お腹を押さえている女性

毎日の生活をする中で便意を催すことは毎日のことです。そんな便意があるのにもかかわらず、実際に便が出ない経験をしたことはありませんか。便意があるのに出ない、そんな症状について、またその原因と対処方法をご紹介します。






便意はあるのに出ない?3大原因と試したい対処方法とは


1)便意はあるのに出ない症状とはどういうこと?

便意があるということは自律神経が促されており、腸に便が溜まっている証拠となります。そんな便意でトイレに長時間座り、力んでも排便することができない症状となります。力みすぎることにより、痔などの直腸に傷が生じる場合もあります。

2)なぜ出ないの?便意はあるのに出ない症状の3大原因

(1)排便習慣

肛門近くに便がきているのにも関わらず、仕事やトイレが近くにないことが原因で排便を我慢する癖があり、1日に1回も排便をする習慣をつけないことで腸の動きが弱まり便が出なくなる場合があります。

(2)腸管運動の異常

腸に刺激の強い薬を飲み続けるまたは我慢する習慣を長期間つづけることで張管運動が弱くなります。便意の強さや頻度も少なくなり、便がお腹に溜まり、張ってしまっていても排便できなくなります。

(3)病気

大腸の中に大きいポリープ、癌、などにおける便通障害、または炎症などでおきる激しい腹痛などで便を出すことが難しくなる場合がります。排便ができないことで腸が圧迫され、炎症になったりと他の症状につながる場合もあります。

3)応急処置はあるの?試してみたい対処方法とは

(1)水を飲む

水分を多く摂取することで水分が少なく固い便を柔らく出来る場合があります。いつも飲んでいる量の2倍ほど飲むのが目安ですが冷たすぎると消化器官に刺激を与えてしまうため、常温または温かくして飲むようにしましょう。

(2)お腹下部のマッサージ

お腹の腸管運動を活発にするのに手の平でお腹をマッサージすることで腸の働きを改善できる場合があります。トイレに座ったときに手の平でお腹を時計回りに10回なでます。それを5セットほど繰り返します。トイレに座ることで効果が高くなるといわれています。

4)これは何かの病気の前兆?病気かどうかの判断基準とは

便意があるのに便が腹痛や熱、血便などの症状があれば病気を疑った方がよいでしょう。症状があればすぐに内科、消化器科にいき検査をしましょう。便がでたときは状態、色などを確認するようにしましょう。また、排便ができない状態が5日以上続く場合も病院で診察を受け、排便を促すような薬を出してもらうようにしましょう。

Women are receiving medical attention

5)症状が続く場合は要注意!考えられる3種類の病気とは

(1)腸閉塞

腸閉塞には2種類あり、単純性と複雑性のものがあります。単純性といわれるのは腹部または腸がお互いにくっついてしまい、腸がねじれてしまいます。それ以外にも腸の中にできた胆石、腫瘍などにより便が詰まってしまう場合もあります。複雑性にはヘルニアや腸重積により腸自体が締め付けられ、血行障害が発生したりします。どちらの場合も主にお腹の張り、嘔吐、腹痛などの症状があります。

(2)潰瘍性胃腸炎

大腸粘膜が炎症を起こすことでびらんや潰瘍ができてしまい、血便、下痢または腹痛が起きます。欧米で頻繁に起こっていた病気でしたが、最近では日本でも多くの人が発症しています。異常な抗体ができてしまうことで大腸の粘膜を攻撃してしまうことが原因といわれており、若年層から60代まで幅広い世代でも発症するとされてします。

(3)大腸癌

大腸に癌ができることで発症します。日本人の場合はS状結腸と直腸にできやすく、良性の場合はポリープと呼ばれている。主な症状として便をだしても便意が残る、お腹の張り、腹痛、体重減少、便が細いなどの症状があります。癌が原因で腸閉塞になることもあります。

6)気になる場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

(1)検査方法

‐内視鏡検査

内視鏡を腸の中に肛門から挿入することで腸内の炎症の有無、その度合いをしらべます。ポリープや癌なども調べることができ、検査前に腸内の便をきれいにする必要はありますが、検査自体は1時間程度で終わり、すぐに結果を調べることができます。費用は5000円以上一般的にかかります。

‐CT検査

レントゲン検査でお腹内部の画像を見ることで腸が詰まっているか、ねじれているかなどの問題を調べることができます。腸閉塞やヘルニアなどの場合はこの検査で一般的に調べることができます。

(2)治療方法

‐薬の服用

腸内に溜まったガスを失くすまたは炎症を抑える薬を服用します。炎症を引き起こしている原因がウィルスなどの場合はそのウィルスに応じた抗生物質を服用する場合もあります。医師に副作用、期間を事前に確認したうえで服用をするようにしましょう。

‐手術

腸がねじれている場合、または腫瘍を取り除く場合は手術を行います。症状によっては緊急手術になる場合もありますが、お腹を切るまたは穴をあける手術になることがほとんどなので医師に方法または手術後の症状を確認するようにしましょう。

7)生活習慣を整えよう!便意はあるのに出ない症状への予防習慣

(1)適度な運動

体全体の血行が悪くなることは消化器官の働きを悪くします。そのため、適度な運動を行うことで体を温め、体全体の血行をよくするとともに、排便する際に必要な力む筋肉を鍛えることになります。また、運動をする際は生活に取り込めるように軽めのジョギングやや散歩(30分ほど)を朝または夕方に行うなど継続することが必要となります。

(2)食物繊維の摂取

キャベツや海藻など食物繊維を多く含むものを意識して摂取するようにしましょう。一時的に摂取するのではなく、毎朝、朝食に取り入れるなど継続して摂取していくことが重要となります。ヨーグルトや納豆、キムチなど乳酸菌を多く含むものの摂取も効果があるといわれています。

(3)ストレスを溜めない

ストレスは体の自立神経に異常をきたし、腸管運動に障害をもたらします。日ごろの生活の中でストレスをため込まないように休みの日は趣味を楽しむ、好きな音楽を空いた時間の間に聞くようにしましょう。また、毎日の半身浴(35~38°ほどのお湯に20分つかる)で自律神経を整えることができます。






今回のまとめ

1)便意はあるのに出ない症状とはどういうこと?

2)なぜ出ないの?便意はあるのに出ない症状の3大原因

3)応急処置はあるの?試してみたい対処方法とは

4)これは何かの病気の前兆?病気かどうかの判断基準とは

5)症状が続く場合は要注意!考えられる3種類の病気とは

6)気になる場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

7)生活習慣を整えよう!便意はあるのに出ない症状への予防習慣