お腹に虫めがねを当てる女性

腸がむくむとはどういうことでしょうか?腸のむくみか否かを判断する症状の特徴やむくみの原因についてご紹介します。またむくみ症状の解消方法や、むくみに伴う病気とそれぞれの治療方法と予防習慣のポイントについてごもご説明をします。






腸のむくみを解消しよう!3大効果とオススメの方法とは?


1)症状をチェックしよう!腸がむくんでいる場合の症状とは?

(1)急に肥満気味になる

腸のむくみは、新陳代謝を下げてしまうため以前までと変わらない量の食事を摂ってもエネルギー消費がされづらくなるため、体内にエネルギーを溜め込むことで脂肪として蓄えられ肥満体質になることがあります。腸のむくみが腸の働きそのものを、低下させてしまうことが原因とされています。

(2)免疫力の低下

腸は体内の器官の中で身体の調子を整える大切な器官となっており、免疫力の作用に直接関わってきます。腸のむくみにより、腸の働きが低下させられると免疫により身体を整える力が弱まってしまうため、風邪などの感染症にかかりやすくなることがあります。

(3)便秘が酷くなった

腸は消化器官ですので、腸がむくむなどの異常がある際に便秘になりやすいとされています。腸のむくみにより、慢性的な便秘に悩まされることがあり、また残便感が伴う排せつになる事が多いため、心当たりのある場合には腸がむくんでいると考えることをオススメします。

2)何が原因?腸がむくんでいる場合の3大原因とは

(1)血流障害

腸の働きである栄養分の吸収とそれに伴う老廃物の生成は、血液が大きく関わって行われます。血液には酸素を始めとする栄養分を身体中の器官へと運ぶ役割を持っています。その血液は腸からの栄養分で生成されますが、便秘などで栄養素を吸収しきっていない状況下では赤血球同士の結合や酸素を拾う働きが弱まっているために、腸の毛細血管で詰まり臓器疾患を発症させる可能性が高まる恐れがあります。

(2)腸内環境

慢性的な便秘により、腸内に残った便が腐敗を起こすことで有害物質や細菌を増やすことがあります。便の腐敗により発生した有害物質は血液と結びつき、体内を巡って循環が上手くいかず動脈硬化とそれによる高血圧を引き起こす恐れがあります。

(3)腸内粘膜の炎症

腸内粘膜の炎症は、先述したような便秘による有害物質の発生により腸の粘膜が外敵からの攻撃反応として受け取ることで、撃退行為として敏感に粘膜が反応すると炎症が起きるという仕組みとなっており、腸のむくみは粘膜の炎症により腸の細胞壁同士が癒着を起こすなどして機能の低下をもたらすことで発生することがあります。

3)応急処置を試そう!むくみ症状への解消方法

(1)ホットヨーグルト

ホットヨーグルトとは、その名の通り市販のヨーグルトを電子レンジなどで温めることで乳酸菌を活発化させて体内に取り込むと腸のむくみを解消することができます。乳酸菌を始めとする発酵食品に含まれている人間に良い効果をもたらす細菌は、40℃前後まで温めると最も活動が活発化する環境のまま腸内環境を整える効果をもたらすため、腸が不調なときにホットヨーグルトを摂取することをオススメします。

(2)食物繊維の摂取

食物繊維にはご存知の通り腸内環境を整える効果の他、快便作用がありますので腸のむくみがある際に摂取すると効果を発揮してその後の腸の病気予防に役立てることができます。一般的に言われている野菜の中でも根菜類や海藻類を中心とした栄養管理と、肉食にならないように考えながら献立を構成した生活を続けることで腸のむくみを改善することが望まれます。

(3)カリウムの摂取

カリウムには食物繊維と類似した作用である利尿作用があります。利尿作用が活躍すると、消化器官全体の調子を整えて毒素を体内から除去する効果が出て栄養素を吸収する役割を持つ腸のむくみを毒素を除去することで改善することが見込まれます。カリウムを多く含む食材には、バナナやリンゴを始めとする果物類と椎茸やエノキタケのような菌類が挙げられます。

Doctors have a discussion

4)症状が続く場合は要注意!可能性のある3種類の病気とは

(1)大腸がん

大腸がんの明確な自覚症状はないとされていますが、兆候として腸のむくみに近い症状が続いている場合には大腸がんを疑うことをオススメします。大腸がんは肛門に近い部分にできやすいため、年間6万人近くの人に発症する病気とされており、年齢層としては60~70代に多く発症しています。腸のむくみが原因の場合と動物性脂肪とタンパク質の過剰摂取が挙げられます。

(2)動脈硬化

腸のむくみにより先述したとおり便からの毒性を持った有害物質により健康的な血液が生成されず、循環器系を周って体内を巡ることで動脈に有害物質が流れ込むことで動脈硬化を引き起こすことがあります。動脈硬化は全身の様々なところで発症することがありますので、心筋梗塞や脳梗塞などの生死に関わる病気の引き金になる恐れがあります。

(3)高血圧症

高血圧症は前項の動脈硬化により引き起こされる病気となっております。動脈硬化により血圧が高まって、心筋梗塞や脳梗塞、血栓を生成してしまうことでエコノミークラス症候群を発症する可能性がありますので、有害物質を発生させないために、快便といえる状況を維持して腸環境を整える生活を送ることをオススメします。

5)早期検査を!むくみが続く場合に試したい検査方法

(1)大腸内視鏡検査

この検査方法は、健康診断などで受けることが可能な場合のあるものとなっております。細長いチューブを肛門側から挿入しカメラにて、腸内環境をリアルタイムで観察することができるため、環境をじっくりと観察することができます。この検査を行う際には最低限1日の絶食をしなければならないので、便を出し切ってしまうことが望ましいですが、腸のむくみが起こっている場合には便秘であることがあるためこの検査にて腸のむくみを発見することがありますので、ぜひ受けることをオススメします。

(2)腸内環境検査

この検査方法は、内視鏡検査ではできない腸内環境の成分から腸のむくみが発症していないかを検査するものとなっております。検査方法としては、少量の便を薬液の入ったチューブへ充填して専門機関へ郵送して結果を受け取るという比較的手軽な検査方法となっております。近年始められた検査方法ですので、検査費用が高くつきますが一度消化器科のある病院へ受診して相談をすることをオススメします。

病院で問診を受けている女性の患者

6)病気の場合には?専門医で行われる可能性のある方への治療方法

(1)温熱マッサージ療法

この治療方法は、40℃前後で温めたタオルを使用して身体を温めた上で整体師の手により腹部と背部をマッサージをして腸のむくみを外部より解消していくものとなっております。また、専門家の力を借りて行うマッサージに勝る効果とは言えませんが、入浴後にリラックスした状態で、左右の脇腹あたりを揉み解すようにマッサージを10分程度継続的に行うことで、腸のむくみによる慢性的な便秘改善につながることがありますのでオススメします。

(2)薬物療法

この治療方法は、便秘であると確認された場合に処方される下剤により排せつを促すものとなっております。排せつを促すことで、便秘を解消して腸のむくみの原因を排除することがその先にあった有害物質の発生を予防することができるためオススメの治療方法の一つとなっております。注意点としては、下剤を過剰摂取することは腸のむくみを反対に悪化させてしまうことがありますので、便秘が解消されない場合には1か月を目安に服用を止めることをオススメします。

7)生活習慣から予防を!健康的な腸への3つの予防習慣

(1)食習慣

食習慣では、腸のむくみの予防として肉類中心の生活から食物繊維やカリウムを摂取できる食事生活へのシフトをすることをオススメします。全体的に吸収性の高い魚介類と野菜類が多い献立の食生活と、1日3回ほとんど同じ時間帯に食事を摂ることを継続して行うことで、腸内環境を整えることが見込まれます。

(2)運動習慣

運動習慣では、腸のむくみによる機能低下を防ぐ意味合いで長期の継続を行って運動を行うことをオススメします。お腹を動かす腹筋を鍛える運動を始めとする運動や、ランニングを始めとする有酸素運動で身体を動かす運動を行うことをオススメします。1日に1時間程度運動する習慣を作っておくことで、食生活の乱れを防ぐ効果があるとされていますので、運動を行った後には前項のような食事を摂ることをオススメします。

(3)ストレス発散

ストレス発散の習慣は、ストレス性の胃腸炎や消化器官の異常による腸のむくみを解消することを目的に行うことをオススメします。ストレスの発散方法は様々ですので、自分がやって現実から離れられることを探してストレスの発散を行うことが望ましいとされています。現代社会ではストレスを溜め込みやすい仕組みになってしまっているため、身体に異常が出る前に解消することをオススメします。






今回のまとめ

1)症状をチェックしよう!腸がむくんでいるかどうかの症状とは?

2)何が原因?腸がむくんでいる場合の3大原因とは

3)応急処置を試そう!むくみ症状への解消方法

4)症状が続く場合は要注意!可能性のある3種類の病気とは

5)早期検査を!むくみが続く場合に試したい検査方法

6)病気の場合には?専門医で行われる可能性のある方への治療方法

7)生活習慣から予防を!健康的な腸への3つの予防習慣