頻繁に腹水を抜く処置が必要となります。

close up of doctors with clipboard at hospital

4)何が原因なの?考えられる3大原因とは

(1)食生活

暴飲暴食の食事を続けていると、血糖値の急上昇をくり返し肝臓に大きな負担が掛かります。また、高エネルギーの物や脂っこい物の摂り過ぎは脂肪肝の原因にもなるので注意が必要です。

(2)ストレス

ストレスを感じると、血管が収縮してしまい血圧が上がり肝臓の機能が落ちます。ストレス状態が長く続くことは、高血圧状態になりますので肝臓にダメージが蓄積していくことになります。

(3)肝炎ウイルス

肝機能障害で一番大きな原因と言ってもよいのが肝炎ウイルスによるものです。日本では、過去の注射器の回し打ちなどが原因でB型、C型ウイルスの感染が多いです。肝炎ウイルスの感染によって、肝臓に慢性的な炎症が起こり肝機能が落ちてきます。

5)これって病気の前兆?病気かどうかのチェック・確認項目とは

(1)食欲の有無

肝機能の低下は、食欲不振を招きますので食欲の有無は一つの目安となります。

(2)全身の倦怠感

肝臓によるエネルギーの代謝が落ちるため、疲れやすいなどの倦怠感が出ます。しかし、疲れは日常でもごく普通に現れることなので、肝臓に原因があるとは気づきにくいです。

6)可能性のある6種類の病気とは?

(1)脂肪肝

肝臓には脂肪を蓄え必要な時は送り出すという働きをしています。しかし、高カロリーや高脂質な食事を続けていると肝臓に脂肪が溜まっていく状態となります。肥満の方に多いですが、痩せ型に見える人の中にも食事の内容によっては脂肪肝の方がみられます。

(2)非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)

脂肪肝の内、アルコール性のものを除き、これにストレスや鉄分の過剰摂取が加わることで発症するのが、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)です。近年、患者数が増えており中年以降の女性に好発するのが特徴です。

(3)アルコール性肝炎

アルコール性肝炎は、過度の飲酒により脂肪肝が進行して肝臓が炎症してしまった状態のことをいいます。初期の炎症であれば、断酒することで肝炎を治すことができます。中期以降は、投薬治療が必須条件となってきます。

(4)ウイルス性肝炎

日本国内では、B型、C型のウイルス性肝炎の患者が多く、血液や体液を介して感染します。慢性的に肝臓に炎症が起こりますので、病院受診による長期治療が必要です。最近は、インターフェロンと抗ウイルス薬の投薬との合わせた治療で多くの方が完治出来るようになってきています。しかし、肝臓ガンの原因の1番となっていますので、肝臓ガンに移行させないためにも生活習慣の改善や運動など取り入れて付き合うことが大事です。

(5)肝硬変

肝臓の炎症が慢性化すると、やがて肝硬変に進行します。肝硬変とは、肝細胞がどんどん死滅していき線維化した状態になり肝臓そのものが硬く変化したものをいいます。肝炎の時は、治療により元に戻りますが、肝硬変を一度発症してしまうと元の健康な肝臓には戻ることは出来ません。

(6)肝臓ガン

肝臓ガンは、ウイルス性の肝炎から年数をかけて進行したものが多く、次に多いのは、他の場所で出来たガンが転移して出来るものがあります。したがって、ウイルス性肝炎の患者さんはガンにならないためにも普段の治療が大変重要となります。

empty nurses station

7)初期症状で気になる場合に!専門医で試した検査・治療方法とは

(1)血液検査

肝機能障害を判断するためにまずは血液検査をします。ALT、AST、γ-GTPなどの数値が基準値を超えていたら肝臓に何かしらの異常があると判断出来ます。

(2)エコー検査

肝臓のある位置に超音波を当てて肝臓の状態を画像で診断出来ます。肝臓の大きさ、表面の状態、脂肪の付き具合や血管の状態など鮮明に診察することで病気の有無を判断します。

8)肝機能障害を予防・改善していくための3つの生活習慣

(1)食事の改善

脂肪肝による肝機能障害を防ぐには、まず食事の内容を変えてみると良いでしょう。高カロリー、高脂質な食事を止めてビタミンやミネラルをバランス良く摂取出来る食事の習慣を続けることで改善されていくことでしょう。

(2)禁酒

アルコールによる肝炎の場合は、第一に禁酒をするべきです。まだ、アルコール性の肝炎の内は、まだ治療出来ますが、お酒を飲み続けて一度、肝硬変になってしまうと一生治ることはありませんし、肝臓ガンになるリスクも高まります。ですから、肝機能の低下を自覚されている方は禁酒をしましょう。

(3)運動習慣

脂肪肝になっている方や、まだ脂肪肝にはなっていない肥満の方は、日常生活の中に運動習慣を取り入れていくとよいでしょう。身体の中の余分な脂肪を燃やして脂肪肝や肥満を改善していきましょう。おすすめな運動は、有酸素運動でウォーキングを30分程度行うとよいでしょう。






今回のまとめ

1)そもそも肝機能障害とは何?

2)5つのチェック!肝機能障害の場合の症状と特徴

3)症状の変化とは?肝機能障害の初期・中期・後期のチェック項目

4)何が原因なの?考えられる3大原因とは

5)これって病気の前兆?病気かどうかのチェック・確認項目とは

6)可能性のある6種類の病気とは?

7)初期症状で気になる場合に!専門医で試したい検査・治療方法とは

8)肝機能障害を予防・改善していくための生活習慣