カルテを説明するドクター

お腹の悩みは誰にでもありますが、消化不良で下痢になったりすることは特につらいですよね。そんな症状の中でも血便も下痢に混じる経験をした人は少ないかと思います。下痢と決便が混じると思わぬ病気が潜んでいる可能性があります。






血便の伴う下痢・・!考えられる3大原因と対処方法


1)症状の解説!血便の2つの種類と特徴の違い

(1)色が赤い場合

下痢で血便の場合、肛門近くで出血がある際は色が赤い色をしています。痔の場合が多く、痛みを肛門で感じるとその可能性は非常に高くなります。

(2)色が黒い場合

色が黒く、どすぐろい血の場合は臓器で出血が起きている場合があります。

2)なにが原因?血便の伴う下痢の3大原因

(1)

痔の場合は肛門で出血が起きる場合があります。その場合は血の色もはっきりも確認することができ、また便と混じっていないことがあります。きれ痔の場合は便秘気味で下痢ではない場合がありますが、下痢が原因であな痔になる場合があります。

(2)腸の異常

腸にウィルスや細菌が侵入したことで炎症や潰瘍ができ、本来の腸機能がうまく働かず、かつ炎症が悪化し、出血を伴う場合があります。

(3)その他の臓器の出血

腸だけではなく、肝臓や十二指腸など他の臓器で炎症や潰瘍ができその影響が腸機能の低下し、以上のある臓器からの出血で便に血液が混じる場合があります。

3)応急処置を!血便を伴う下痢の症状への対処方法

(1)医療機関で検査

血便や下痢が1回でもあった場合はすぐに医療機関をうけることをお勧めします。下痢は消化器官の機能の低下が原因の場合がほとんどですが、血が出ている場合はどこの臓器から出ているかを迅速に調べる必要があります。まずは内科で原因を調べるようにしましょう。

(2)水を飲む

お腹が痛くなるという理由で水も含めて口にしないことは脱水症状になる可能性があります。食べ物は摂取できなくとも水だけは飲むようにしましょう。ナトリウムの補給にもなる着色料やフレーバーのないスポーツドリンクを飲むといいでしょう。

(3)消化にいいものをとる

ご飯を食べることができる状態でも消化の悪い肉類や生ものをとることは消化器官への負担をかけ、状態が悪化してしまう場合があります。その為、下痢が収まるまではうどん、おにぎり、おじやなど消化にいいものを可能な限り取るようにしましょう。

Doctor talking to his patient in his office

4)症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

(1)大腸憩室出血

大腸憩室が大腸壁の欠損分から突出してしまうことでそこに便が溜まり、炎症や発熱といった症状がでる病気です。食物繊維の不足や便秘の悪化により引き起こされます。痛みを伴わく出血がみられることが多く、高齢者に多い病気だといわれています。

(2)虚血性大腸炎

大腸の血流が悪くなることで十分に栄養が届かず粘膜にむくみやただれ、潰瘍などができてしまう病気です。症状は下血や下痢以外にも激しい腹痛があります。

(3)クローン病

若い年代にも多いとされる病気で、口から肛門までの消化器官に炎症や潰瘍を引き起こす難病の1つと認識される病気です。生活習慣や遺伝的なもので腸の免疫が低下することが原因と考えられています。痔は肛門周辺の膿瘍といった病気を同時に発症する場合があります。生涯を通して再燃したり、よくなったりを繰り返します。

5)専門家での検査を!血便が続く場合にすべき検査方法

(1)内視鏡検査

大腸の中を内視鏡を使用して調べます。大腸だけではなく、小腸から大腸までの移行する部位も調べることができます。ガン含めて、潰瘍や炎症の有無とその炎症度合も調べることができます。検査しても1週間ほど具体的な原因を調べるためにかかる場合があります。通常1万円ほどで済みますが、検査内容によっては異なるので医者に事前に費用は確認をしましょう。

(2)CT検査

X線を使って身体の断面を撮影し、炎症や潰瘍の有無を調べる検査です。消化器官だけでなく、心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などに関しても、調べることができます。

(3)血液検査

血液の成分を調べることで臓器で起こっている炎症の有無と炎症の度合いを調べることができます。一般的な血液検査とかわらないので料金は3000~5000円ほどになることが多いです。

group of happy doctors meeting at hospital office

6)病気の場合には?下痢と血便が同時に現れる場合への治療方法

(1)薬物療法

炎症を抑えるための薬や抗生物質などで症状を和らげていく療法です。消化器官の炎症などは免疫機能の低下が原因の場合がるため、薬によって低下した分の免疫機能を補うことになります。期間や薬の種類は症状によって様々のため医者に確認をしましょう。

(2)栄養療法

最近では若年者もお腹の臓器の異常を持つ人がふえてきており原因は欧米からの食文化といわれています。偏食にならないように豊富にビタミンやナトリウムを摂取できるように医者との相談の上、食事内容を見直し不足している栄養素を補っていく方法です。期間は1年以上かかる場合もあるため医者と相談の上、内容を理解するようにしましょう。

(3)手術

炎症が酷く膿が溜まっている状態な場合や痛みで日常生活をまともに遅れないよ場合は手術が必要な場合があります。基本的には炎症により発生した膿を取り除くことが一般的ですが、腸の状態によっては様々な方法がとられるので医者に内容を確認しましょう。

7)生活習慣を見直そう!下痢への予防習慣

(1)食生活の改善

日頃から油っぽいものや刺激物であるアルコールなどをよく摂取することで消化器官への負担は日々高まりまり、炎症や潰瘍が起きやすくなります。体に優しい海藻や野菜スープなど偏食になりすぎないようにバランスのとれた食生活を心がけましょう。また、納豆やヨーグルトなどの発酵食品は日ごろから意識して取るようにしましょう。

(2)ストレスを溜めないようにする

ストレスを溜めることで人間にとって最も重要となる免疫力を低下する可能性があります。ストレスを溜めてもすぐに発散するように心がけるようにしましょう。鼻から3秒程かけて息をすって、口から6秒程空気を吐き出すことで体全体をリラックスさせ、ストレスを軽減する働きがあります。

(3)日ごろから便をチェックする

毎日の生活の中で、体調がいいときの便の形や状態を頭にいれておき、血が混じって色がおかしい、下痢っぽくなった際にすぐに気がつくようにしておきましょう。便の血に気づかず放置してしまい、命の危機に瀕する場合もあります。






今回のまとめ

1)症状の解説!下痢の3つの種類と特徴の違い

2)何が原因?血便の伴う下痢の3大原因とは

3)応急処置を!血便を伴う下痢の症状への3つの対処方法

4)症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

5)専門家での検査を!血便が続く場合にすべき検査方法

6)病気の場合には?下痢と血便が同時に現れる場合への治療方法

7)生活習慣を見直そう!下痢への予防習慣