ベッドの上で体調を悪くしている女性

食べ過ぎたわけでも飲みすぎたわけでもないのにげっぷが続くという場合、何かの病気かもしれません。げっぷが慢性的に続く原因をお伝えします。げっぷだけでなく、吐き気もあるという場合はすぐに病院に行って検査を受けるべきでしょう。






げっぷと吐き気が続く?考えられる2大原因と対処方法とは


1) 症状の解説!吐き気の2つの種類と特徴の違い

(1) 胃に違和感があるもの

胃にはいっているものを出したくて、脳の嘔吐中枢が刺激されて吐き気がでてくるというもの。

(2) 他の危険な症状がでるもの

めまい、疲労感、唾液の過剰分泌などの他の症状がでる場合があります。これらは病気の可能性があります。

2) げっぷと吐き気が同時に現れるメカニズムとは?

食事をするときに、空気が少し同時に入ってしまうことでげっぷが起きます。食べ過ぎにより胃が荒れて吐き気を感じ、食べた分だけ入った空気を出そうとするのでげっぷも同時に出ます。

3) 何が原因?げっぷと吐き気が続く場合の2大原因とは

(1) 食べ過ぎによるもの

油っこいものを食べ過ぎたり、お酒を飲みすぎると胃に炎症がおきて、脳の嘔吐中枢が刺激されて吐き気がでてきます。

(2) 病気やストレスによるもの

近年吐き気の原因として、ストレスが多いと言われています。職場や学校の人間関係、仕事の量などでストレスが溜まると体全体に影響が出てきて、胃にも負担がかかり吐き気が起きます。胃潰瘍や盲腸、胃がんなどの怖い病気が原因となる場合もあります。

Nurse, doctor, patient, clinic, medical care

4) 応急処置!吐き気への3つの対処法

(1) 横になる

吐き気がでてきたら、ベッドやソファーに横になることで回復がきたいできます。横になると胃の消化が促進されると言われています。

(2) 温めた牛乳を飲む

温めた牛乳は胃の消化を助ける効果もあり、リラックスもします。牛乳のたんぱく質は胃酸を減らしてくれると言われています。

(3) ストレスを軽くする

ストレスは吐き気の原因となるので、一旦煮詰まった仕事や勉強を中断して休むことも大切です。責任がある立場だと難しいかもしれませんが、本格的に体調を崩してしまうことになるかもしれないので休む必要がある時は休みましょう。

5) 症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気

(1) 呑気症(空気嚥下症)

ストレスや歯並びが良くないことが原因で唾液の分泌量が大きなくり、気が付かないうちに空気を唾液と一緒に飲み込んでしまっているというものです。

(2) 逆流性食道炎

普通は食道から胃へ流れますが、胃から食堂へ逆流して炎症が起きるというものです。げっぷがでるだけでなく、胸やけもします。胃酸により、食道が傷ついてしまうので、早期に病院に行くことをお勧めします。

(3) 胃下垂

消化しきれなかった残留物が溜まることによって、胃の下端が通常の位置よりも下がってしまうのが胃下垂です。残留物が胃に溜まってしまう原因は、暴飲暴食、ストレスなどで消化するはたらきが弱まってしまうことだと言われています。また、姿勢が良くないことで骨盤がゆがんでしまうのも胃が下がる原因だと言われています。胃のはたらきが悪くなる胃下垂は、げっぷや吐き気、胃もたれにもなります。

6)専門家での検査を!吐き気が続く場合への検査方法

(1) X線検査

腹部のX線検査を内科で受けると、げっぷや吐き気の原因が分かるかもしれません。この検査では胃がどのように炎症しているかということや、胃がどのような位置、形になっているかということが分かります。料金は3割負担の場合、1000円ほどです。

(2) 内視鏡検査

昔から胃カメラと呼ばれているものです。自前検査で採血や尿検査を行い、感染症などはないかなどを調べて安全に検査を受けることができる準備をします。食事や水分も検査当日は摂ってはいけないとされています。この検査では、胃がんや胃潰瘍などの病気を発見できると言われています。

聴診器で検査をしている医者

7)病気の場合には?病院で行われる可能性のある治療法

(1) 薬物療法

内科などで、胃酸の分泌を抑えるPPI(プロトンポンプ阻害薬)やH2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬を処方してくれる場合はあります。精神的ストレスが原因であれば、抗うつ剤や抗不安薬などが心療内科で処方されるかもしれません。副作用があるので、本当に必要かどうかよく考えてから飲むことをお勧めします。

(2) 手術療法

胃潰瘍で胃に穴が空いてしまったというような重症のものであれば、手術することになる場合もあります。そうならないように、異変を感じたらすぐに病院へ行くことをお勧めします。

8)日常生活から改善を!げっぷや吐き気への3つの予防習慣

(1) 生活習慣を見直す

夜更かしや仕事のし過ぎで体が疲れると胃にも影響がでてきます。なるべく休息を取って、いつも万全な状態でいられるよう心がけましょう。

(2) ストレスを溜めない

人間関係や仕事の問題でストレスを溜め込むと、嘔吐中枢が刺激されて吐き気やげっぷに繋がるので、溜め込まないように気をつけましょう。自分の好きなことや落ち着けることをして、リフレッシュすることが大事です。

(3) 腹筋を鍛える

腹筋が弱いと胃下垂の原因となり、お腹がポッコリするだけでなく胃が弱くなります。腹筋を鍛えて、丈夫な胃にしましょう。






今回のまとめ

1) 症状の解説!吐き気の2つの種類と特徴の違い

2) げっぷと吐き気が同時に現れるメカニズムとは?

3) 何が原因?げっぷと吐き気が続く場合への2大原因

4) 応急処置!吐き気への3つの対処法

5) 症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気

6) 専門家での検査を!吐き気が続く場合への2つの検査方法

7) 病気の場合には?病院で行われる可能性のある2つの治療方法

8) 日常生活から改善を!げっぷや吐き気への3つの予防習慣