男性の患者を問診するナース

体全身の疾患で最も多いのは腹痛と考えられ、その中でも現代社会では食後の胃もたれは毎日可能性のある疾患といえるでしょう。

今回は胃もたれと吐き気が同時に起こる原因や、考えられる病気の可能性、治療法や予防のポイントをお伝えいたします。






胃もたれと吐き気の2大原因!病気の可能性とは


1)胃もたれとは

(1)胃もたれとは

胃もたれとは、過剰摂取などにより胃の中に食べたものが十二指腸に排出されずに胃の中にずっととどまっている状態に起こります。

胃の中に食物が溜まっているので胃が重く感じた状態を胃もたれといいます。

(2)胃もたれの原因

過食や消化の良くないものを摂取したり、胃の動きが低下する疾患、胃の動きをコントロールしている自律神経がストレスなどによって乱れた場合にも胃もたれを感じます。

胃もたれは主に胃の異常によって起こります。原因としては、機能性ディスペプシア・胃食道逆流症・慢性胃炎が考えられます。

2)胃もたれと吐き気が同時に起こる症状

胃もたれは、胃の中に食べ物がたまっておこります。吐き気は何らかの原因により胃の中ものを排出しようとする行為です。

このことより胃の中に食物がたまっていて十二指腸に排出することが間に合わず口から排出しようとして吐き気を感じます。

その他に胃腸に何らかの疾病がある場合も同じように胃もたれと吐き気を感じる場合があります。

3)胃もたれと吐き気が同時に起こる2大原因

(1)食べ過ぎ・飲み過ぎ

胃もたれがして、さらに吐き気もするというときにまず考えられるのは、食べ過ぎや飲み過ぎです。

食べ過ぎると、胃に大きな負担がかかって消化不良になり、胃の中に食べたものが停滞してしまうので胃が重く感じたり、気持ち悪くなったりしやすくなります。

(2)胃の機能の低下

身体にストレスがかかっていると疲労状態から胃腸機能の低下が考えられます。最近過度な働き過ぎや、不規則な生活、または睡眠不足が思い当たるのでしたら、考えられます。

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

4)胃もたれと吐き気が続く場合に考えられる8種類の病気

胃もたれや吐き気などの症状が継続する場合は、次のような病気が考えられます。

(1)機能性ディスペプシア

(2)非ビラン性胃食道逆流症

まず内視鏡での検査ではわからない機能性ディスペプシア、非ビラン性胃食道逆流症があります。

内視鏡検査でわかる病気としては次のものがあります。

(3)胃潰瘍

(5)十二指腸潰瘍

(6)逆流性食道炎

(7)慢性胃炎

(8)胃がん

などが考えられます。

5)胃もたれと吐き気へ自宅でできる対処方法

まずは、吐き気を抑えます。

(1)体が楽になるように安静にする

(2)寝転がるときは体の右側を下にして寝る

(3)ミントのガムやタブレットを噛む

(4)ツボを押して吐き気を解消する。吐き気を解消するためのなツボは、足、腕、指の3か所にあります。

(5)吐き気に効果的な胃腸薬を飲む

吐き気が収まればその後、病院を受診して原因を調べます。

6)胃もたれと吐き気への4つの食事ポイント

(1)おなか一杯食べない、腹八分目

(2)早食いせず、ゆっくり食べる

(3)刺激物を取り過ぎない

(4)脂肪分を取りすぎない

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

7)胃もたれと吐き気が続く場合にすべき検査方法

(1)ピロリ菌の有無を検査する。

(2)内視鏡により検査する。

まず症状が継続的に起こっているかチェックします。その後内視鏡による検査を行い胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの疾病がないか調べます。

内視鏡により検査で異常がない場合、機能性ディスペプシアや非びらん性胃食道逆流症が考えられます。

吐き気がする、胃痛がする、胃の不快感がある場合は、機能性ディスペプシア、胃酸の逆流感がある、すっぱいものがこみ上げてくるように場合は、非びらん性胃食道逆流症となります。

また普段の健康診断でも次の検査を行い胃の状態を知ることにより胃がんなどの疾病を早期発見、予防することができます。

8)胃もたれと吐き気が続く場合にすべきの治療方法

検査の結果、胃炎などの疾病が見つかった場合は、次のような治療を行いその治癒を目指す治療を行います。

(1)胃潰瘍の場合は、内視鏡治療により止血し、薬物治療を行います。

(2)胃がんの場合は、内視鏡治療による切除、外科的な切除手術や抗がん剤治療を行います。

(3)逆流性食道炎の場合、薬物治療を生活習慣の改善を行います。

内視鏡検査で異常が見つからなかった場合

(1)機能性ディスペプシアの場合、胃の動きをよくする薬、胃酸の分泌を抑える薬を使う薬物治療を行います。

(2)非びらん性胃食道逆流症の場合、胃酸の分泌を抑える薬を使う薬物治療を行います。

9)胃もたれと吐き気へ日常からできる4つの予防ポイント

胃の不調を改善するために、次の4つポイントを押さえて生活改善を図りましょう。

(1)薬物治療

胃の調子などの症状に適した薬を飲むことにより、胃の動きが悪い場合は、胃の機能改善する薬を飲み、胃酸などにより不調となっている場合は、胃酸の分泌を抑える薬を飲みます。

(2)生活改善

自律神経の乱れから生じる胃の不調を抑えるために自律神経バランスを保つように心がけます。

具体的には、自律神経のバランスを崩す原因となるストレスをコントロールし、規則正しい生活を心掛けます。

(3)運動習慣

胃をはじめとする体の不調を招く原因になるストレスを和らげるように心掛けます。

適度な運動習慣行うことによる爽快感、達成感を得ることができ、定期的な習慣とすることにより生活リズムが整い、エネルギーが適切に消費されることより食欲不振も解消されます。

(4)食事改善

食生活の乱れは、胃酸過多や胃酸逆流の原因になります。早食いしない、脂肪分を取りすぎない、食べ過ぎない(腹八分目)、食後すぐに横にならないの4つの食事ポイントを守ります。

自分の胃の状態を把握し、健全な生活を送りましょう。






今回のまとめ

1)胃もたれとは

2)胃もたれと吐き気が同時に起こる症状

3)胃もたれと吐き気が同時に起こる2大原因

4)胃もたれと吐き気が続く場合に考えられる病気

5)胃もたれと吐き気へ自宅でできる対処方法

6)胃もたれと吐き気への4つの食事ポイント

7)胃もたれと吐き気が続く場合にすべき検査方法

8)胃もたれと吐き気が続く場合にすべきの治療方法とは

9)胃もたれと吐き気へ日常からできる4つの予防ポイント