Doctors and nurses discussing together

日常生活において下腹部の鈍痛があった時、一時的なものと考えていると重大な内臓疾患を見逃してしまうかもしれません。

今回の記事では、下腹部に発症する鈍痛の原因や下腹部の鈍痛から考えられる病気などについて分かったことを紹介していきます。






下腹部の鈍痛の3つの原因!病気の可能性とは


1) 下腹部の鈍痛の2つの代表的症状

(1) 下腹部全体の痛み

腸閉塞・尿路結石・膀胱炎・腹膜炎などを発症していることにより痛みを感じていることが多いです。病気によって、痛みと同時に吐き気や血尿、冷や汗などの症状を発症することがあります。

痛みは、排尿時の痛みや急激な腹痛、痛みを繰り返すなど病気などにより痛み方は変わってきます。

(2) 下腹部一箇所の痛み

腸炎・潰瘍性大腸炎・食中毒・過敏性腸症候群・大腸がんなどを発症していることにより痛みを感じていることが多いです。

病気によって、下痢・便秘・血便・発熱などの症状を発症することがあります。

痛みは、人により弱い痛みから強い痛み、急激に痛みが発症するものなど病気などにより痛み方は変わってきます。

2) 下腹部の鈍痛の3大原因

(1) 月経前・中の痛み

月経前などから、下腹部が重たい感じや痛みを感じますが、女性であれば自分で生理周期を把握している方がほとんどなので、月経が下腹部の鈍痛の原因とすぐ判断できると思います。

(2) ストレスにより

ストレスを感じることで、自律神経が乱れることが腸の運動などが過敏になることにつながり、便通異常を起こすことが鈍痛を発症する原因になっている可能性があります。

(3) 下腹部にある内蔵にある炎症や病気などの異常によって

消化器・泌尿器・生殖器などが下腹部に内臓としてあり、臓器に異常があることで鈍痛を発症している可能性があります。

また、便秘も腸内環境の不調から下腹部の痛みとしてあらわれる原因となります。

3) 下腹部の鈍痛へ自宅で実践できる4つの対処方法

(1) 食あたりなどからくる、鈍痛であれば一時的なものが多いため安静にしていることで、痛みは治まると思います。

(2) 内臓の筋肉の痙攣からくる鈍痛であれば、腹部を温めることで筋肉の緊張をほぐすことができ、鈍痛が楽になると思います。

(3) 炎症からの鈍痛であれば、腹部をタオルに包んだ冷えたもので、徐々に冷やすことで鈍痛が楽になる可能性があります。

また、腹部に直接氷などで冷やしたりすると痛みが増幅するので注意が必要です。

(4) 腹部に鈍痛がある時は、内臓の病気などの可能性があり放置すると重症化する可能性があるので、痛みがひどいなど気になる症状があるなら医療機関に相談に行きましょう。

Doctor analyzing problem of her patient

4) 下腹部の鈍痛が続く場合に考えられる3つの病気

下腹部にある臓器の異常により鈍痛が考えられる場合、以下の病気が考えられます。

(1) 消化器

虫垂炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がん、虚血性大腸炎、移動盲腸、大腸憩室症、メッケル憩室症、腸閉塞、便秘など

(2) 泌尿器

急性膀胱炎、慢性膀胱炎、尿道結石など

(3) 生殖器

子宮内膜症、卵巣腫瘍、慢性前立腺炎、子宮頸がん、月経困難症、子宮筋腫など

5) 下腹部の鈍痛への食生活の4つの注意ポイント

下腹部の鈍痛が胃の機能低下や胃酸の出過ぎが原因であれば、食事に問題があるかもしれません。

(1) カフェインの過剰摂取

カフェインは、胃酸の分泌を促す効果があり過剰摂取は、胃酸が過剰分泌されて鈍痛につながります。含まれる食品は、緑茶、コーヒーなどがあります。

(2) 香辛料の過剰摂取

香辛料は、胃に刺激を与える効果があり過剰摂取は、胃への刺激により胃酸が過剰分泌されて鈍痛につながります。

含まれる食品は、わさび、唐辛子などがあります。

(3) アルコールの過剰摂取

アルコールは、胃酸分泌を促し食欲増進の効果があるので、過剰摂取は胃酸の分泌が過剰になり鈍痛につながります。

また、過剰摂取は胃の運動機能を低下させ、胃の内容物が残るので胃もたれにつながるので注意が必要です。

(4) 脂肪分が多い肉類

消化の始まりが遅く、脂肪にいたっては食後3~4時間後に吸収されるので、胃に長くとることが胃の負担になり鈍痛に良くありません。

含まれる食品は、ウインナー、ベーコン、豚バラ肉などがあります。

6) 下腹部の鈍痛が続く場合にすべき8つの検査方法

女性で、鈍痛以外に生理がない、性器から出血・おりもの、腹部がはれているなどの症状があるようなら、まずは婦人科を受診するようにしましょう。

鈍痛以外の症状が、便秘、嘔吐、食欲低下などの時は消化器科を、排尿痛・頻尿などの時は泌尿器科を受診するようにしましょう。

ただし、女性は女性ホルモンが鈍痛を引き起こしている可能性もあるので、鈍痛以外に症状がなくても、気になる症状があれば婦人科を受診しましょう。

(1) 問診

(2) 血液検査

(3) 尿検査

(4) 腹部超音波検査

(5) 腹部レントゲン検査

(6) 心電図

(7) 腹部CT検査

(8) 胃内・大腸内視鏡検査

Male medicine doctor hand holding stethoscope head

7) 下腹部の鈍痛が続く場合にすべき治療方法

下腹部の鈍痛が続く場合は、消化器科、婦人科、泌尿器科などを受診し鈍痛の原因を把握して、原因となるものに適した治療をするのが大切です。

急性の腹痛で多く見られる、急性胃腸炎が腹痛の原因の場合の治療法を紹介します。

(1) 水分補給

急性胃腸炎で鈍痛がある場合、下痢や嘔吐を伴うことが多いため体の水分が出てしまい脱水症状を起こす可能性があります。

脱水を防ぐためにも、水分補給はこまめにするようにしましょう。自分で摂取するのが難しければ、医療機関などで点滴などをしてもらいましょう。

急性胃腸炎で、下痢・嘔吐を止める薬を飲んでしまうと、ウイルスなどが原因の場合、下痢や嘔吐とともにウイルスなどが流れ出るのを止めてしまい回復が長引く可能性があるので医師の判断のもと服薬するようにしましょう。

8) 下腹部の鈍痛へ日常からできる3つの予防ポイント

(1) バランスの良い食生活

食べ過ぎや刺激物の摂取は、鈍痛につながり良くありません。1日3食適量を摂取しましょう。

(2) ストレス発散

ストレスは自律神経を乱し、鈍痛を招く可能性があるので趣味や音楽などで、ストレスを発散させる生活を送りましょう。

(3) 体は冷やさない

体を冷やすことは、温度差が自律神経を乱し鈍痛につながってしまいます。上着などで体を冷やさないようにしましょう。






今回のまとめ

1) 下腹部の鈍痛の代表的症状として、下腹部全体が痛む症状と下腹部一箇所が痛む症状に分かれ、痛み方などは鈍痛の原因となっている症状により変わってきます。

2) 下腹部の鈍痛の原因として、月経前・中の痛みやストレス、下腹部にある内臓の異常などが考えられます。

3) 下腹部の鈍痛の自宅でできる対処法として、食あたりなどであれば安静にし、鈍痛の原因により筋肉の痙攣からくるものであれば腹部を温めましょう。

炎症からであればタオルなどで包んだもので腹部を冷やしますが、原因が特定できてなければ適切な対処はできないので、内臓疾患が無いかを確認するためにも、医療機関に相談に行きましょう。

4) 下腹部の鈍痛が続く場合に考えられる病気として、下腹部にある内蔵からいくつかの病気が考えられます。

消化器であれば虫垂炎・過敏性腸症候群・大腸がんなど、泌尿器であれば尿結石・急性膀胱炎など、生殖器であれば子宮内膜症・子宮がん・子宮筋腫などが考えられます。

5) 下腹部の鈍痛への食生活の注意ポイントとして、カフェイン・香辛料・アルコールの過剰摂取、脂肪分の多い肉類の摂取などがあげられます。

6) 下腹部の鈍痛が続く場合にすべき検査方法として、症状などによって専門医を受診することが大切で、問診・尿検査・血液検査・腹部超音波検査・腹部レントゲン検査・心電図・腹部CT検査・胃内/大腸内視鏡検査などがあります。

7) 下腹部の鈍痛が続く場合にすべき治療方法として、専門医を受診し原因に適した治療をすることが大切です。腹痛で多く見られる急性胃腸炎の治療法としては、水分補給による治療があります。

8) 下腹部の鈍痛へ日常からできる予防ポイントは、バランスの取れた食生活・ストレス発散・体を冷やさないなどがあげられます。