問診を行う医者

慢性的な左下腹部の痛みに悩まされている方、その原因がわからないままにしていませんか。左下腹部の痛みは様々な病気との関係が疑われるため、しっかりと対処するようにしましょう。

今回は左下腹部の痛みの原因や治療法についてお伝えします。






左下腹部の痛みの3大原因!5つの病気の可能性


1)左下腹部の痛みの3つの代表的症状

傷みの種類は、主に3つの種類があります。

(1)内臓痛

主に「管腔臓器」と呼ばれる内臓が激しい動きをするときに、ぎゅーっと締め付けるような痛みが一定のペースで引いては起こりを繰り返します。

「疝痛(せんつう)」とも呼ばれています。

(2)体性痛

刺すような痛みが長く、約30分続きます。衝撃に敏感に反応し、歩いたりするとその振動でより痛みが増します。

(3)関連痛

痛みを感じる場所以外で起こっている炎症が、神経線維を伝って起こる痛みです。「放散痛」とも呼ばれ、痛み方は問題のある臓器によって様々です。

2)左下腹部の痛みの3大原因

様々な病気の凶兆でもある左下腹部の痛みは、実は共通する原因があります。

(1)生活習慣の乱れ

不摂生な生活習慣は万病のもとですが、左下腹部の痛みに関しても例外ではありません。

(2)動物性タンパク質の過剰摂取

高コレステロール値の原因となり、血液内の脂質が血流に悪影響を与えます。

(3)ストレス

不安定な精神状態は、原因不明の身体の不調和を引き起こします。

3)左下腹部の痛みで考えられる5つの病気

代表的な疾患は、以下の5つです。

(1)過敏性腸症候群

過敏性腸炎ともいわれます。

「検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる」とされています。

(2)左尿管結石

いわゆる石と呼ばれるもので、尿管結石とは「その石が詰まってしまうことにより起きる症状のこと」です。

(3)急性腸炎

これは「急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群」とされており、食べ物が原因であれば食中毒となるものです。

ウィルス性のものは、他の媒体から感染して発症します。

(4)潰瘍性大腸炎

特定疾患にも指定されている病気で、「大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患」とされています。

(5)虚血性大腸炎

血液の循環が悪くると大腸への必要な酸素や栄養分が供給されなくなった結果、「大腸粘膜が虚血となり炎症や潰瘍を生じる疾患」。

Woman with migraine in doctor's office

4)左下腹部の痛みのへ自宅で実践できる3つの対処方法

(1)温める

腹痛全般に言えることですが、温めることで症状が和らぐことはよくあります。突然の痛みには、まず温めて様子を見ましょう。

完治するわけではありませんが、症状を冷静にとらえ対応方法を考えられる程度に落ち着かせることができます。

(2)胃酸を薄める

炎症に胃酸が関係している場合もあります。温めても痛みが引かない時は、コップ一杯の水を飲んでみてください。

胃酸が出過ぎている状態を緩和することができ、したがって痛みも引きます。

(3)市販の整腸剤を常備する

慢性的な腹痛を経験しているのであれば、自分の症状に合う市販の整腸剤を見つけておくべきでしょう。

良いお薬を見つけるにはいろいろ試す必要がありますが、常備薬があればとっさの痛みにすぐ対応することができるので心強いです。

5)左下腹部の痛みが続く場合にすべき4つの検査方法

消化器内科、胃腸科、泌尿器科、そして心療内科にて検査を行うことができます。

(1)胃内視鏡

胃カメラと呼ばれる内視鏡で、消化器内科、胃腸科で受診できます。炎症や腫瘍、がんを発見するのに有効です。

初回検査としての胃カメラの検査費用は、2割負担で約4000円、3割負担 約6000円です。その結果精密検査が必要である場合は、それに応じて上限約12000円程度の負担が発生します。

受診には予約が必要で、受診後約1週間で結果が出ます。

(2)大腸内視鏡

潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎を発見するのに有効で、消化器内科、胃腸科で受診できます。費用は2割負担で約5000円、3割負担で約7100円が一般的でしょう。

胃カメラと同じく、炎症や腫瘍、がんを発見するのに有効です。こちらも電話予約から始まり、受診後の結果は約1週間で結果が出ます。

(3)尿検査

左尿管結石を調べることができますが、他の疾患の可能性もありますので二次検査が必要になります。潜血およびタンパクを調べ、陽性反応があると尿路結石の疑いがあります。

費用は500円程度のものなので、気軽に受診することができます。院によっては、尿検査だけであれば予約は必要ない場合もあります。

結果については、個人病院の場合外部に検査を委託することがありますので、その場合は数日かかることがあります。

(4)カウンセリング

ストレス性の疾患の場合には、心療内科でのカウンセリングが必須です。

カウンセリングだけなら費用は3000円程度ですが、投薬が必要な場合は種類により費用は大きく変わります。

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

6)左下腹部の痛みが続く場合にすべき3つの治療方法

原因が突き止められたら、消化器内科、胃腸科、または泌尿器科で治療を行います。

(1)内科的治療

投薬による治療で、症状が比較的軽い場合にお医者さんに処方してもらいます。この場合、入院はほとんどの場合ありません。

(2)外科的治療

手術による治療です。例えば潰瘍性大腸炎は命に係わるほど悪化している場合は、緊急手術となります。

入院を伴いますので、費用は入院日数によりますが、手術自体は特定疾患の費用になりますので約40000円ほどの個人負担が一般的です。

(3)内視鏡治療

主要やポリープ、がん、尿結石などが発見された場合、内視鏡を使用して切除・破壊することができます。

近年一般的となった、切らずに済む手術です。

費用はその治療対象により大きく異なりますが、施術費のみであれば上限約26000円が一般的でしょう。

手術といっても、日帰りで済む場合もあります。

7)左下腹部の痛みへ日常からできる4つの予防ポイント

生活習慣、食習慣は左下腹部の痛みの原因となる病気のほぼ全てに関係があります。病院での治療を始める前に、予防ポイントを意識し、日ごろから改善に努めることが大事です。

(1)お酒とたばこを控える

言わずもがなですが、お酒とたばこは百害あって一利なしです。

どうしてもお酒がやめられない人は、出来ることなら抗酸化物質の一種のポリフェノールを含む赤ワインを選ぶようにしてください。

たばこに関しては、妥協の余地はなく必ず吸わないようにしてください。

(2)適切な食生活

野菜を中心に、塩分は控え、腹八分目を守ることが、理想的な食生活の基本です。

特に油分の多い食事は血液のコレステロール値を高め、高脂血症を始めとする様々な疾患を発症させます。

(3)充分な睡眠時間

睡眠時間が6時間未満の人は、寿命が短くなる統計すら出ています。

その原因は、インスリン感受性の低下です。

4時間ほどしか寝ない人は、インスリン感受性が20から25%落ちてしまい、その結果筋肉への糖分の取り込みが滞るなどの悪影響が確認されています。

(4)ストレス解消

実は左下腹部の痛みに関しては、内科検査では原因が不明の場合もあります。そんなケースの多くは、ストレスを解消することで症状が改善できることも多いのです。

ストレスは全身の筋肉、血管の収縮、そして内臓の緊張に大きな関係があり、したがって過度なストレスは身体の機能を著しく低下させるのです。

スポーツや趣味で気晴らしをするのも良いですが、どうしてもストレスが感じられる場合は心療内科に相談しましょう。






今回のまとめ

1)左下腹部の痛みの3つの代表的症状は、内臓痛、体性痛、関連痛。

2)左下腹部の痛みの3大原因は、生活習慣の乱れ、動物性タンパク質の過剰摂取、ストレス。

3)左下腹部の痛みで考えられる5つの病気は、過敏性腸症候群、左尿管結石、急性腸炎、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎。

4)左下腹部の痛みのへ自宅で実践できる3つの対処方法は、温める、胃酸を薄める、市販の整腸剤を常備する。

5)左下腹部の痛みが続く場合にすべき4つの検査方法は、胃内視鏡、大腸内視鏡、尿検査、カウンセリング。

6)左下腹部の痛みが続く場合にすべき3つの治療方法は、内科的治療、外科的治療、内視鏡治療。

7)左下腹部の痛みへ日常からできる4つの予防ポイントは、お酒とたばこを控える、適切な食生活、充分な睡眠時間、ストレス解消。