ベッドでお腹を押さえている女性

食事のあとに気持ちが悪くなるまたは吐いてしまったことは誰でも経験があると思います。もしかしたら胃酸が口まで上がってきている可能性があります。この場合病気の可能性も考えられます。今回はそんな胃酸が上がってくる原因や対処法を紹介します。






胃酸が上がってくるのはなぜ?3つの対処方法と原因とは


1)胃酸が上がるとは何?メカニズムとは?

通常は胃と食道にある噴門と呼ばれる場所にある括約筋が収縮することで胃酸を含めた食べ物が逆流しないようになっています。しかし、この噴門反射とよばれる機能に異常がでると口の方に胃の中のものが逆流する場合があります。また、胃酸が通常よりも多く出る場合も口の方に胃酸が逆流するケースもあります。

2)胃酸が上がってくる場合の3大原因とは

(1)ストレス

ストレスを感じることによって自律神経に異常がでます。ストレスを長時間感じることで交感神経が常に緊張し、胃酸の分泌が過剰になりやすいといわれています。そのため、大事な打ち合わせやプレゼンテーション前に嗚咽がでるのはそのためです。この状態が続くと食事以外のときにも胃酸が多くでてしまい。胃酸逆流の症状がでます。

(2)肥満

肥満の場合、体内の圧力が高くなり噴門の機能が効かなくなり、胃酸が逆流する場合があります。肥満の人だけではなく妊娠していてもお腹の圧力が高くなり同様の症状が出る場合もあります。肥満でなくなると症状がなくなるまたは和らぎます。

(3)刺激物の摂取

筋肉をリラックスさせてしまうアルコールや胃の収縮機能を弱めるタバコを摂取することで胃酸を逆流させないようにする筋肉や胃の機能が働きにくくなる場合があります。

3)応急処置はあるの?試してみたい対処方法とは

(1)ガムをかむ

ガムをかむことで唾液が出ます。この唾液は胃酸を中和させる効果があるので胸やけなどの症状を和らげてくれます。しかし、ガムをかみすぎるとお腹を壊す場合もあるので一回1つが目安です。

(2)水を飲む

水、特にミネラルウォーターを飲むことで胃酸を胃酸の逆流を戻す効果があります。牛乳やヨーグルトは胃酸の中和もできるので効果が大きいですが、人によってはお腹を壊しやすくなります。

Closeup on medical doctor woman explaining something

4)症状が続く場合は要注意!考えられる3種類の病気とは

(1)逆流性食道炎

病名通り、胃酸が食道に逆流することで食道の粘膜が胃酸によって炎症する病気です。胃の中の圧力が上昇すること、胃酸分泌の増加、胃酸を逆流させないための下部食道活躍筋の機能低下などが原因で発生します。胸やけや吐き気などの症状の他にも睡眠の質が低下し日常生活にも大きな影響がでます。

(2)食道炎

胃酸以外の原因で食道に炎症が起き、食道の本来の機能が落ちます。内視鏡などですぐに調べることができ、潰瘍やびらんが食道にできていることがほとんどです。ウィルスの侵入によって炎症がおき、痛みや熱、咳などの風邪に似た症状を伴います、

(3)食道癌

食道に癌が発生します。9割以上が食道の表面を覆っている扁平上皮に癌ができ、自覚症状が出ない場合もあります。主な症状としては食道がしみる、ものがつかえる、短期的な体重の減少などがあげられます。

5)気になる場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

(1)検査

・内視鏡検査

管状のカメラを使用して胃や食道の状態をみます。すぐにかつ的確に炎症の有無や具合を調べることができるので精密度の高い検査といえます。近年ではカメラもかなり細く子供にも体の負担を最小限に抑えながら検査をすることができます。費用5000円以上かかる場合もあります。

・血液検査

血液の成分を調べ、ウィルスに感染していないか、炎症がないか、また癌がどうかもわかる場合もあります。血液検査は3~5日、検査内容によってはそれ以上かかる場合もあります。費用も内容によって様々です。

(2)治療

・薬物療法

症状によって様々な薬剤を使用します。胃液が多い人は胃液の分泌を抑える薬や炎症止め、ウィルスによる炎症がある場合は抗生物質を服用します。場合によっては胆液や腸液を逆流しない薬など服用する可能性のある薬は多岐にわたるため、医師に副作用や服用期間を確認しましょう。

・生活改善

胃液が逆流すること、または食道の炎症は不規則な生活やストレスの負担における免疫機能の低下に大きく影響されているといわれています。そのため、医師の指導のもと、カフェインやアルコールなどの刺激物の摂取を控えるとともに、睡眠時間やストレスコントロールを行い、体調の回復をはかります。

6)生活習慣を整えよう!胃酸が上がってくる症状への予防習慣

(1)食生活の改善

刺激のあるアルコールやタバコの摂取は控え、規則通りの時間に食事を摂取することが必要です。毎日忙しく朝~夜までの食事をとる時間がバラバラであれば胃液が出るタイミングもバラバラとなり胃液が逆流するきっかけとなります。また胃に負担をかけないようによくかみながら食事をするようにしましょう。

(2)ストレスを溜めない

ストレスは前述でも話した通り、胃液逆流の要因になりやすいです。ストレスを感じて長時間引きずらないように湯舟でゆっくりする、趣味を楽しむなどでストレスを発散するようにしましょう。ジョギングや水泳(水の中で歩く)だけでもストレス発散に大きな効果があります。






今回のまとめ

1)胃酸が上がるとは何?メカニズムとは?

2)胃酸が上がってくる場合の3大原因とは

3)応急処置はあるの?試してみたい2つの対処方法

4)症状が続く場合は要注意!考えられる3種類の病気とは

5)気になる場合は専門家へ!症状への2つの検査・治療方法

6)生活習慣を整えよう!胃酸が上がってくる症状への2つの予防習慣