医者に問診を受ける男性の患者

胃の重大な症状の中に胃炎を聞いたことがありますか。胃潰瘍と並び胃に出やすい病気の一つとして位置づけられています。

今回は胃炎の症状のチェックポイントや対処法、予防の方法などをお伝えします。






胃炎の症状の3つのチェック項目!予防法とは


1)胃炎とは何か

大きく分けると急性胃炎と慢性胃炎があります。

(1)急性胃炎

胃の腫れ、出血などが起きるものでみぞおちの部分の痛みや吐き気の症状があります。便通以上や下血の可能性も危惧されます。

(2)慢性胃炎

胃もたれや不快感、食欲不振、胸やけ、ゲップなどの症状が表れます。

(3)性差や年齢

男女別では、男性は生活習慣から来る痛みが見られ女性は妊娠の影響もあるとされる。性差ほぼ見られない。

年齢差も胃そのものは年齢と共に機能が低下していくが子供特有の病気も考えられ、懸念材料とされている。

2)胃炎かどうかをチェックする3つの特徴

(1)日ごろの食生活

例えば暴飲暴食などの、不規則な食生活はしていませんか。生活習慣病と繋がる部分も多いです。

他にも栄養の偏りや脂分、香辛料の過剰摂取は胃を悪くさせてしまう原因の一つになります。

(2)喫煙と飲酒

喫煙と飲酒をされる方は胃の負担も大きく、胃炎の可能性もあります。自分の頻度を把握する必要があります。

(3)ストレス

ストレスは具体的に図ることは出来ませんが、会社や人間関係で知らないうちに溜めこんでしまっている場合があります。食事以上に注意が必要とされます。

3)胃炎の症状解説!初期・中期・末期症状の違い

(1)初期症状

常に胃に不快感がある場合や自覚症状が無い場合もあるとされています。胃もたれ、食欲不振、吐き気など症状は様々です。

(2)中期症状

いつもなら落ちついているはずだがそう感じられない時は何らかの形で進行している可能性があります。単純な二日酔いや胃の痛みではないことも見て取れます。

(3)末期症状

胃炎にかかってしまったうえに、さらに胃がんや胃潰瘍の懸念も起きます。簡単に購入できる薬では解決が難しい可能背も出てきてしまいます。

Closeup on concerned medical doctor woman sitting in office

4)胃炎の3大原因

(1)食生活からの刺激

アルコール、コーヒー、香辛料など挙げれば多く存在します。勿論お酒やたばこも該当しますし薬の服施用も充分言えます。

(2)生活スタイル

ストレスや不規則な生活環境が当てはまります。自分ではそう感じていなくても無意識の中に胃の影響が進行していることが多くあります。

(3)体の内部の物

消化器の病気以外の感染症やアレルギーなどが当てはまります。風邪やインフルエンザも該当しますが、この場合は病気の根源を直すことが胃の回復にも繋がります。

5)胃炎に実践できる2つの対処法

(1)ぬるま湯や程よく暖かいものを摂取する

胃に優しさを与える必要があります。それにより少しでも胃の負担も軽減します。出来る限り早めの対応策が必要になります。

(2)気持ちを落ち着かせる

一言で言っても難しいですが、リフレッシュです。自分の好きなことを考え続け時には嫌なことを忘れることも必要です。

6)胃炎への食事の3つのポイント

(1)味付けの濃いものを避ける

胃の負担が大きくなりますので、外食も避けて薄味を心がけましょう。胃の負担が軽減される一番の要因です。

(2)カフェインとアルコールを避ける

薬を服薬する治療の可能性もあるので、極力飲料系の負担も胃に与えないようにしましょう。

(3)胃への影響を軽くする

脂っこい食事を避けると同時に食物繊維の少ない食事での調理が大切になります。

Doctor that prescribe medicine

7)胃炎の2つの検査方法とは

(1)胃カメラ検査

一度くらいは耳にしたことがあるカメラ検査で胃の内部を見ることで症状を探します。粘膜や癌の可能性も探ることが出来ます。

(2)血液検査

ピロリ菌を中心に抗体検査が可能です。生活習慣の見直しにも繋がり、低コストで実施できます。他の症状も間接的に発見できます。

8)胃炎の2つの治療法とは

(1)薬物治療

胃酸成分を抑える薬が適用されます。胃粘膜を保護する薬や運動機能を改善させる薬も存在しています。場合によっては点滴による栄養摂取も行います。

(2)絶食治療

数日間絶食して、自然治癒力を引き出す手法があります。個人で行わず専門家の指導の下で行うようにする必要があります。水分補給の重要性も関わってきます。

9)胃炎を日常から予防する3つのポイント

(1)呼吸で自律神経のバランスを整える

呼吸法をしっかり覚えてリラックスすることが大切です。おへその下から集中してお腹に新しい空気を入れてリフレッシュしましょう。数回繰り返すだけで効果が出ます。

(2)ストレスコントロール

入浴や散歩、テレビなど自分に合ったリラックス方法を探して取り除くことが大切です。上手く解消する方法を自分で見つけ出しておくことが必要です。

(3)規則正しい食事

ここまでに言及してきた食事関係全てが大切になります。胃酸を過剰に分泌させてしまうことと胃の粘膜を痛めてしまうことを避ける必要性があります。






今回のまとめ

1)胃炎とは何か

2)胃炎かどうかをチェックする3つの特徴

3)胃炎の症状解説!初期・中期・末期症状の違い

4)胃炎の3大原因

5)胃炎に実践できる2つの対処法

6)胃炎への食事の3つのポイント

7)胃炎の2つの検査方法とは

8)胃炎の2つの治療法とは

9)胃炎を日常から予防する3つのポイント

胃炎には食事関係及び口から摂取する動作が一番大きく関わってきます。胃がんなどを抑えるためにも検査はとても大切と言えます。

可能であれば、初期症状で違和感を得て、行動をすることが理想と言えます。日常予防法は生活習慣の予防の他にも内臓系の予防にも大きく良い影響があると言えます。