Young attractive woman doctor taking notes while patient speak

胃が締め付けられる痛みは重要な病気のサインです。痛みは軽いものから立つことができないほどの重いものまで様々ですが、重症の場合は放っておくと重大なことになる可能性もあります。以下に、胃に痛みを感じた際の原因や対処法を紹介します。






胃が締め付けられる痛み?原因と3つの病気の可能性とは


1)どんな症状が現れる?胃の痛みの種類と特徴の違い

(1)ズキズキした痛み

突発的に痛みが発生する特徴があります。痛みは軽いものからその場で動けなくなるような強い痛みまで様々あります。

(2)吐き気がする

胃の痛みに加えてすっぱい胃酸がこみ上げてくる吐き気を感じます。また、腹痛、発熱などを伴うこともあります。

2)痛むのはなぜ?胃が締め付けられるような痛みの3大原因とは

(1)ストレス

胃はデリケートな臓器なので、ストレスに大変敏感です。脳がストレスを感じるとそれに伴い胃酸の分泌量が増加し、胃の中を傷つけてしまいます。

(2)胃壁が炎症を起こしている

胃はアルコール、コーヒー、辛いものなどの刺激がある物を多量に摂取すると、胃壁が傷ついて吐き気、胃もたれを起こします。

(3)偏りのある食生活

同じものしか食べない、野菜が不足しているなど、食生活に偏りがあると胃の中に慢性的な炎症が発生してしまいます。

3)応急処置はあるの?試してみたい3つの対処方法

(1)ツボを押す

手の甲側の親指と人差し指の付け根辺りには合谷(ごうこく)というツボがあります。ここを強く長めに押すと胃痛を和らげることができると言われています。

(2)乳製品を摂取する

乳製品は胃の中に長く留まり胃壁に膜を張るので、胃酸から胃を保護してくれる働きがあります。

(3)温かい飲み物を飲む

熱すぎない程度の飲み物を少しずつ摂取します。その際、コーヒー、緑茶などは刺激が強いので飲まないようにしましょう。白湯は胃に最も負担がかからないので、胃痛の激しい時におすすめです。

femme couche qui a mal au ventre

4)症状が続く場合は要注意・・考えられる3種類の病気とは?

(1)胃炎

胃炎は胃カタルとも呼ばれ、急性胃炎と慢性胃炎があります。日本人がかかる割合は慢性胃炎が大半を占めています。急性胃炎とは種々の原因により胃の炎症が突発的に起こり、その進行が素早い状態を言います。また、ストレスなどの原因が取り除かれると早く治るという特徴を持ちます。

慢性胃炎は胃の炎症が持続的に発症している状態であり、急性胃炎と違い、完治は稀です。日本人が慢性胃炎にかかる原因の大半はヘリコバクター・ピロリ菌の感染が挙げられます。これまでは胃の中は無菌状態であるという定説がありましたが、1982年に胃の中でも生きられるピロリ菌が発見され、この説は覆されました。このピロリ菌が原因で慢性胃炎が引き起こされます。

(2)胃潰瘍

胃酸と胃壁を守る粘液の分泌バランスに狂いが生じ、胃酸の量が増えることによって胃に潰瘍ができます。潰瘍とは組織が炎症を起こして崩れ、えぐれた状態を指します。分泌バランスが崩れる原因の7割はピロリ菌によるものです。気が利く人、自分一人で物事を解決しようと抱え込む人、神経質な人はストレスを溜め込みやすいので胃潰瘍になる可能性が高いと言えます。痛みの感じ方は個人によって差があり、中には全く痛みを感じない人もいます。

(3)急性胆嚢炎

肝臓で作られる消化液に、脂肪やタンパク質の消化を促進するアルカリ性の胆汁というものがあります。胆汁の主な構成物質は水分で、他には胆汁酸、ビルビリン、コレステロールなどが含まれています。この胆汁は胆管を通り胆のうへと至り、そこで濃縮されますが、時々胆管で胆汁が固まり、石のようになってしまうことがあります。これを胆石と言います。急性胆嚢炎は、この胆石が胆のうの入り口を塞ぐことによって胆汁が留まり、そこから細菌に感染して発症します。

5)気になる場合は専門家へ!胃の急性の痛みへの検査方法

(1)胃炎

急性胃炎の場合は問診、触診に加え、必要に応じて内視鏡検査を行い、胃粘膜がえぐれたり炎症を起こしていたりしないかを確認して胃炎かどうかを判断します。慢性胃炎の場合は問診、触診だけでは判断が難しいので、内視鏡検査に重点が置かれます。内視鏡は口、もしくは鼻から体内へ入れます。費用は5千円から1万円程度かかります。

(2)胃潰瘍

問診、触診、内視鏡検査に加えてバリウム造影検査を行い診断します。バリウム造影検査では、バリウムを飲んだ後にレントゲンを撮影します。バリウムが潰瘍のできた部分に入り込んだ様子がレントゲンに映るので、それで診断を行います。バリウム造影検査の費用は5千円ほどかかります。

(3)急性胆嚢炎

急性胆嚢炎では血液検査が用いられます。血中に含まれる白血球数が増加していると急性胆嚢炎の可能性があります。他には腹部超音波検査で胆石の有無を確認したりもします。

腹部超音波検査は上半身の衣服を脱ぎ、腹部にゼリーを塗り、超音波を発生させる機械を当てて診断します。費用は2千円ほどかかります。

Doctor and surgeon reading notes

6)病気の場合には?専門医で行われる可能性のある治療方法

(1)胃炎

胃酸の分泌を抑える薬、胃粘膜の分泌を促して胃を保護する薬、胃の運動機能を促進する薬などを用いて治療を行います。治療中は点滴による栄養摂取を行う場合もあります。また、慢性胃炎の際は自覚症状がなくなったからと言って薬の服用をやめると、胃炎が再発することもありますので、医師の指示に従いましょう。

(2)胃潰瘍

胃潰瘍の治療は一般的に内服薬で行います。手術による治療はあまりありませんが、胃に穴が開いたり、その兆候がある場合は手術をすることもあります。H2プロッカーという胃酸の分泌を抑える薬を主に使用して治療が行われます。

(3)急性胆嚢炎

急性胆嚢炎と診断された場合は入院が必要になります。主に抗生物質を投与し、細菌の繁殖を抑えて全身の状態を整えます。また、食事は摂取せず、点滴のみで栄養を補給します。胆石がひどく、胆嚢炎を何度も繰り返す可能性のある場合は手術を行い胆石と共に胆嚢を摘出する必要があります。取り出すには開腹手術か腹腔鏡を用いる方法があり、どちらも全身麻酔をしてから手術を行います。腹腔鏡を用いた手術では、腹部に数センチの傷を3、4ヶ所開け、二酸化炭素ガスを注入

した後に腹腔鏡を傷口から入れて手術を行います。胆嚢は開けた傷口から取り出します。この手術は胆嚢を摘出する際の主流であり、術後の回復も早く、2~5日で退院も可能です。胆石が大きい場合や、胆嚢の炎症がひどい場合は開腹手術をします。腹腔鏡を用いた手術よりも治りが遅く、大体術後1週間程度で退院が可能です。

7)生活習慣を整えよう!胃の痛みへの3つの予防習慣とは?

(1)ストレスを溜めない

胃の痛みの大半はストレスが原因で起こります。ウォーキング、ジョギング、水泳など、適度な運動でストレスを発散させましょう。逆に激しい運動をし過ぎるとストレスが溜まります。

(2)飲酒・喫煙をしない

飲酒や喫煙は胃に負担がかかるアルコールには胃酸の分泌を促進する作用があります。それに加えてアルコールの分子は非常に小さいので胃の粘膜を通り抜け、胃に直接刺激を与えるために炎症が起こります。もし飲酒をするのであれば、乳製品を摂取して胃を保護してから適量を飲むようにします。

(3)食事習慣

胆石の発作が起こるのは脂肪分過多の食事を摂取した後になりやすいのでそういったものの食べ過ぎには注意します。脂肪分の少ない食べ物は魚、えび、鶏のササミ、うどんなどがあります。また、起床してすぐだと胃が活発に働いていない状態なので、少し身体を動かしてから食事を摂ると良いでしょう。






今回のまとめ

1)種類の違いとは?胃の痛み2つの種類と特徴の違い

2)痛むのはなぜ?胃が締め付けられるような痛みの3大原因とは

3)応急処置はあるの?試してみたい3つの対処方法

4)症状が続く場合は要注意・・考えられる3種類の病気とは?

5)気になる場合は専門家へ!胃の急性の痛みへの検査方法

6)病気の場合には?専門医で行われる可能性のある治療方法

7)生活習慣を整えよう!胃の痛みへの3つの予防習慣?