体調不良で横になっている女性

通称「盲腸」と呼ばれる虫垂炎の症状とはどんなものなのでしょうか。ただの腹痛だと思っていたら実は虫垂炎だったということがよくあります。虫垂炎の特徴を理解して早期に治療することが大切です。

今回は虫垂炎の症状・原因・治療法をお伝えします。






虫垂炎の6つの症状とは・・!初期・中期・後期の違い


1) 虫垂炎の3つの種類と特徴とは

(1) 虫垂炎とは

虫垂炎とは、臓器である虫垂が炎症を起こしてしまうことが原因で発症します。正式には急性虫垂炎と言います。症状の種類にはカタル性虫垂炎、蜂窩織炎性虫垂炎、壊疽性虫垂炎があります。

(2) 虫垂炎と似た病気

虫垂炎に似た症状を持つ病気がいくつかあります。大腸憩室炎、メッケル憩室炎などは盲腸の近くなので、誤診がでるほどだと言われています。女性では、骨盤内炎症性疾患や子宮外妊娠などと間違われやすいとされています。

2)症状チェック!虫垂炎の3つの初期症状とは

(1) みぞおち周辺の痛み

初期症状として初めに挙げられるのは、みぞおち周辺がずきずき痛むことです。連続した痛みなので、とても辛い症状です。この初期症状はカタル性虫垂炎に分類されます。

(2) 発熱

初期症状に37度ほどの低い熱がでることもあります。人によっては高熱をだすこともあります。

(3) 吐き気

虫垂炎になると、食べたものをうまく消化できなくなるので消化器系にもダメージを受け、吐き気がでます。また、吐き気がひどくなり嘔吐する場合もあります。

3)症状チェック!虫垂炎の2つの中期症状とは

(1) 激しい腹痛

中期症状になると、初期症状とは比べ物にならない激しい腹痛にみまわれます。この中期症状を蜂窩織炎性虫垂炎と呼びます。

(2) 虫垂の膿が溜まる

中期症状には激しい腹痛だけでなく、虫垂に膿が溜まるようになります。やがて膿が溜まった虫垂は膨張し始めます。

4)症状チェック!虫垂炎の後期症状とは

(1)直ちに手術が必要

膿が虫垂に溜まり、ひどく炎症もしている状態で直ちに手術をする必要があります。この時期の虫垂炎を壊疽性虫垂炎と呼びます。そのまま放置すると、死に至ることあるので必ず病院に行かなければなりません。

Young Doctors using laptop and talking

5) 虫垂炎の考えられる3つの原因とは?

(1) ストレスによるもの

ストレスは、体全般に悪影響を与えます。虫垂も例外ではないので、影響が出て虫垂炎になる可能性が充分にあります。

(2) ウィルス感染

虫垂炎になる原因にはウィルス感染によるものがあります。ウィルスが体の中に入り、やがて虫垂へ浸透していき、炎症を引き起こします。普通ウィルスは体の免疫作用によって退治されるのですが、体調を崩しているときなどは免疫作用がうまく働かず、感染してしまう可能性が高くなります。

(3) 食生活

普段の食生活が虫垂炎をまねくこともあります。普段から暴飲暴食を繰り返していると、ストレス同様体全体に悪影響がでます。油っこい食事ばかりや、アルコールを毎日入れていると虫垂が弱くなり、虫垂炎を引き起こします。

6) 症状が続く場合へ・・虫垂炎への検査方法

(1) 血液検査

虫垂炎にかかった時は、白血球の数が増加し炎症反応が上昇します。しかし、発症直後や高齢者には、白血球や炎症反応は増加しないこともあると言われています。

(2) CT検査

CT検査は、放射線を全方向から体に当てて、体の断面図を撮影して異常がないかどうか判断します。主に虫垂の腫れや膿がないか、形状の変化はないかなどを調べます。

Doctor listening to patient

7) 虫垂炎への2つの治療方法とは

(1) 薬物療法

初期症状であるカタル性虫垂炎には、抗生物質を用いて治療する場合もあります。これは内科で行われます。抗生物質は虫垂の炎症を緩和してくれる作用があります。しかし、薬物治療では再発の可能性が20%ほどあると言われています。

(2) 手術療法

膿がたまりだすほど進行してしまったのであるならば、緊急手術をすることになります。早期の手術を行えば、約1週間で退院することができます。手術には交差切開法と傍腹直筋切開法と腹腔鏡手術の3つがあります。

交差切開法は傷が目立たなくなるのが利点で、傍腹直筋切開法は膿が溜まっている方向に切開する長さを調整できることが特徴です。腹腔鏡手術は腹部に小さな穴を空けるだけなので、傷が少ないのと、入院期間が2〜3日と短いのがメリットになります。

8) 日常生活から改善を!虫垂炎を予防するための生活習慣とは?

(1)ストレスを溜めない

過度なストレスは虫垂に悪影響を与えるのでリフレッシュする時間を作りストレスを発散して健康を保ちましょう。

(2)食生活の改善

油っこいもの塩辛いものはなるべく減らして、バランスの取れた食事をすることが虫垂炎の予防に繋がります。野菜や豆類を多くとると良いと言われています。また、アルコールも毎日飲むのではなく週末だけなど、適度に飲むようにしましょう。

(3) 便秘予防を

便秘になるとお腹の中に便が溜まり、菌が繁殖しやすくなります。そのため、虫垂に炎症が起きて虫垂炎になります。便秘を防ぐには水分をこまめにとること、適度な運動をすることが大事だと言われています。






今回のまとめ

1) 虫垂炎の3つの種類と特徴とは

2)症状チェック!虫垂炎の3つの初期症状とは

3)症状チェック!虫垂炎の2つの中期症状とは

4)症状チェック!虫垂炎の後期症状とは

5) 虫垂炎の考えられる3つの原因とは?

6) 症状が続く場合へ・・虫垂炎への検査方法

7) 虫垂炎への2つの治療方法とは

8) 日常生活から改善を!虫垂炎を予防するための生活習慣とは?