Doctor talking to patient

下痢ではないが、便が細い。しかも、出したのにすっきりしない。便秘ではないからあまり気にはならないと思っていたけど実はとんでもない病気の可能性があります。

今回は、便が細い原因や解消方法、予防のポイントなどをお伝えします。






便が細い3大原因!食事法・対処・予防方法とは


1)便が細い場合の3つのリスク

(1)便秘・痔になる可能性が高くなる

便が細いと肛門の筋肉が硬くなっていることが多い為、切れ痔になる可能性が高くなります。もちろん、出にくいために、便秘にもなりやすい。

(2)爽快感がない

どうしても、すっきりとできなくなる為にいつも不快感が残る。

(3)腹痛になる可能性が高くなる

腸内に便がたまる為に、排泄しようと身体も変化を起こし柔らかくなる、若しくは下痢になって排出される可能性も高くなります。

2)便が細い3大原因

(1)括約筋の緊張

筋肉は緊張すると硬くなり肛門の広がりが悪くなることがあります。肩こりと一緒の感じです。そのために従来広がるべき広さまで広がらない為に、細くなる。

(2)ストレス

ストレスによる自律神経の乱れによって腸が活発に動きすぎて、下痢になる場合や便が細くなってしまうことがあります。

(3)大腸がん

鉛筆並みに細い便が出る場合は、大腸がんの可能性が高くなります。便が細い意外にも、残便感もあります。

また大腸がん以外にも台帳ポリープも便が細くなる要因の一つ。いずれにしても病院へ行くことをお勧めします。

group of happy doctors meeting at hospital office

3)良い便の状態の3つのチェックポイント

(1)色

茶色ないし褐色がいいといわれています。この茶色などは胆汁の量で通常だと茶色の色になりますが、少なかったりすると黒だったり、白(子供には多いです)になる事もあります。

(2)大きさ

バナナ1本分が理想と言われています。硬さも半練り状態と言われる少し粘っこい状態がいいです。

(3)におい

軽く発酵したようなにおいが理想です。硫黄のような臭さやつんとするにおいは腸内でカスがたまって発酵が進んでいる為の臭いです。

4)便が細い状態を改善する3つの食事ポイント

(1)さつまいも

食物繊維が豊富なサツマイモ。不溶性食物繊維といって水に溶けにくい。またレジスタントスターチとよばれる腸内の善玉菌となり、整腸作用を大きく助けます。

(2)キャベツ

意外かもしれませんが、キャベツもサツマイモ同様不溶性食物繊維を多く含んでいます。また、ビタミンCも多く含んでいる為に、美容にも効果的です。

(3)ヨーグルト

腸内環境を整える食事の代表ともいえるヨーグルト。善玉菌、ビフィズス菌豊富。しかも食べやすい為に、積極的にとるようにすれば改善も早くなる。朝、1カップだけでも効果は十分あります。

5)便が細い状態が長く続く場合に考えられる3つの病気

(1)痔ろう

直腸粘膜と肛門上皮の間から雑菌が入り週に炎症を起こす状態。まれに直腸に向かって広がることがあります。

気づいたときには痔ろうだらけに肛門がなっていることがあります。

(2)大腸腺腫

俗に言う大腸ポリープ。できる場所によって(出口にできた場合は特に)便の大きさに直接影響が出ます。また、便が細くなる要因となる病気で一番多いのはこれです。

(3)大腸がん

ポリープと同様、肛門に近ければ近いほど細くなる傾向にあります。ガン=硬い細胞となります。また、可能性事態は高くはないですが、残便感、急に腹痛が起こる場合は注意が必要となります。

Male medicine doctor hand holding stethoscope head

6)便が細い状態が続く場合にすべき2つの検査方法

(1)便潜傑検査

長めの麺棒のような検査器具を便にさし、その便に血が混じっていないかを調べる検査。これだけの検査で、大腸がんの死亡率が8割下がり、早期がんも5割判断できると言われています。

また、身体にも負担がかからず、手軽に行なえます。費用は2000円程度。

(2)大腸内視鏡検査

肛門から大腸専用の内視鏡をいれ、大腸を見る検査。小さなポリープやガンを直接見つけることができます。

また、痔だから内視鏡検査をしなくていいとも限らず、中で出血している場合もあるので内視鏡検査を行なうこともあります。

費用は5000円程度。肛門科がある病院は手際よくやってくれる為に痛みも少なくてお勧めです。

7)便が細い状態を未然に予防する3つのポイント

(1)ストレスをためない

自律神経の乱れから便が細くなることがあります。簡単なことですが、ストレスをためない生活を送ることが重要となります。適度に運動し、夜はしっかりと寝る。これだけで十分予防になります。

(2)食物繊維をとるようにする

食物繊維をとることはお通じをよくし、便を太くするだけなく、便秘予防にもなります。また、美容にも効果があるためとるにこしたことはないです。食事の際に、一品サラダを付ける習慣がいいです。

(3)3食とる

1日2食の人は、3食の人と比べて超に問題が起こりやすいという統計があります。朝食パンしか食べれないとしても問題はありません。3食食べる習慣にするだけで腸のトラブルを回避できるようになります。






今回のまとめ

1)便が細いと病気の可能性がある。

2)病気以外にもストレス・筋肉の硬さで便が細くなることがある。

3)便の色やにおいで腸の状態がわかる。くさいから駄目と言うわけではない。

4)ヨーグルトのほかにキャベツなど食物繊維を多くとることが重要。

5)便が細い可能性にがんやポリープなどがある

6)内視鏡検査は細かい傷やポリープも発見できる

7)ストレスをためない、規則正しい生活が腸内環境を整える。