カルテの説明をする男性の医者

生理痛や下痢などが原因で、下腹部がチクチクと痛む経験って、多かれ少なかれ誰でもあるのではないでしょうか。ただ、原因不明な痛みが長く続く場合には、意外な病気が潜んでいる可能性があります。

今回は下腹部がチクチクする原因・対処方法などを紹介します。






下腹部がチクチクする6大原因!5種類の病気の可能性


1)下腹部がチクチクする5つの代表的症状 

(1)下腹部の右側だけが痛む 

盲腸などが原因でこのような痛みが出ることがあります。  

(2)下腹部の左側だけが痛む 

便秘や下痢などが原因でこのような痛みが出ることがあります。 

(3)下腹部の真ん中が痛む 

腸閉塞や腸捻転でこのような痛みが出ることがあります。 

(4)生理時に痛む 

女性の生理前などに、痛みが現れるケースです。 

(5)排尿時に痛む 

膀胱炎などが原因で痛みが現れるケースです。 

2)下腹部がチクチクする6大原因 

(1)細菌 

女性の場合に多く見られるのですが、尿道を通って膀胱が細菌感染することによって膀胱炎になると、排尿時に痛みを感じたりするようになります。 

また、なんらかの原因によって、虫垂の内圧が上がったところに細菌感染を起こすと、急性虫垂炎(いわゆる盲腸)を発症することがあります。 

(2)性交渉 

女性の膀胱炎の場合、自分に問題がなくても、性交渉の相手から感染することがあります。 

(3)ホルモンバランス 

女性の生理や妊娠など、ホルモンバランスが乱れることによって、下腹部に痛みが現れることがあります。 

(4)ストレス 

ストレスによって、体の免疫力が低下することによって、さまざまな疾患のリスクが高まります。 

(5)食生活 

不規則な食生活や栄養バランスの悪い食事などによって、便の状態が悪化することによって、下腹部に痛みが現れることがあります。 

(6)先天的なもの 

腸閉塞や腸捻転などは、生まれつきの先天的なものであることがあります。 

Female doctor making notes

3)下腹部がチクチクする場合への4つの対処法 

(1)保温 

症状が起こっているところには、必ずと言っていいほど血行不良が見られるので、お風呂などで身体を温めて、血液の循環を良くすることで、身体の回復力を高めます。 

(2)痛みどめ 

生理時の痛みなどに関しては、痛みどめを服用することで、一時的に痛みを緩和することも一つの手です。 

(3)安静 

痛みがひどい場合には、安静にして休んでいることが一番です。 

(4)水分補給 

便秘の場合は、便の出を良くするため、下痢の場合は脱水症状にならないため、水分補給を行うことが大事です。 

以上で挙げた方法はあくまでも、原因が分かっている場合に行うことです。原因不明の痛みが続くような場合には、自己判断せずに、なるべく早めに医療機関を受診するようにしましょう。 

4)下腹部がチクチクする場合に考えられる5種類の病気 

(1)急性虫垂炎 

下腹部の特に右側に痛みが出る場合には、急性虫垂炎の可能性があります。急性なんて書くと、猛烈な痛みを想像しがちですが、意外にも、お医者さんで診てもらってから初めて分かるケースもあったりします。 

(2)膀胱炎 

排尿時に痛みをともなうような場合には、膀胱炎の疑いがあります。ほとんどの場合、女性に見られますが、これは、女性の尿道が男性よりも短いことに起因しています。ちなみに、子供の場合は、男女ともに起こりえます。 

(3)腸閉塞・腸捻転 

生まれつきの器質的なものであったり、手術後の腸の癒着などによって起こります。これら2つの疾患は、最悪の場合、命を落とすことにもつながりかねないので、早急な治療が必要です。 

(4)子宮内膜症 

本来は子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮以外の場所にできる疾患です。子宮以外の場所に出来た場合も、生理時に剥離・出血するのですが、血液が排出されないために、チョコレートのう胞ができたり、臓器との癒着を起こしたりします。 

出産を経験していない女性に多く見られますが、最近は症状の弱年齢化が起こっているようです。生殖年齢の女性の1割程度にみられるようです。 

(5)排便障害 

慢性的な便秘や下痢などの場合にも起こりえます。 

5)下腹部がチクチクする場合にすべき4つの検査方法 

(1)腸閉塞・腸捻転の場合 

消化器科を受診しましょう。検査法は、問診、触診、視診のほか、X線や超音波、CTなどの各種画像検査を用いておこなわれます。触診は腹部の腫れや圧痛、腫瘤の有無などを確認します。 

腸閉塞・腸捻転と診断された場合には、命見かかわる事があるので、入院して治療することが不可欠となります。費用は総額で20万円以上かかるようです。 

(2)子宮内膜症の場合 

婦人科を受診しましょう。問診、内診、直腸診、経膣著音波検査、血液検査、MRI検査などが行われます。検査費用は、超音波検査や血液検査であれば数千円程度、MRI検査の場合は1万円前後かかります。 

(3)膀胱炎の場合 

膀胱炎の場合は、泌尿器科を受診するようにしましょう。問診と尿検査が行われるのが通常です。費用は3割負担の場合で、初診料とあわせて1,000円から2,000円ていどかかるようです。 

(4)盲腸の場合 

盲腸の場合には消化器内科を受診するようにしましょう。検査は問診、触診、血液検査、腹部超音波検査、CT検査などを行います。

問診や触診、血液検査で分かる場合には数千円程度、各種画像診断をした場合には6,000円から8,000円程度かかるようです。 

Stethoscope in hands

6)下腹部がチクチクする場合にすべき2つの治療方法 

腸閉塞・腸捻転の場合は消化器科、子宮内膜症のばあいは婦人科、膀胱炎の場合には泌尿器科、盲腸の場合には消化器内科を受診するようにしましょう。

治療期間や費用は病院によってさまざまなので、担当のお医者に相談するとよいでしょう。 

(1)手術 

外科的な手術療法で、病巣を取り除きます。 

(2)投薬治療 

盲腸を散らしたり、細菌感染には抗生剤を用いたり、また痛み止めが出されることもあります。 

7)下腹部の痛みへの3つの予防ポイント 

(1)保温 

冷えは万病の元、普段から身体を冷やさないようにしましょう。 

(2)生活習慣 

先天的な疾患でもない限り、ほとんどの病気は生活習慣を改善することで予防できます。 

(3)ストレス解消 

原因不明の疾患は全て、ストレスが要因に挙げられます。ストレスをため込まないように気をつけましょう。 






今回のまとめ 

1)下腹部がチクチクする5つの代表的症状 

2)下腹部がチクチクする6大原因

3)下腹部がチクチクする4つの対処法 

4)下腹部がチクチクする場合に考えられる5種類の病気 

5)下腹部がチクチクする場合にすべき4つの検査方法 

6)下腹部がチクチクする場合にすべき2つの治療方法 

7)下腹部の痛みへの3つの予防ポイント