病気でベッドで休む女性

お腹の痛みは、いろいろな病気のサインです。軽く見てはあとで後悔することになります。腹痛はそれぞれ痛む部位で考えられるポインがあります。

その中で特に左上腹部の痛みについて、原因やどのような病気が考えらるのか知り早期発見して早期治療につなげましょう。






左上腹部の痛みの4大原因!病気の可能性と治療方法


1)左上腹部の痛みの代表的症状

(1)代表的な症状例

左上腹部の症状としては、冷や汗、苦悶、明け方の腹痛、限られた場所の痛み、貧血、黄疸が見られます。腹部の痛みの症状は、次のような診断ポイントがあります。

(2)診断のポイント

その痛みは、いつから始まったのか、痛くなるきっかけは何か、このような痛みを経験したことあるのか、痛みは繰り返しているのか、食事と関係あるのか、腹部以外にも痛みがあるのかなどがポイントとなります。

2)左上腹部の痛みの4大原因

(1)筋肉が原因となっている痛み

筋肉の血行がわるくなることによる痛みです。適切にマッサージをすることにより改善します。

(2)内臓の何らかの疾患が原因となっている痛み

膵炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の疾患が原因となっている痛みを起こします。

(3)神経の異常が原因となっている痛み

肋間神経痛といい原因ははっきりと解明されていません。しかし神経がストレスなどによる過剰な反応をして痛みを起こしていると言われています。

(4)ストレスが原因となっている痛み

ストレスは、さまざまに疾患を引き起こします。

3)左上腹部の痛みが続く場合に考えられる病気

特に対応が必要となる内臓の疾患としては、次のものがあります。

(1)十二指腸

十二指腸潰瘍、十二指腸穿孔が考えられます。

(2)

胃潰瘍が考えられます。

(3)膵臓

急性膵臓炎、膵臓がんが考えられます。特に背部にも痛みがでます。

(4)大腸

大腸がん、直腸がんが考えられます。

(5)肝臓

急性アルコール性肝炎、肝硬変、胆嚢ジスキネジー、肝嚢炎が考えられます。

(6)胆嚢

胆石が考えられます。吐き気をもよおす場合もあります。

Doctor listening to patient

4)左上腹部の痛みへの対処方法

(1)筋肉の原因の場合

まず病院で専門医の診察を受けて原因を見極めることが重要となります。筋肉の原因があるものであれば、痛みを和らげるマッサージをしたり、内臓に原因があれば、適切な治療を行うと共に生活習慣の見直しを行うことも必要です。

(2)ストレスが原因の場合

ストレスが原因となればストレスを減少させるように日常生活習慣を見直すなどが必要です。

(3)内臓が原因の場合

特に内臓が原因と疑われる場合は、早急な診察による適切な治療が必要な場合があります。

※いずれにしても腹部の痛みは、決定的な理由がない限り自己判断は危険です。痛みや違和感が続く場合は速やかに専門家を受診しましょう。

5)左上腹部の痛みが続く場合にすべき8つの検査方法

基本的に受診するのは内科になります。受ける検査は次のものになります。

(1)尿検査

(2)末梢血液検査

(3)便潜血検査

(4)直腸診

(5)腹部、胸部単純レントゲン検査

(6)心電図検査

(7)超音波検査

(8)内視鏡検査

痛みが始まったのが食後や空腹時であるのかによって原因とされるものが変わります。また食事内容が肉や脂っこいものであったのかによっても変わります。

このような検査を受けて早めに原因を見極め適切な治療を進めることが重要です。

Male medicine doctor hand holding stethoscope head

6)左上腹部の痛みが続く場合にすべき治療方法

腹部の痛みが漫然とおきたのか、突然の腹痛なのかほかの病気があるのかを正確に診断する医師に伝えることが重要です。

強烈な痛みではなくとも重大な疾患が隠れている場合があるので安易に考えず内科医の診察を受けてください。

(1)十二指腸潰瘍・十二指腸穿孔・胃潰瘍

ピロリ菌が原因であれば胃腸の中のピロリ菌を除去します。その他潰瘍の原因と考えられるストレスが少なくなるようにリフレッシュをすることが必要です。

(2)急性膵臓炎・膵臓がん

炎症の場合は、とにかく膵臓を休ませます。それで治まらない場合は、血液中の有害物質を透析で取り除く血液浄化治療、膵臓に直接治療薬を注入する動注治療などが行われます。

膵臓がんの場合は、外科的な手術によりがんを切除する治療が主となります。

7)左上腹部の痛みへ日常からできる2つの予防ポイント

(1)食事による内臓への負担をなくす

内臓への負担となる食べ過ぎや暴飲暴食をしない。食事量は、昔から言われている腹八分目を心掛けます。

(2)ストレスをためない生活を心掛ける

適度なストレスは、問題ないのですが、過度にストレスをためることは、すべての病気に結びつく可能性があります。適度にリフレッシュしてストレスをためないようにします。






今回のまとめ

1)左上腹部の痛みの代表的症状

2)左上腹部の痛みの4大原因

3)左上腹部の痛みが続く場合に考えられる病気

4)左上腹部の痛みへの対処方法

5)左上腹部の痛みが続く場合にすべき7つの検査方法

6)左上腹部の痛みが続く場合にすべき治療方法

7)左上腹部の痛みへ日常からできる2つの予防ポイント