患者に問診を行っている男性のドクター

便が出そうなのに出ない時、お腹が張ったりして本当につらいですよね。便秘が続くと冷え性やむくみなど、または更に重大な疾患に関係があるケースもあります。今回はそんな便が出そうで出ない原因や対処方法を紹介します。






便が出そうで出ない!試したい3つの対処方法と原因とは


1)症状の解説!便が出ない場合の3つの種類と症状の違い

(1)下痢と交互に繰り返す

便秘と下痢を交互に繰り返したりする場合があります。そのほかに、同時に下腹部痛が伴う場合もあります。通常の便秘薬などを服用すると、余計に悪化する場合が多いです。

(2)力を入れれない

便を押し出すための力が足りずに便秘状態になってしまう場合があります。大腸の筋肉がゆるんでしまうことが原因で、これは女性や高齢者に多く見られます。

(3)血便や嘔吐を伴う

血便や嘔吐などを伴う場合は他の器官の疾患の場合があります。激しい腹痛を伴う場合もあります。

2)便が出そうで出ない・・!考えられる3大原因とは

(1)ストレス

ストレスがたまると自立神経が乱れてしまい便秘になることがあります。自律神経が乱れると大腸の筋肉の動きが激しくなり、便秘と下痢を繰り返してしまいます。

(2)筋力の衰え

ほとんどの便秘が筋力の衰えが原因によるものです。無理なダイエット、運動不足の人や、女性、高齢者に多く、便を押し出す力が弱まる為便秘になります。

(3)排便の我慢

会社に勤めている方に多い便秘です。日ごろから排便を我慢することが多い人によく起こります。また、自分の意思ではなく、肛門付近に何か問題がある場合に通常の排便ができず、我慢してしまう場合もあります。

3)応急処置を試してみよう!症状への3つの対処方法

便秘に伴って、血便や嘔吐などを伴う場合は、重大な疾患の場合もあります。早めに医療機関へ受診することをおすすめします。

(1)便秘に効く食品を食べる

乳製品、発酵食品、オリーブオイルなどを食べると、腸の状態を良くしてくれたり、腸を刺激してくれたりします。日ごろから食べているという人は少し量を増やしてみると即効性がでるかもしれません。

(2)腸もみ

今ではマッサージ店で腸もみのメニューがあったり、腸もみ専門店があります。腸を外部から刺激することで腸の動きを良くしてくれます。

(3)白湯を飲む

45~48℃ぐらいの白湯を飲むことで宿便を溶かしてくれる効果があります。即効性には欠けるのですが、1週間ほどで効果が表れます。朝起きてすぐに飲むと効果が高まります。

Young woman in pain lying on couch at home. Casual style indoor shoot

4)症状が続く場合には・・?考えられる4種類の病気

(1)大腸がん

お腹が張っていたり、血便、下痢と便秘を繰り返す、などの症状が見られます。大腸の壁の内側の粘膜にできた腫瘍ががんに変化したり、粘膜から直接がんが発生してしまう場合があります。大腸がんは初期ではほとんど症状がありませんが、初期段階で発見すれば完治する可能性が高くなります。

(2)癒着

腸管が癒着することにより、さまざまな症状が現れる病気です。ひどい場合は腸閉塞になる場合もあります。癒着することで腸の内容物がうまく流れなくなるため激しい腹痛や鈍痛、吐き気などの症状を伴う場合があります。

(3)憩室炎

大腸の壁の一部が外側にふくらむ憩室という状態に何らかの原因で炎症が合併したものです。最近では食の欧米化に伴い、憩室炎になる人が増加しています。野菜不足で食物繊維の摂取が減少してしまい、便の量が減少することによって腸管内の圧力が高くなり発生すると考えられています。

(4)過敏性腸症候群

お腹の痛みや不快感に下痢や便秘を伴う症状が続く病気のことをいいます。男性では下痢になる人が多く、女性では便秘になる人が多いようです。はっきりとした原因はわかっていませんが、ストレスが加わると腸の働きがおかしくなるため、症状がでるといわれています。

5)気になる場合は専門家へ!試したい検査方法とは

(1)潜血反応

便を確認すると血が混じっていることがあり、血が混じっていると消化管のどこからか出血しているということになります。また、他の大腸の疾患でもすべて出血するので、反応が陽性となり、詳細な検査をすすめられます。検査結果がわかるまでに数週間程度かかり、費用は1,000円~2,000円程度になります。

(2)肛門直腸指診

肛門から直腸に指を入れて、直腸の内壁の状態を指で探ります。この検査方法で痔、ポリープ、肉腫、ガンの有無、男性であれば前立腺、女性であれば子宮の触診もできます。検査結果がその場でわかり、費用は2,000円程度です。

(3)内視鏡検査

下剤で腸を空にした後、肛門からカメラをつけたチューブを挿入し、大腸の中を直接見ながら全体をチェックしていきます。大腸がんが疑われる場合はこの検査方法が主流になります。費用は6,000円程度です。

group of happy doctors meeting at hospital office

6)病気の場合には・・行われる可能性のある治療方法とは

腸に疾患がある場合はそれぞれの治療方法が必要になります。今回は便秘に対する治療方法をご紹介します。

(1)漢方薬の服用

漢方薬は身体への負担が少ない為、症状が重くない人は漢方から始めるのがいいかもしれません。「大黄甘草湯」というものには「大黄」という成分が入っており、これは市販の漢方便秘薬に配合されている成分になります。まずこの漢方から始めるのがおすすめです。

(2)浣腸

肛門から腸内に液体を注入する医療行為になります。便通を促進し、便秘を治療してくれます。費用は1,000円程度になります。

(3)腸洗浄

便秘の治療方法として最もよく知られている方法です。肛門から大腸内に大量の温水を直接送り込み、腸の内側にこびりついている宿便などの汚れを除去します。便秘解消だけでなく、便秘による様々な病気の予防にもなります。費用は保険適用外になることが多く、15,000円程度になります。

7)日常から生活改善!便秘症状への3つの予防習慣

(1)塩レモン水を飲む

別名デトックスウォーターとも言われています。お水の中にレモン果汁と塩を入れるだけで簡単に作れますが、効果はバツグンです。下剤のように下痢になったり腹痛にならず、自然なお通じに近い感じで便が出てくれます。

(2)ストレスをためない

ストレスがたまると、交感神経、副交感神経のバランスが崩れて腸の活動が低下してしまいます。日ごろからストレスをためないようにすることで、腸の活動を活発にしてくれます。

(3)腹部を冷やさない

腹部や腰が冷えてしまうと、腸への血流が悪くなり、腸の動きが悪くなってしまいます。毎日入浴時には湯船につかるようにしたり、腹巻やカイロを身に着けるよう心がけるのも効果的です。






今回のまとめ

1)症状の解説!便が出ない場合の3つの種類と症状の違い

2)便が出そうで出ない!考えられる3大原因とは

3)試してみよう!症状への3つの対処方法

4)症状が続く場合には・・?考えられる4種類の病気

5)気になる場合は専門家へ!試したい検査方法とは

6)病気の場合には・・行われる可能性のある治療方法

7)日常から生活改善!便秘症状への3つの予防習慣とは