部屋の水に座る具合の悪い女性

風邪などからくる急性胃腸炎などで、胃の痛みや下痢といった症状が同時に起こり苦しい思いをする人も多くいると思います。

ここでは胃が痛い事と下痢が同時に起こる原因として、どんな種類があり、どんな対処方法があるかなどをお伝えします。






胃が痛い&下痢が同時にくる2つの原因と対処法


1)胃が痛い2つの種類とは

(1)胃潰瘍

胃潰瘍とは、不摂生な生活やピロリ菌の影響で保護膜が壊され、胃酸によって胃の壁が浸食されてえぐられるような痛みを生じます。痛みや出血を伴う症状があります。

(2)胃炎(急性胃炎・慢性胃炎)

急性胃炎とは、ストレスや薬物などの科学的な痛みや刺激が原因で、胃粘膜に急性の炎症が起こり出血やただれなどが生じた状態の事を言います。

神経性胃炎、ストレス性胃炎は急性胃炎に含まれます。急激に激しい胃痛、嘔吐、胸やけ、貧血といった物ですう。

慢性胃炎の場合には、40歳以上に多くみられる病気で胃の調子が悪く食後に胃もたれや、空腹時に胃が痛む、食欲不振など、慢性的な不調を抱えています。

2)胃が痛い症状と同時に起こる2つの症状

(1)慢性胃炎

特徴的な症状は少ないながらも、空腹時の胃痛・食後の胃もたれ食欲不振など慢性的な胃の不調を抱えている方は多いです。

内視鏡でみると、胃粘膜のあちこちが赤くただれている、胃が委縮して胃液分泌が儒通分になっているという事があります。

症状としては、みぞおちの痛み、食欲不振、食後の膨満感、胸やけ、ゲップ、悪心、嘔吐などが挙げられます。

(2)胃がん

胃がんの初期症状は殆どないと言われていますが、ある程度病状が進むとみぞおちの痛み、吐気、胸やけ、貧血、ゲップ、体重減少食欲不振など胃潰瘍や胃炎に似た症状が見られます。

3)胃が痛い症状と下痢が同時に起こる2つの原因

(1)急性胃腸炎

アルコールやカフェイン飲料の飲み過ぎ、香辛料や刺激の強いものの摂り過ぎ、喫煙、ストレスによる胃酸過多、ウイルス性の胃炎などが原因で胃の粘膜がダメージを受けて、消化機能が衰えてしまっている事が考えられます。

ダメージを受けている胃は、本来持っている消化機能が衰えてしまっているために、消化されていない状態で腸に届いてしまい、下痢を引き起こします。

(2)ストレス

社会から受けるストレスを感じとり、飲酒や喫煙する人が増えています。胃はストレスやアルコールやタバコなど大きく影響を受ける事が考えられており、炎症を引き起こすことが原因とされています。

胃の活動低下により、消化不良が起こると、胃痛から下痢という症状が起こります。

Male medicine doctor hand holding stethoscope head

4)胃が痛い症状と下痢が続く場合に考えられる2つの病気

(1)急性胃腸炎

病気として一番多く考えられるのは、急性胃腸炎です。胃痛と下痢が同時に起こるというのが特徴的です。発熱や嘔吐を伴った腹痛や下痢といった症状です。

このような症状の場合には、病院へ行きます。下痢や嘔吐といった事から、脱水症状になってしまう事がある為、注意が必要になります。

(2)ストレス性胃腸炎

肉体的ストレスや精神的ストレスにより、消化機能に障害が起こり胃痛が起こる亜場合があります。胃痛の原因が胃の粘膜が荒れているという事も考えられます。

つまり消化が上手くできない為に、胃痛と下痢が同時に起こるという事です。1日も早く胃腸の働きを正常化するには消化力を高める為に腸内環境を高める努力が必要です。

胃と腸は繋がっているため、吐気や嘔吐を併発する事もあります。

5)胃が痛い症状と下痢への自宅でできる3つの対処方法

(1)摂食

急性胃炎で胃痛と下痢が起こっている場合には、胃の症状を整える事が潜血になります。演奏によって弱った胃を休ませるために半日から日は食事を控える事が望ましいでしょう。

水分補給を怠らないように、湯冷ましや番茶など胃に負担のかからない飲み物を摂取しつつ様子を見ます。

(2)食事

食事は消化の良い、おかゆやうどん・野菜スープ等消化の良い物を食べるようにして胃を少しずつ鳴らしていくというのが良いです。

できるだけ薄味で、脂肪分の少ないさっぱりとしたものにしましょう。

(3)胃腸薬

原因がはっきりしていて、飲み過ぎや食べ過ぎなどの痛みの原因もわかっている場合には胃腸薬や下痢止めを活用して症状を緩和させます。

ウイルスや細菌による痛みの場合は異なるので注意が必要です。2~3日の安静でも症状が変わらないときには別の病気の可能性もあるので、早めに医療機関を受診します。

6)胃が痛い症状と下痢が続く場合にすべき2つの検査方法

(1)急性胃腸炎

急性胃腸炎の場合には、嘔吐・下痢・発熱が主でウイルス性の風邪になります。2日以上続くのが特徴で潜伏期間は24~48時間だと言われています。

子供や高齢者だと1週間程度かかることもありますが、基本的には検査方法はなく嘔吐物や便でウイルス検査をするという事になります。

(2)胃潰瘍

バリウム検査や内視鏡検査を行います。また、胃がんがないかどうかを確認するためにがん検診を行う場合もあります。

急性胃腸炎のように短期間ではなく、長期にわたり胃に不快感がある場合に検査をします。初期のガンに関しては症状が出にくい為、定期的な健診が早期発見につながるでしょう。

Doctors who are using the tablet

7)胃が痛い症状と下痢が続く場合にすべき4つの治療方法

(1)水分補給

急性胃腸炎になった場合には、基本的には絶食をします。摂取して良いものとしては、系候補膵液やお茶、ジュースのみといったものにします。

(2)流動食やペースト食

次に消化の良い食事をします。と言っても、ほぼ水分上の物になりますので、スープや果物といったものになります。

たくさんの量を摂取してしまうと、胃に負担がかかってしまう事も考えられますので、少しずつ量を増やしていきます。

(3)普通食

普通食としては少量から、徐々に元の量に戻していきます。普通食の中でも消化の良い物を食べていきます。お粥やうどんといった食事にし、味は薄味のものにします。

(4)注意点

内科や胃腸科を受診します。急性胃腸炎の時の下痢や嘔吐というものは、有害なものを体外に排出しようとする身体が持つ防衛反応になります。

下痢止めや吐き気止めを服用すると、症状を悪化させることがあるので注意が必要です。整腸剤としては、乳酸菌を主成分とするビフィズス菌整腸剤を処方してもらう事が出来ます。

8)胃が痛い症状と下痢を日常から予防する4つのポイント

(1)手洗いうがい

手洗いやうがいにはウイルスの感染を防ぎ、二次感染の予防に繋がります。自宅に帰ったら手洗いうがいという習慣を身につけましょう。

(2)マスクでの感染予防

口の中に菌が入ることにより、感染し症状が発症する可能性が高くなります。事前にマスクをするなどして感染予防を心がける事も大切です。

(3)加熱

湿度の高い時期や夏場というのは、食品が腐りやすい時期でもあります。しっかりと加熱消毒してから調理をして口にするようにしましょう。

(4)ストレス解消

日々のストレスから胃腸炎を起こすケースもあります。ストレスを感じたら、運動や趣味、自然を解消する術を身に着けておくことが大切です。






今回のまとめ

1)胃が痛い症状と下痢の症状が出たら原因が何かを検査する。

2)ウイルス性の急性胃腸炎の場合、特効薬がない為に水分補給から始め徐々に消化の良い物を摂取する。

3)予防策としては、手洗いうがいなどを基本としストレスの解消を図るようにする。